みなさんは、ご自身の服のサイズを知っていますか?

ご自身の正しいサイズを知っておくことは、服を着る上でも、服を買う上でも重要です。

適正でないサイズの服を着ていると、見た目がダボっと見えたり、逆に半端なイメージがついてしまいがち。

 

今回は、XS・S・M・L・XLのサイズ表を制作していきます。

身長やウェスト、チェスト、バストなどの観点から、適正なものを探してみましょう。

 

スポンサーリンク

XS・S・M・L・XLのサイズ表を確認しよう

 

では、さっそくサイズ表を確認していきます。

はじめに、前提となる知識についてお話ししていきます。

実は、XS・S・M・L・XLのようなサイズは、「ショップごとに違います」

 

どういうことか。

ショップAでは、Mサイズの身長を170cm前後としています。

しかし、ショップBでは、Mサイズの身長を165cmと定めていたりするのです。

 

このように、サイズ感に関しては、ショップごとに若干違っていたりしますので、購入前に試着、確認をするようにしましょう。

今回は、XS・S・M・L・XLのようなサイズに関して、平均的な身長やチェスト、パンツであればウェストなどの対応表を作っていきます。

【メンズ】XS・S・M・L・XLと身長・ウェストの対応表

まずは、メンズサイズの対応表を作っていきます。

XS・S・M・L・XLと身長、ウェストはどう対応するのでしょうか?

 

メンズのトップスサイズ表

身長 チェスト
XS 155-163 80-87
S 160-168 85-91
M 165-173 89-95
L 170-178 92-100
XL 175-185 97-105

様々なファッションサイトを参考にし、中央値を出してみました。

単体のサイトではなく、あくまでも平均値なので、若干幅が広くなっています。

 

身長だけでなく、チェストと連動してサイズは決まります。

チェストは胸囲のことで、セレクトショップなどで無料で測ってもらえますので、一度店舗に確認しにいってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

メンズボトムスのサイズ表

続いて、メンズボトムスにおける、XS・S・M・L・XLのサイズ感を見ていきます。

ウェスト(cm)
XS 64-72
S 68-77
M 72-80
L 76-83
XL 80-86

 

基本的に、サイズはウェストで測っている店舗が多いです。

パンツに関しては、ウェストの他にも、総丈、股下などが関わってきます。

ただ、S・M・Lの中では、細かく表示ができないということで、ウェストを基準にしているようですね。

 

パンツは必ず試着をしましょう。

ネットショッピングで購入する場合、サイズをすべて把握するようにしてください。

 

スポンサーリンク

【レディース】XS・S・M・L・XLと身長、ウェストの対応表

続いて、レディースの対応表を見ていきましょう。

レディースの場合、身長に加え、バストやヒップなどもサイズ感に関係してきますので、注意してみていきましょう。

 

レディーストップスのサイズ表

続いて、レディースのXS・S・M・L・XLのサイズ表を見ていきましょう。

身長 バスト
XS 147−153 65-73
S 150-158 72-80
M 157-163 79-87
L 162-168 86-94
XL 167-175 92-101

メンズと同じく、身長の幅があります。

これは、バストなどと連動して、サイズを決めていくということになっています。

 

例えば、身長が160cmの方は、MorLのどちらかを選択することになります。

どちらを選んでも良いのですが、服の性質、バスト、肩幅などから着やすい服を選ぶようにしましょう。

 

レディースボトムスのサイズ表

レディースのボトムスのXS・S・M・L・XLのサイズ表を確認していきます。

レディースのボトムス、スカートに関しては、ヒップ、ウェストで測っていきます。

ウェスト ヒップ
XS 52〜60 78-84
S 58〜66 82-88
M 62〜70 86-92
L 66〜76 90-96
XL 70〜80 94-100

こちらは、いろいろなファッション通販サイトのウェスト、ヒップなどの平均からサイズ表を作成しています。

基本的に、この中で推移していますが、ブランドによっては平均から外れる場合があるため、購入前に必ず確認してくださいね。

女性の方は、ウェストだけでなく、ヒップサイズなども参考にすると、ネットショッピングでは失敗しにくいでしょう。

 

靴のXS・S・M・L・XLのサイズ表

続いて、靴のXS・S・M・L・XLのサイズ表を見ていきます。

靴は、一般的には25.0cmや27.5cmといった「0.5cm」刻みでサイズが表示されます。

しかし、セレクトショップなどでは、靴のサイズに関しても、XS・S・M・L・XLで表示しているところがあるのです。

 

この場合、XS・S・M・L・XLのサイズは、靴の何cmに対応するのでしょうか?

メンズ レディース
XS 25.0-25.5 22.0-23.0
S 25.5-26.0 22.5−23.0
M 26.0-26.5 23.5-24.0
L 27.0-27.5 24.0-24.5
XL 27.5-28.0 25.0-25.5

靴に関しては、XSサイズがほとんど見つかりませんでした。

もし、XSサイズの靴を見つけたのであれば、Sサイズと同じか、それより小さめだと思ってください。

実店舗で購入する場合、必ず試着をしてから購入しましょう。

靴の場合、サイズ対応が非常に細かくなっています。

 

ただ、S・M・Lで表示するような靴は、様々な靴のサイズに対応できるようになっています。

例えば、サンダルなどが最たる例です。

普段、26.0cmの靴を履いていても、サンダルであればLサイズ(27.0cm)を履くことができたりします。

 

スニーカーなどに関しても、サイズがルーズに作られているものが多いため、実際にはいてみて、問題がないのであれば、購入しても損はないでしょう。

 

古着屋などでよく見かけるアメリカサイズとの比較

最後に、アメリカのブランドショップなどでよく見る「サイズ36」「サイズ38」などのサイズと、S・M・Lなどの国際表記を比較していきます。

特に、古着屋やアウトレットモールで見るサイズ表記です。

見つけた際は、参考にしていただければと思います。

サイズ表記
XS サイズ34
S サイズ36
M サイズ38
L サイズ40
XL サイズ42

基本的に、2つずつサイズが上がってきます。

アウトレットモールでは、店内にサイズの対応表があると思いますので、そちらも参考にしてくださいね。

まとめ

今回は、XS・S・M・L・XLに対応する身長やウェスト、チェスト、バストなどに加え、靴のサイズの対応表などをまとめていきました。

それぞれ、ブランドごとにサイズは違いますが、大体の身長やウェストを知っておくと、買い物で失敗しにくいでしょう。

サイズの対応表を見て、実際のサイズ感を想像していただければ幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事