オンラインで服が購入できるようになり、いろいろな人がネットで服を購入するようになりました。

店舗に行くのが面倒!という方も、安心の仕組みが出来上がっていますが、返品などができない点が欠点ですよね。

今回は、ネットショッピングで失敗しないための、サイズのお話をしていきます。

 

アディダスの服を購入するとき、「サイズO」という文字を見たことはありませんか?

このサイズとは、何を指しているのか。

また、XO、OTなどはどうなのか?

身長やウェストなどのサイズ表も紹介していきます。

 

スポンサーリンク

サイズO・XO・OTの大きさは?S・M・Lどれにあたるのか

まず、服のサイズについて、Oサイズ、XOサイズ、OTサイズはどれくらいの大きさなのか?について解説をしていきます。

小さい順からサイズを並べると...
S→M→L→O→XO

まず、Oサイズに関して。

 

Oサイズは、Lサイズの一つ上のサイズになります。

つまり、みなさんがよく見かけるXLサイズと同じ大きさですね。

Oサイズの身長は、メンズだと175cm〜185cmレディースだと160cm〜170cmの方が対象になりそうです。

 

では、XOサイズの大きさはどれくらいか。

XOの「X」の文字は、「特別サイズ」を示しています。

つまり、Oよりもワンサイズ大きめのサイズということですね。

身長だと、だいたい180cmー190cmの方が対象となっています。

 

では、OTサイズとは何か。

筆者も、調べるまでは見かけたことがありませんでしたが、主にアディダスなどのブランドで使用されていたサイズ表記のようですね。

OTサイズは、「レディース版のOサイズ」だと思ってください。

OTサイズは、レディース服におけるLサイズの一つ上の大きさを指します。

身長に換算すると、だいたい165cm〜173cmの方が対象になります。

見かける機会は少ないですが、もしOTの表記を見つけたのであれば、その服はレディースの服であり、Lサイズよりも少し大きめなのだと考えてください。

スポンサーリンク

Oサイズはどこからきたのか

一般的に、サイズ表記をするときは「S・M・L」という国際表記をします。

XLサイズをOサイズと表記するのは、非常に稀なのです。

 

では、この「Oサイズ」はいったいどこからきたのか?

これは、どこで生み出されたサイズ表記なのでしょうか。

 

実は、Oサイズは「日本」で生まれた表記方法になります。

日本のサイズ規格で有名な「JASPO規格」のものを採用しており、「Over Large」の頭文字である「O」がサイズ表記になったのです。

 

では、ふだんから使っているS・M・Lサイズなどは、どこから生まれたのか。

これは、国際表記として、現在最も使用されているサイズ表記で、ヨーロッパで生まれました。

Oサイズは、XLサイズと同じですが、このXLを採用しているのが国際表記です。

 

つまり、今現在、日本でも世界でも一般的に使用されているのは、XLサイズになっています。

Oサイズと表記しているのは、少数のブランドのみになりました。

 

この背景には、「グローバル化」があります。

もともと、Oサイズは日本でも有名でした。

しかし、日本にも多くの外国人観光客が訪れるようになり、Oサイズのような「わかりにくい表記」をやめるブランドが多くなったのです。

外国人がやってきて、日本独自のサイズ表記を見せられたら、「これは何サイズなのか」と迷ってしまいます。

 

また、グローバル化の影響で、日本のブランドも海外に展開していますから、世界基準を採用するのは当然のこと。

Oサイズは、日本独自の規格ではありますが、あまり使われていないのは、このような理由があるわけですね。

 

スポンサーリンク

O・XO・OTサイズの身長やウェストの一覧表

続いて、Oサイズの身長やウェストの一覧表を見ていきましょう。

それぞれ、S〜Oまでの身長、ウェストを紹介していきますので、参考にしていってください。

 

【メンズのS〜Oサイズの身長・ウェスト一覧表】

身長 ウェスト
S 160-168 68-77
M 165-173 72-80
L 170-178 76-83
O(XL) 175-185 80-86
0XO(3L) 180-190 84-89

※単位はcm

以上が、メンズサイズS〜Oまでの身長、ウェストの一覧表になります

今回は、身長やウェストのみを載せていきましたが、ブランドごとにサイズの決め方は違います。

 

また、身長の他にも、チェスト、肩幅などが関わってくるため、身長のみでサイズを判断することは難しいと言えるでしょう。

あくまでも参考程度に見ておいてくださいね。

 

レディースのS〜Oサイズの身長とウェスト一覧表

身長 ウェスト
S 150-158 58-66
M 157-163 62-70
L 162-168 66-76
O 167-175 70-80
XO 172-178 76-86

レディースのサイズ表は以上のようになっています。

上の数字は、様々なブランドの平均をとった数字です。

女性の方は身長に加え、バストによっても、服のサイズが変わってきます。

また、パンツやスカートに関しては、ウェストに加え、ヒップの大きさも重要になりそうです。

 

メンズ服と同じように、必ず試着をすること。

また、ネットで服を購入する場合、身長やバストサイズなどをきちんと調べることが重要です。

 

サイズがきちんと合っていれば、見た目もおしゃれに見えます。

ネットで購入する際などは、特に注意して購入するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、サイズO・XO・OTはどれくらいの大きさなのか?

S・M・Lなどの関連からまとめていきました。

また、身長やウェストなどの一覧表も紹介しました。

 

サイズOは、今はそこまで使われていない表記法ではありますが、ブランドによっては、サイズOで表記するところもあります。

わからなかったという方も、今後は一発でわかるようになったとおもいますので、お買い物がスムーズにできますね。

では、まとめです。

 

まとめ
・サイズOは、XLと同じ。
・S→M→L→O(XL)→XOの順にサイズは大きくなっていく
・サイズOは日本で生まれた
・今では一般的な表記方法ではない
・身長は、男性で170-180cm、女性は167-173cmが目安

 

スポンサーリンク
おすすめの記事