ネットショッピングで服を買おう!

そんな時、一番最初に考えることは、「サイズ感」ですよね。

国際的に決められているサイズ表記に、「Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」などがあります。

みなさんも、ある程度のサイズ感については、この表記をもとに購入しているでしょう。

 

ただ、各ネットショップごとに、サイズのばらつきがあることも、事実です。

そこで活用できるのが、「身丈」や「着丈」などの詳細なサイズ表記でしょう。

今回は、身丈や着丈ってよく見るけど、実際はどこの大きさを表しているの?という疑問に答えていきましょう。

スポンサーリンク

身丈や着丈ってどう違うの?簡単に解説

まずは、簡単に身丈や着丈の知識を簡単に解説していきます。

上の画像をご覧ください。

 

身丈は、正面から服を見て、正面の首リブ(肩付近)から裾までを指します。

着丈の場合は、後ろ側から服を見て、首リブ(背中側)から裾までの長さを指すのです。

 

首リブって何?という疑問が出てくると思います。

首リブとは、上画像のような部分を指します。

簡単に言えば、首もとの切り替え部分、襟の部分ですね。

この首リブ(襟)から裾の長さを、身丈や着丈で表現していきます。

 

着丈と身丈の大きさの差を計測するとは、基本的に2〜3cmとなっています。

ただ、服の形状によっては、着丈と身丈が大きく違うこともあるのです。

例えば、Tシャツなどは着丈と身丈に差は少ないものの、ワンピースやタンクトップなどでは、身丈と着丈の差が大きいものもあります。

これらは、服の種類などによっても、差が違ってきますので、ネットなどで購入する場合は、注意して選ぶようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

身丈と着丈で服ごとの違いを解説

では、服ごとに見ると、着丈や身丈はどうなるのか?について、見ていきましょう。

今回は、Tシャツ、シャツ(ブラウス)、スカート、ワンピース、着物を扱っていきます。

tシャツの場合

首リブ(襟の付け根)から裾の部分が着丈となります。

肩付近の首リブの切り替え部分から裾の長さが身丈になります。

 

シャツ・ブラウスの場合

肩付近の首リブから裾までの長さが身丈

襟の下部分から裾までの長さが着丈

 

シャツやブラウスの場合、襟の上から着丈を測るわけではない点に注意しておきましょう。

 

ワンピースの場合

肩紐の縫い目の部分から裾までの長さが身丈。

背中側の襟部分から裾までの長さが着丈。

 

服の形状によっても異なります。

例えば、肩紐が長いタイプのワンピースだと、身丈が長くなってきますので、ネットショップなどで購入するときは、事前に確認を取った方がよいでしょう。

 

 

スカートの場合

ウェストの一番上の部分から、裾の先までの長さを着丈、身丈、総丈と表現します。

ネットショップごとに表現は違いますが、長さは同じと考えて良いでしょう

 

着物の場合

着物では、「着丈」という表現よりも、「身丈」で表現します。

基本的に、身長さえわかれば、着物の身丈はわかります。

 

肩部分から裾までの長さも、身丈。

背中側の襟から裾までの長さも身丈と表現するので、注意しておきましょう。

 

以上が、服ごとの身丈と着丈、総丈の違いでした。

基本的に、肩部分から裾までが身丈。

背中の襟部分から、裾までが着丈となります。

例外的に、スカートは身丈も着丈も同じなので、ネットショップや店舗ごとに使い分けていると思われます。

 

スポンサーリンク

自分の着丈と身丈を知っておこう

ネットショッピングで服をよく購入する方は、自身の身丈や着丈などを知っておくと、とても楽になります。

着丈や身丈は、一人で測ることはできません

ご家族に測ってもらったり、アパレルショップの店舗で測ってもらいましょう。

測り方としては、頸椎(首の後ろ側にある、突起している部分)から裾部分までメジャーで測る

ようにしてください。

 

ネットショップで購入するときの注意点

ネットショップで服を購入するのであれば、表示してある表記が「身丈」なのか「着丈」なのか、それとも「総丈」なのかを確認しましょう。

なぜなら、ショップによって、身丈や着丈などで測り方が違っている可能性があるからです。

 

よくあるのが、身丈のことを着丈と表現するケースです。

Tシャツなどを想像すると、「そこまで変わらないのでは?」と思うかもしれません。

 

しかし、ワンピースやタンクトップなどではどうでしょうか。

肩紐までの全ての部分(身丈)を、着丈としているのか。

それとも、背中側の襟の部分を着丈としているのか。

身丈と着丈では、大きく意味が変わってきますよね。

 

最近は返品できる店舗も増えてきてはいますが、事前に着丈や身丈の意味合いを確認しておくことで、スムーズにネットショッピングができるようになりますよ。

Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの身丈や着丈の目安とは

続いて、それぞれのサイズごとに、身丈や着丈の目安サイズを確認していきます。

これはあくまでも目安になります。

ネットショップや店舗ごとに、サイズの目安は変わってくるので、購入の際は必ず確認するようにしてください。

 

【レディースサイズ】

身丈 着丈
Sサイズ 55cm 53cm
Mサイズ 57cm 55cm
Lサイズ 59cm 57cm

 

【メンズサイズ】

身丈 着丈
Sサイズ 66cm 63cm
Mサイズ 68cm 65cm
Lサイズ 70cm 67cm

レディースサイズとメンズサイズで平均10cm程度、違いがありました。

これはあくまでも平均的な身丈、着丈のサイズになります。

ショップごと、そして服のタイプごとにも着丈や身丈は変わってきます。

 

例えば、いつもはMサイズの服を着ているAさんがいるとします。

Aさんが訪れたネットショップBでは、Mサイズの着丈が70cmになっていました

普通なら、Lサイズ相当のサイズ感ですよね。

 

この場合、ショップAは一般的なサイズよりも大きめの服を作っていると判断して、一回り下のSサイズを検討してみましょう。

ご自身の着丈をきちんと確認し、店舗などで着丈を確認すれば、間違いなく商品を購入することができますね。

 

購入した服の着丈や身丈が想像とは違った!というときの対処法

購入した服の着丈や身丈が想像とは違った場合、どのような対処法があるでしょうか。

店舗で購入した場合、高い確率で店舗で着丈や身丈の調節をしてくれます。

ジーンズの裾直し同様、無料でやってくれるところが多いので、頼んでみると良いでしょう。

 

問題なのは、ネットショッピングの方です。

ネットショッピングでは、届いた時点で身丈や着丈の変更はできません。

最近は、クリーニング店などで、着丈の調節などをしてくれるところがありますので、そういったサービスを利用すると良いですね。

 

そのほか、ネットで着丈の調節などをしてくれるところもありますので、そういったサービスを利用してみましょう。

 

着丈と身丈の違いまとめ

今回は着丈と身丈の違いや、大きさの差などをまとめていきました。

ネットショッピングをするとき、サイズだけでなく、着丈や身丈まで確認すると、失敗なく購入することができるでしょう。

 

ショップによっても、表記が違っていたりするので、しっかりと確認しておきたいですね。

では、まとめをしていきます。

 

着丈・身丈の知識まとめ
・身丈は正面から見て、肩付近の首リブから裾までを指す
・着丈は背中側の襟から裾までを指す
・身丈と着丈の差は、だいたい2cm〜3cmとされている
・Tシャツなどでは、身丈と着丈の違いは小さい
・ワンピースなどの形状の服だと、身丈と着丈の違いが大きくなる可能性がある
・ネットショップごとに着丈や身丈の概念がずれているので、よく確認する
スポンサーリンク
おすすめの記事