アニメ公開と同時に、「社会現象」を巻き起こしたアニメ。

突然ですが、2018年に放送された「ゆるキャン△」というアニメをおぼえていますか?

このアニメは、いわゆる社会現象を巻き起こしました。

「ゆるキャン△」を見たオタク達が寒空の下、キャンプに向かうという現象が各地で起こったのです。

 

そして、2019年。

オタク達は「ジム」へと向かっています。

その現象を引き起こしたアニメこそ、「ダンベル何キロ持てる?」というアニメなのです。

 

放送当時から一気に話題になり、それに付随して、ジムの入会者が増えていたというから面白い。

アニメが実社会に影響をもたらす。

これこそ「社会現象」ですよね。

 

さて、今回は、ダンベル何キロもてる?の2期制作情報を紹介。

可能性はどれくらいあるのか?について解説をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

ダンベル何キロ持てる?の2期制作の可能性を検証

ダンベル何キロ持てる?の2期制作に関して、どのような要素が重要になってくるでしょうか?

アニメの2期制作は、いくつかの要素を満たしている必要があります。

その要素は、以下の通りです。

ダンベル何キロ持てる?の2期制作の可能性
・売り上げ
・原作のストック
・アニメ人気、知名度
・ほかの作品との兼ね合い

この要素の中で、一番重要なのは「売り上げ」ですね。

何よりも、お金が必要になります。

 

アニメはテレビで放送されていますが、基本的に無料で見ることができますよね。

ただ、当然、アニメには制作費がかかっているもの。

その制作費を回収し、収益をあげてから2期の話が持ち上がります。

 

では、ダンベル何キロ持てる?の円盤などの売り上げはどうだったのでしょうか?

確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ダンベル何キロ持てる?の売り上げから2期を見る

アニメの売り上げは主に、円盤の収益、原作の売り上げ、動画配信サービスのマージン、イベント収入、グッズ収入などに分けられます。

その中で、明確に数字が出やすいのは、円盤売り上げです。

 

どんなにアニメの内容がよくとも、円盤の売り上げで作品の良し悪しが決まってしまう。

この流れも変化しつつありますが、現状でも最も重要な指標になっています。

最近は、円盤の売り上げがかなり減少していることもあって、平均5000枚の売り上げレベルで、「大成功」の扱いとなっています。

 

では、ダンベル何キロ持てる?の円盤売り上げは、どれくらいだったのでしょうか。

結果を見ていきましょう。

 

1巻:3465枚
2巻:2019年10月25日
3巻:2019年11月27日
4巻:2019年12月25日

まだすべての売り上げが出たわけではありませんが、1巻の数字で大体の数字がわかります。

(1巻より2巻の数字が増える可能性は大変低いため)

 

円盤の売り上げは、3465枚。

かなり微妙な数字です。

2〜3年前だと、2期の可「裏サンデー」で連載されています。

サンデー系列は、円盤売り上げよりも「原作の売り上げ」の方が重要です。

宣伝効果は十分だったと思うので、プラス要素ではあります。

 

円盤の売り上げに関しては、2期の制作ラインには達していませんが、ほかの要素次第では、2期の可能性は残されていると言えるでしょう。

 

 

ダンベル何キロ持てる?の原作ストックはあるのか

続いて、原作のストックについて確認していきましょう。

円盤については、2期の可能性を残している結果になりました。

ただ、原作のストックがなければ、2期も当然放送できません。

 

1期から2期までの間が開いてしまうと、その分2期の可能性も減少してしまいます。

では、ダンベルの原作ストックは残されているのか?

 

ダンベル何キロ持てる?の原作は、現在8巻まで発売されています。

最新の話数では、84話まで描かれている状態です。

 

アニメで制作されたのは、主に1巻〜4巻までの内容。

ただ、アニメの中に出てきた「遭難」のストーリーなどは、原作6巻の内容をもとに制作しています。

ただ、原作コミックスの5巻〜8巻は、ほぼ残されている状態のため、原作のストックはあると言えるでしょう。

 

2期制作までの間に、新しい話もストックされていきますので、今後の制作に支障はないと思われます。

 

ダンベル何キロ持てる?の話題性から2期を見る

続いて、話題性や人気について見ていきます。

ダンベルの強さは、ここにあります。

 

放送開始当時、「今季はこれしか見るものがない」と言われていたほど、ヒットを記録しました。

ネットニュースでも数多くとりあげられ、内容も珍しかっただけに、話題は大きかったですね。

 

こういった話題性は、多くの収益につながります。

どんな収益か?と言いますと、「コラボ依頼」になるのです。

ダンベルの場合、将来的に大手ジムとのコラボの可能性もあります。

 

そのほか、知名度が高いことから、スマホゲームなどとのコラボの可能性も出てくるのです。

「一度ブレイクした芸人は営業で一生稼げる」と言われますが、アニメでも同じことが言えます。

コラボ依頼や、原作の継続的な売り上げなど、話題性や人気はそれだけで力になるのです。

 

他作品との兼ね合いと放送時期

最後に、他作品との兼ね合いと放送時期について、紹介をしていきます。

裏サンデーは、かなり多数の作品を抱えています。

ネット連載なので、多数の連載を持てるわけですが、一クールに2つ以上にアニメ化されるということは、なかなかありません。

2020年度は、「ケンガンアシュラ」なども制作が決まっている状態です。

 

また、制作元の「動画工房」にもライバルはいます。

2019年冬クールで、大人気となった「私に天使が舞い降りた!」の制作元が、動画工房なのです。

おそらく、流れ的には「わたてん」→「ダンベル」という流れになると思われます。

そうなると、ダンベル何キロ持てる?の2期製作は、2021年以降になる可能性が高いですね。

 

まとめと可能性の結果

ここまで、話題になったアニメ「ダンベル何キロ持てる?」の2期制作の可能性を検証していきました。

検証結果をまとめると、以下の通りになります。

結果
売り上げ
原作ストック
話題性

売り上げ面では、円盤の売り上げが可もなく不可もなくといった印象。

原作は売れていたとは思いますが、圧倒的というわけではありません。

 

ただ、話題性の面が非情に大きく、今後もコラボなどで「忘れられない作品」になるならば、2期の可能性は十分にあるでしょう。

これらを踏まえて、結果を出すと、ダンベル何キロ持てる?の2期制作の可能性は、60%程度となります。

 

サンデー系列のアニメなので、コミックスを購入することも、2期の応援につながります。

円盤は高くて手が出ない!という方は、原作を購入するなどして、応援していきましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事