もうすぐバレンタイン!

片思いでも、両思いでも「本命チョコ」を渡すときは緊張するものですよね。

ただ、あるシチュエーションによっては、「渡しても大丈夫かな」「迷惑にならないかな」と思う場面があります。

 

例えば、今回紹介していく「受験生」へのバレンタインは、非常に微妙なラインでしょう。

2月といえば、センター試験が終わり、ちょうど2次試験に向けた勉強に取り組んでいるシーズンです。

 

勉強をがんばっている中、バレンタインのチョコレートを渡しても良いものか?悩みますよね。

今回は、受験生へバレンタインを渡したい!という場合の、ルールやおすすめの贈り物を紹介。

 

告白はあり?

メッセージはどんな風に書けば良い?

 

こんな疑問についても解説を加えていきます。

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

受験生へバレンタインを渡すのは、根本的にありなの?

まずは、根本的なお話から。

受験生へバレンタインを贈るのは、アリなのでしょうか?

 

これは、筆者の見解でもありますが、相手に時間を取らせなければ「アリ」だと思います。

例えば、本命チョコを渡すために、わざわざ勉強を中断させて渡すのはNGです。

 

しかし、機を見計らって、バレンタインのチョコレートを渡しにいく程度であれば、全く問題ないと思います。

むしろ、適度な息抜きにもなりますし、勉強の休み時間などであれば喜ばれるものでしょう。

 

受験だからバレンタインなんて気にしない!と言っていても、男性は気にしています。

勉強の邪魔にならなければ、受験生へのバレンタインを贈るのはOKだという方がほとんどですね。

 

受験生へのバレンタインで、告白はあり?

受験生へのバレンタインはOK!とお話していきましたが、本命チョコを渡して告白するのは、絶対にNGです。

 

まず、本命チョコもNGに近いものがあります。

バレンタインのチョコレートの中に、「本命です」なんてメッセージがあったら、それだけで勉強に集中できなくなるでしょう。

2月14日は、2次試験の本当に直前となる時期です。

 

なるべく、本命チョコとして渡すのは、良いことだとは思えません。

(既に付き合っているのなら、もちろん別ですよ)

 

そして、一番やってはいけないのが、受験生への告白。まず、告白は時間を取りますし、当然相手も返事を考えなければなりません。

どう考えても、相手にとっては迷惑ですね。

 

告白などは、受験が終わってからが一番。

バレンタインの時期に告白をするのは、絶対に避けましょう。

 

受験期である、バレンタインの告白は「する側」も「される側」も、不幸になるケースがあります。

バレンタインは、確かに告白のチャンスです。

 

ただ、相手によく考えてもらいたい、受験を言い訳にしてもらいたくないならば、バレンタインで受験生相手に告白をするのは、やはりおすすめできないでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

受験生へのバレンタインの贈り物は「ある物」を贈ると効果あり?

最初に言っておくと、受験生へのバレンタインの贈り物で「チョコレート」は、かなり良いと思います。

勉強をしていると甘いものも必要になってきますので、バレンタインのチョコレートはなかなか嬉しいものですね。

 

ただ、本命チョコになってしまうと、「本命感」がすごすぎて、相手も「これ本命なのかな?」なんて悩んでしまうことも。

 

こういった本命感を出さず、なおかつ相手に「いい子だな」と思わせる贈り物はないものか?

実を言うと、あります。

 

受験生へのバレンタインは「お守り」を贈るべし

バレンタインのチョコは、なるべく軽いものを作ります。

そこに、「お守り」をあわせていきましょう。

 

これは「Just Because」というアニメを参考にしています。

このアニメの中で、片思いの女の子がチョコレートを渡さない、という場面があります。

チョコではなく、街中の神社で買ってきたお守りを主人公に渡すシーンがあるのです。

 

これ、受験生からすれば、相当嬉しいプレゼントですよ。

本命チョコだと、受験前に「ちょっと重いな」なんて考えられてしまう可能性もあります。

 

しかし、お守りがメインであれば「受験のことをしっかりと考えてくれる」、と周りが見える女性せえも演出できます。

お守りは何個あっても困らないもの。

 

街中の神社からお守りを集めるのは、少々やり過ぎではあります。

ただ、2、3個お守りを持っていけば、努力の部分は確実に伝わるでしょう。

 

「自分のために、神社を回ってくれたのか」

単純に「いい子」だと思いますし、グッと来るものがありますね。

 

受験生へのバレンタインは、メインではなく「通過点」にするべきものだと思います。

受験が終わった後、告白をしたほうが、成功率も高いでしょう。

 

その告白までに、相手からの印象を良くする方法が、「お守り作戦」になります。

 

受験生へのバレンタイン、メッセージはどうする?

受験生へのバレンタインにおいて、メッセージを添える場合はどのような文章にするべきでしょうか?

 

これも、受験をメインに考えていきましょう。

間違っても、「好きです」なんて書いてはダメですよ。

 

文面のお手本はこんな感じです。

 

受験生へのバレンタイン-メッセージ-
毎日勉強お疲れ様!
チョコは勉強の合間に食べてください。
受験頑張ってね!
バレンタインのメッセージは、なるべく短くしましょう。
長文の手紙などは、受験生というシチュエーションが無くともNG。
端的に、伝わりやすい言葉でメッセージを作成してみてください。
また、絵文字や顔文字で、可愛く装飾できると良いですね。

まとめ

受験生へのバレンタインならば、特に相手の状況を重視するようにしてください。

相手の迷惑にならないこと、受験の迷惑にならないこと。

 

受験が失敗したら、浪人して、辛い1年を過ごすことになります。

そのため、極力相手の邪魔にならないことを、メインに考えていきたいですね。

 

勝負は受験後だと思って、バレンタインは通過点というイメージを持ちましょう。

では、まとめです。

 

受験生へのバレンタインはあり?なし?
・バレンタインを渡すのは全然OK
・告白は絶対にNG
・「チョコ+お守り」がおすすめ
・メッセージは、受験の頑張りを考えた内容に!
スポンサーリンク
コメントを残す

バレンタインの関連記事
  • 【義理チョコ】こんなのアリ?ウケ狙いできるおもしろチョコ10選
  • 受験生へのバレンタインは「ある物」を贈れ!告白やメッセージは迷惑?
おすすめの記事