1454904052-untitled-25

2016年秋スタートの新ドラマ!

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」

 

最近予告CMをよく見かけますね!

主演は石原さとみさんということで、注目されている方も多いかと思います。

出版社のお話ということですが、最近は出版関係のドラマが結構増えている気がしますで。

今年は重版出来など編集者の裏側的な部分のドラマも放送していました。

 

今回は2016年秋スタートの新ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」に関して、原作の情報やあらすじ、キャストや出演者についての紹介をしていこうと思います。

 

では、はじめていきましょう!

※今後は「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」→「地味にスゴイ!校閲ガール」の表記とさせていただきます。ご了承ください

 

スポンサードリンク

地味にスゴイ!校閲ガールの放送日など基本情報まとめ

20160923162342

まずは、地味にスゴイ!校閲ガールの放送日や脚本などの基本情報をまとめていきましょう!

 

◯地味にスゴイ!校閲ガールの基本情報

放送日:2016年10月5日(水)22時〜

放送局:日本テレビ

監督:佐藤東弥

脚本:中谷まゆみ

 

日本テレビ系列で10月5日水曜日の夜10時からスタート(初回10分拡大)。

 

脚本は「ラスト・シンデレラ」や「ディア・シスター」を手掛けた中谷まゆみさん。

後味がさわやかな脚本家として好評価を得ているようです。

 

演出・監督は「ごくせん」や「ハケンの品格」「家政婦のミタ」など数々の作品を代表作にもつ日本テレビの敏腕ディレクター、佐藤東弥さん。

 

内容的には、明るめなストーリー構成となりそうなので、イメージはどちらかというとごくせんに近いような雰囲気で押し出してくるのではないでしょうか?

また、脚本の中谷まゆみさんは、「ディアシスター」で石原さとみさんと共演していることから、才能を生かした脚本に仕上がっている可能性が高いですね!

 

 

監督の佐藤東弥さんは、twitterの方でも「#地味スゴ」のハッシュタグ付きでマメに撮影状況などアップされているようです。

個人的には「地味スゴ」と訳すのはどうかと思いますね(笑)

校閲ガールの方が主流なのでは?と感じます。

 

地味にスゴイ!校閲ガールに原作はあるのか

new_940x1330_mini

こちらのドラマの原作となった小説は作家・宮木あや子さんによる「校閲ガール」という作品。

宮木あやこさんといえば、「女性」を描くのが非常に上手いと評判。

これまで、数々の小説を出していますが、どれも繊細に、そして強い女性が描かれていると話題になっています。

 

メディア化作品はあまりありませんでしたが、今回の「校閲ガール」がメディア化にフィットしたという形になっています。

今回のドラマ「地味にスゴイぞ!校閲ガール」でも、強く、そして繊細な女性が描かれていきそうです。

 

小説「校閲ガール」に関しては、続編も。

続編として「校閲ガール ア・ラ・モード」、「校閲ガール トルネード(2016年10月発売)」と二作の続編が出ていますね。

ファンも多い人気作品となっているようです。

 

先程からお話していますが、原作には「地味にスゴイ!」とはついていないのです。

公式HPを見ると「地味にスゴイ!」の文字がばーんと強調された感じになっています。

 

ドラマ自体も略して「地味スゴ」と呼ぶことが主流になっているようですが、これは何を狙っているのでしょうか・・?

原作を読んだ方からは「面白かった」と人気のようですので、合わせて読んでみるのも楽しそうですね。

 

スポンサードリンク

地味にスゴイ!校閲ガールのキャスト情報

続いて、地味にスゴイ!校閲ガールのキャスト・出演者について紹介していきます。

 

先程からお話しているとおり、主人公は石原さとみさん!

2048x1536xa09048df6d61b4f2107274

石原さとみさんは、みなさん知っての通り、5年ほど前から好調を維持し続けている女優さん。

テレビで見ない日は無いくらいの人気ですよね。

月9出演だったり、CMで毎日見ていることもあって、テレビにはかなりの本数出ているという印象があります。

 

石原さとみさんについては、初めてテレビで見かけた時の印象は「イモっぽくてかわいい!」でした。

 

昔は、眉毛も整っていない初々しい雰囲気でしたよね。

最近は、洗練された女優さんへと変身していっています。

 

 

最近のドラマでは、不器用でなにもかも思い通りにならない可愛い女の子が、それでも逆境に向かって頑張る!みたいな役が多いように思います。

そのあたりが男女どちらからも好感度が高い要素のひとつかもしれないですね。

今回もまさにそんな感じの役どころなのではないかと思っています。

 

また、石原さとみさんが演じる、河野悦子が一目惚れしてしまう折原幸人役を菅田将暉さんが演じます。

w250_c97ec977c17f8c8bc6425a04b1bdeb0c52c9d71e377b7d79

菅田将暉さんに関しても、テレビで見ない日はないレベルですよね。

auの三太郎CMでは。「鬼ちゃん」としてかなり多くのファンが付いた模様。

 

ドラマに映画に今ブレイクしている俳優さん。

 

他にも、可愛いとファンが多い本田翼さんも出演!

かなり期待が持てるキャスティングとなっています。

 

◯出演者一覧

河野悦子:石原さとみ

折原幸人:菅田将暉

森尾登代子:本田翼

米岡光男:和田正人

藤岩りおん:江口のりこ

尾田大将:田口浩正

今井セシル:足立梨花

波多野 望:伊勢佳世

佐藤百合:曽田茉莉江

青木祥平:松川尚瑠輝

正宗信喜:杉野遥亮

 

 

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール」のあらすじ

続いて、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール」のあらすじを紹介していこうと思います。

 

◯地味にスゴイ!校閲ガールのあらすじ・ストーリー

『オシャレ大好き河野悦子(石原さとみ)はファッション誌の編集者を夢見て、今年も出版社・景凡社の中途採用試験の面接に臨み、ファッション誌の魅力と編集部で働く熱意を訴えた。

その夜、景凡社の人事担当から採用の連絡が来て、悦子は大喜び。

しかし、悦子が配属されたのは念願のファッション編集部ではなく、原稿の誤字脱字や内容の間違い、矛盾がないかを確認する超地味な「校閲部」だった。

 

しかも憧れのファッション編集部には高校時代の後輩・森尾(本田翼)の姿が。

入社早々、悦子は校閲部長の茸原(岸谷五朗)に猛抗議。

そんな悦子に茸原は「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」と言う

その気になった悦子はファッション編集部への異動を目標に、校閲の仕事を頑張ろうと決意。さっそく、ミステリー小説の校閲を任される。

 

しかし、悦子の破天荒な校閲方法に担当編集者・貝塚(青木崇高)は大激怒。大御所作家の本郷大作(鹿賀丈史)から「この校閲をしたものを連れて来い」と呼び出しがかかっていると言う。悦子の初仕事一体どうなる?

一方、森尾は上司から命じられたイケメンモデル探しをする中で、ちょっと変わった大学生・折原幸人(菅田将暉)を発掘。

同じ頃、悦子もまた、偶然出会った幸人に一目惚れ!ド派手なファッションの校閲ガール・河野悦子が仕事に恋に大暴れする!?』

公式サイトより

 

お洒落が大好きな主人公がファッション誌の編集部に憧れて、雑誌社に入社を果たすも配属されたところは全く期待はずれの校閲部。

そこに憧れのファッション編集部には高校時代の後輩が…となると俄然観ている方からすると主人公を応援したくなりますよね。

 

そして、全く希望とは別のジャンルの、しかも何の知識もない「校閲」という仕事を、最終目標であるファッション編集部への異動の為に頑張ろうと決心する主人公。

「超地味な」とここにもありますが、この「地味」アピールは一体なんなのでしょうね(笑)

 

確かに「校閲」という仕事は誰がどういう内容の仕事をしたかなどという記録なども残らないでしょう。

また、脚光など浴びることもない。

いわば作家という主役を完成させるために力を貸す黒子役みたいなものです。

 

ですが、何気なく読んでいる小説や雑誌などにはすべて校閲が入り、正しい日本語が使われた文章をわたしたちも読むことができるのです。

 

実はテレビで予告CMを見て抱いた第一印象は、「うーん。おもしろくなさそう。」
なのでした。

なぜかというと、なんとなくストーリーと展開が読めてしまいそう。

また、軽い恋愛絡みのお仕事頑張る系女子ドラマ?って思ってしまったからです。

 

予想通り、夢に向かって突き進み、でもなかなか思い通りにはならない主人公がいて、それでもポジティブに目の前に与えられたことに体当たりしていく。

そういった、セオリー通りのパターンなのかなと感じましたが….

 

調べていくうちに「超地味な」校閲という仕事にスポットライトをあててみるといった視点は面白いかも!と思い始めました。

ストーリーの展開等によっては、かなり視聴率をとれるのではないでしょうか?

 

まとめ

今回は地味にドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール」の原作やキャスト、あらすじなどについての情報をまとめていきました!

 

その業界それぞれに常識的な型ってあると思いますが、その型を破って自己流の進んでいく破天荒な主人公の姿が目に浮かぶようです。

また、この「超地味な」校閲部の面々と、オシャレ大好きな主人公との絡みも見どころでしょう。

おそらく、まるで生きてきた世界が違う者同士がいきなり一緒に仕事をすることになるはず。

 

 

男女問わず人気の石原さとみさん、さらにauのCMで人気の鬼ちゃんこと菅田将暉さんを筆頭に、注目を集めるキャスティングが組まれていることから、見る人は多いのではないでしょうか?

 

この秋、気になるドラマのひとつとしてどのようなスタートが切られるのか?初回放送が楽しみですね!

 

期待したいと思います!