aLceZ3dF

日本では、近年景気が非常に変動しています。

また、日々新たな市場も生まれ、経済の移り変わりは非常に激しいものとなっています。

 

さて、そんな今の日本では、一つの言葉が顔を見せ始めています。

その言葉が「嫁ブロック」

全く言葉を知らない人は、

「妻が何かを遮断するの?」

「離婚問題かなんか?」と言った声も聞こえてきそうです。

 

 

この「嫁ブロック」とは一体どんな意味があるのか?

また、その言葉が出てきた理由などについても触れていこうと思います!

 

スポンサードリンク

嫁ブロックとは?どんな意味なのか!

さて、ここからは嫁ブロックの意味について紹介していこうと思います!

 

嫁ブロックの意味とは

xTgoq4Lqc

さて、嫁ブロックの意味について紹介していきましょう!

 

嫁ブロックとは、夫の転職・起業が妻の反対でご破産になることを意味します!

もともと、企業の採用担当者が使っていた専門用語です。

 

最近、この言葉が多くつ使われるのがIT業界。

IT業界は日々進化し、新たな市場が生み出されます。

 

そのため、IT業界では、技術者が自分の技術に相応の報酬・役職を得るため、転職や起業を希望し、就職活動を行うのです。

そして、やっと内定!と思った矢先、妻からこんな言葉をかけられます。

それは「これから再スタートだね!頑張って!」ではなく…..

 

「転職しないで」

「起業?やめてよ」

「地方の企業に務める?単身赴任ね」

 

その妻の一声が、夫の転職をくじくのです。

 

夫にしたら何様だ!と思うかもしれません。

 

しかし、妻がそのように発言するのは、様々な理由があるのです。

その理由こそ、嫁ブロックという言葉を生んだ要因となります。

 

嫁ブロックの理由は妻たちの体裁にある!?

スポンサードリンク

さて、嫁ブロックが生まれた理由についてまとめていきましょう。

 

世の妻たちは、なぜ夫の転職に反対するのでしょうか?

 

まずは嫁ブロックの理由を5位まで挙げていきましょう。

 

◯妻が夫の転職を反対する理由BEST5

1位→「年収が下がる」(37%)
2位→「勤務地が自宅から遠い」(28%)
3位→「現職の福利厚生が充実している」(21%)
4位→「転職先の企業が激務」(18%)
5位→「やりがいがなさそう」(13%)
5位→「ベンチャーだから」(13%)

やはり、一番上に来たのが、お金の問題ですね!

年収が下がることを気にする妻は多いようです。

 

一流商社からの転職の際、もめるケースが多い様子。

 

妻には、夫と違う世界の「付き合い」があるんです。

その代表例が「ママ友付き合い」です。

 

やはり、夫の職種という肩書きは非常に重要なようです。

ママ友付き合いは、ドロドロとしたものも多いようで、人によってランチの値段を変えたり、付き合いを減らすなどということもある様子。

 

ドラマなどでやっているママ友付き合いは、いつもドロドロにかかれています。

あそこまでではないものの、やはり「体裁」という面は非常に大きいようです。

 

しかし、体裁だけが理由ではありません。

この嫁ブロックは日本の働き方を色濃く反映したものになっているという見方もあります。

次はその話題です。

 

もう一つの理由は夫の収入に依存!?

最近、安倍総理は「女性が働きやすい環境づくり」を進めています。

 

しかし、嫁ブロックと言う言葉の裏側には、女性が働く環境が整っていない、という背景も。

 

「年収が少ない」ことで、嫁ブロックが発生するのは、夫の収入が0になったら生活ができなくなってしまう事を意味するのです。

 

つまり、それだけ女性の就労支援の制度が整っていないという背景があるのですね!

 

嫁ブロックと言う言葉は、今後徐々に浸透していくと思います!

 

やはり、国民が働く環境が整えば、その分だけ転職もしやすくなりますし、女性の就労支援の制度が整えば、嫁ブロックという問題もなくなるのではないでしょうか?

 

まとめ

今回は嫁ブロックの意味や反対する理由・背景についてまとめていきました。

重要だったことは

嫁ブロック→妻が夫の転職・起業を阻止!

嫁ブロックの理由NO.1はお金の問題!

嫁ブロックは、社会の問題の縮図を表している!

→女性の就労支援・働きやすい環境が必要!

この辺りでしょうか?

 

今後、嫁ブロックという言葉が浸透すれば、社会のあり方を問いなおす人も多くなると思いますよ!

 

何か質問や意見等あれば、コメント欄からお寄せください!