バレンタインに義理チョコを貰った!

どんなチョコレートを返せばいいのかな?と考えた時に、みなさんはどんなチョコレートを考えますか?

色々とお返しの仕方はあると思うのですが、今回は「ウケ狙い」のチョコレートについてまとめます。

 

本命チョコであれば、ウケ狙いの要素などは逆効果ではありますが、義理チョコのお返しであれば、笑える要素があっても良いでしょう。

クラスでの話題性も欠かさない、ウケ狙いチョコレートをいくつか紹介していきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しにウケ狙いのチョコはアリ?

まず、バレンタインデーのお返しにウケ狙いのチョコレートを送っても良いのか?について。

これは、貰ったチョコの性質によってもかわってくるでしょう。

 

  • 本命チョコ→やめたほうがいい
  • 義理チョコ→OK
  • 気になる子→やめたほうがいい

 

本命チョコを貰っている場合は、ウケ狙いのチョコレートとは別のものを用意しましょう。

この部分は大体の人がわかると思いますが、本命チョコや気になる子へのお返しに関しては、周りと同じものではダメですよね。

 

義理チョコで、クラスにばらまくようなチョコレートで、少し工夫を加えて、ウケ狙いで笑えるチョコレートを用意する。

女の子は他にもたくさん義理チョコや友チョコといったものを渡しています。

つまり、お返しもたくさんもらうのです。

 

そのお返しは、周りのものと埋もれてしまいがち。

しかし、ウケ狙いのチョコレートであれば「インパクト」を与えることができるため、差別化を図ることができるのです。

このような「思い出してくれる要素」を作るために、ウケ狙いのチョコレートがあるわけですね。

 

スポンサードリンク

 

ホワイトデーのお返しに!笑えるウケ狙いチョコ5選

では、ホワイトデーのお返しに使える、ウケ狙いのチョコを7つまとめていきましょう。

価格帯の高いものもありますが、財布と相談して選んでみてくださいね!

 

おみくじチョコ

 

バレンタインでも使用できた「おみくじチョコ」。

この発想が凄まじく「義理チョコ」向きなんです。

ホワイトデーでも、ウケ狙いには十分な内容になっていますね。

 

チョコレート一つ一つに、おみくじが書かれています。

小吉、中吉、大吉... と言った感じで、色々なおみくじが書かれているため、それだけでも話題になるでしょう。

普通に渡すのであれば、小さなチョコです。

ただ、おみくじチョコは義理チョコのお返しに高いパフォーマンスを発揮します。

 

  • ジャンボタイプは42粒入り
  • おみくじのチョコなので、気軽に渡しやすい
  • クラス内などで話題になりやすい

 

42粒入りですが、値段は1010円程度。

ホワイトデーの義理チョコに対して、それぞれに送ろうとすると簡単にこの値段は越えますよね。

 

先程もお話したとおり、女の子はたくさんお返しをもらいます。

重要なのは、中身ではなく工夫になってくるでしょう。

女の子は占いが大好きなので、こういった要素は面白いですよね。

 

焼きサンマチョコ

 

謎のチョコレートである、焼きサンマチョコ。

急にサンマを渡しても、え?何?と思われてしまうでしょう。

 

しかし、サンマの中身を開けると...

なんと、サンマの中からチョコレートが!

これも発送が面白く、素直に笑えるチョコレートですよね!

ウケ狙いだとわかりやすく、反応を取りやすいのが良いところ。

 

こんなチョコレートがあるんだ!という驚きもあるため、ウケ狙い要素もびっくり要素も付け足せますよ!

 

しょう油びんチョコ

本物の醤油瓶に入っているため、「本格的」な要素も持ち合わせているしょう油チョコ。

何よりも、スタッフさんのオヤジギャグが好印象でしたね(笑)

 

なかなかこれを乗せるのには度胸がいると思いますが、ウケ狙いのチョコとしてはバッチリ。

その側のしょう油瓶に関しては、普通に醤油差しとして使用可能ということなので、アイデアもなかなか秀逸ですね!

 

 

義理芋

ウケ狙いの要素もありますが、普通に美味しいと評判の「義理芋」

上の画像のようなおしゃれな袋に入っているのは、なんとお芋!?

まさに義理チョコの概念を覆すようなお菓子で、開けてみたらびっくり!?パターンのホワイトデーになりそう。

 

準お笑いキャラ的な立ち位置の方におすすめで、ウケ狙いなのか?本気なのか?微妙なところを突いていくことができますね。

ただ、もらって普通に嬉しい点が、滑りにくいポイント。

中身もしっかりとしていて、包装に関してもおしゃれなので、ウケ狙いと大々的には気づかれにくいものになっています。

 

次の日、「あれ、中身芋だったのね!」という形で、次第に話題になるタイプのウケ狙いチョコ(?)でしょう。

 

 

モアイチョコ

最後に、ホワイトデーのお返しにしては「高額」なウケ狙いチョコを紹介します。

それが「金と銀のモアイチョコ」です。

なんとも表情が愛らしいチョコなのですが、お値段がなんと1200円...!

 

ホワイトデーのお返しが少ない方や社会人の方が、お金をかけてお返しするためのウケ狙いチョコです。

筆者も「果たしてこれはウケ狙いなのか?」と疑問に思いましたが、業者側も「ウケ狙い」枠にいれています。

 

ということは、ウケ狙いの名目でホワイトーのお返しでこのチョコを渡せるということ。

ちなみに、1200円もあればGODIVAのチョコをお返しできちゃいます....(笑)

 

ホワイトデーのお返しはどんな雰囲気で渡す?

今回は、ホワイトデーのお返しとして「ウケ狙い要素」の強いものをまとめてみました。

例えば、「おみくじチョコ」などは、ホワイトデーでもらった以外の人にも渡せるような特性を持っています。

貰った子に対してだけでなく、近くにいる子にも引いてもらうことができるため、コミュニーケーションを取りやすいです。

 

このように、コミュニケーションが生まれるような渡し方をすると、ウケ狙いチョコとしてのイメージも付きやすいため、相手もリアクションに困らないでしょう。

 

逆に「義理芋」のような、後々ネタにされるパターンのお返しは、普通にホワイトデーのお返しとして渡すような形がベストですね。

自分が渡すネタチョコの特性に合わせて、渡し方を考えてみると良いでしょう!

 

まとめ

今回は、ホワイトデーに笑える要素を!ということでウケ狙いのチョコレートをいくつかまとめていきました。

なかなか、渡すシチュエーションを考えるのも面白そうなものばかりです。

 

上手な雰囲気作りをして、話題になるとうれしいですね!

 

スポンサーリンク
コメントを残す

ホワイトデーの関連記事
  • 【ホワイトデー】お返しに笑える要素を!ウケ狙い義理チョコ5選
おすすめの記事