【有頂天家族】3期製作の可能性を検証!放送はいつごろ?

2期も人気が継続し、3期が待望されている「有頂天家族」

やっぱり、いい話…!

素直に良い作品だな、と感じることができるアニメとなりました。

さて、冒頭でも触れたとおり、有頂天家族は2期が終了。

その後の続編については、何も触れられていません。

ツイッターなどの反応を見ていると、「有頂天家族の3期待望論」が徐々に出始めています。

今回は、そんな有頂天家族の3期の可能性を検証。

様々な観点から、3期はあるのか?を解説していきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

有頂天家族の3期の可能性を検証

では、有頂天家族の3期の可能性を検証していきたいと思います。

今回は、円盤の売上に加え、ストックの有無、人気の面をメインに解説をしていきましょう。

では、まずは円盤の売上データからまとめていきます。

スポンサードリンク

有頂天家族の3期を円盤の売上からみる

アニメの続編を作る際に欠かせないのが、「円盤の売上」です。

なぜ、アニメの続編を検証するのに、円盤の売上データが必要なのか?ですが…

私たちは、アニメを無料で見ることができます。

しかし、アニメを製作する際は、当然「製作費」がかかっているわけですね。

その製作費などの資金を回収する一番大きな財源が、円盤の売上なのです。

円盤の売上が良くないと、製作委員会が赤字に近いかたちになってしまいます。

そうなってしまうと、当然のようにアニメの2期は製作されません。

この点から、アニメの続編を検証する際に、円盤の売上が重要になってくるわけですね。

(後ほどお話しますが、有頂天家族の場合は他の収入源があります。)

では、有頂天家族の2期はどうだったのか。

まずは、2期の円盤売上を見ていきましょう。


有頂天家族の2期円盤売上

上巻→1,694枚

下巻→2017年10月13日


最近流行している、「円盤を2巻に収める」という方法で売ってきました。

今回、値段の高い「BOX売り」のような形を取ったため、1600枚の売上は「売れている方」だと思われます。

有頂天家族の上巻は定価で20000円近く。

それを1600枚売ったということで、収益的にはギリギリセーフのライン。

また、アニメの3期を予想する際に、欠かせない検証としては「1期」との売上比較が必要になってきます。

では、有頂天家族の1期の円盤売上をご覧ください。


有頂天家族の1期の円盤売上

1巻→2,399
2巻→1,829
3巻→1,345
4巻→1,737
5巻→1,493
6巻→1,245
7巻→1,498


こちら、1〜6巻構成なので、厳密な比較はできませんが、1期と2期の売上を比較しても、ほとんど変わらない売上だといえます。

2期の下巻の売上を合わせれば、収益的には問題ない可能性が高いですね。

「人気」の部分でもお話しますが、有頂天家族は円盤の売上以外にも、大きな収益源が存在しますので、円盤のみでの検証は不可能ですね。

有頂天家族の3期を原作のストックから見る

円盤については、「可もなく不可もなく」といった印象でした。

では、もう一つ大きな要素として、ストックの有無を見ていきましょう。

結論からお話しますと、有頂天家族のストックは残されていません。

有頂天家族の原作は小説で、1期で1巻分を使い切るという形になっています。

現状、2巻まで原作が発売している状況。

つまり、綺麗サッパリと原作を使い切ったというわけですね。

1期〜2期の間に4年という時間がかかったのも、原作が無い状態だったからです。

しかし、この傾向は3期への指標となることを忘れてはいけません。

有頂天家族の小説3巻が発売されれば、アニメ3期が製作される可能性が高まるというわけですね。

まずは原作が発売されるかどうか?が重要になってきそうです。

有頂天家族はコアなファンが多い?

先程、有頂天家族の1期の円盤売上を見ていただきました。

アニメについてよく知っている方であれば、有頂天家族の1期の円盤売上で、2期が製作されたのはおかしいと考えるはず。

平均1000枚台では、続編の制作がほぼほぼ無いと考えるのが普通だからです。

しかし、有頂天家族の場合は、円盤以外にも大きな収入源があります。

それは、「京都の神社とのコラボ」や「イベント」によるグッズ収入です。

この部分が他のアニメとは一線を画するところになります。

京都のお店や神社とのコラボが多数あり、そのおかげで収入が入ってきているわけですね。

有頂天家族は神社巡りなどのイベントを、バス会社やタクシー会社とコラボして運営。

他にも多数のコラボがあり、そこで収入を得ているわけです。

もちろん、そこに参加するファンも多いわけで…

有頂天家族のコアなファンが収入を支えているのですね。

まとめと結論

最後に、有頂天家族の3期に関して、まとめと結論をお話していきます。

有頂天家族の3期放送の可能性は「60%」とさせていただきます。

従来の円盤からの検証では不十分なため、中途半端な数字になっていますが、可能性は高いと思います。

やはり、円盤商法以外のビジネス要素が入っているため、そこが大きいですね。

放送時期としては、小説の3巻が発売されてからになりそう。

何より、ストックの補充が最優先でしょう。

もし、有頂天家族の3期を見たい!という方は、京都に足を運んで、見学ツアーなどに参加することも、応援に繋がりますので、そちらを試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です