全米オープンテニスの2016年の賞金が凄い!獲得ポイント数も紹介

錦織が銅メダル!

「国のために戦うのは楽しかった」と話すように充実した大会になったようですね。

オリンピックの前は、錦織が怪我をしていたこともあって、出ないほうがいいのではないか?とも言われていたくらいでした。

ただ、やはり国のために戦う錦織の姿はなんとも頼もしかったですよね。

準決勝で惜しくも敗れてしまったのですが、3位決定戦ではナダルとフルセットの死闘の末見事勝利を収め、銅メダル。

快挙でしたね!

しかし、錦織には休む暇もありません。

オリンピックが終わり、次はすぐに全米オープンテニスです。

2016年の全米オープンテニスは、テニス史上最高賞金額となっており、大会の盛り上がりも一層高まりそうな予感がしますね。

では、2016年の全米オープンテニスの賞金情報や獲得ポイント数などをまとめていきましょう!

スポンサーリンク

全米オープンテニスの日程

さて、全米オープンテニスの賞金に関して情報をまとめる前に、日程を見ていきましょう。

全米オープンテニスの日程は以下のとおりです。

◯全米オープンテニス2016の日程

2016年8月29日〜2016年9月11日

全米オープンテニスは以上の日程で行われます。

リオ五輪が8月15日まであって。その後も錦織は何度か大会などに出場する予定ですので、相変わらず多忙ですね。

コンディションを整えて、2016年最後のグランドスラムに臨んで欲しいです。

全米オープンテニスの賞金情報まとめ

AS20140907000583_comm

さて、本題の全米オープンの賞金情報をまとめていきましょう。

2016年の全米オープンの賞金総額は2015年大会よりも400万ドル賞金額を伸ばした4630万ドルとなっています。

日本円に換算すると、約48億1520万円!

すさまじい賞金額ですよね。

この賞金額は、2017年も伸びます。

テニスの4大大会は年々その賞金額を上げているのですが、それも来年までとなります。

4大大会では、年々賞金額を増加させるという取り決めを行ったのですが、それが来年までになるのです。

まだまだ伸びる4大大会の賞金。恐ろしさもありますね(笑)

さて、この賞金総額ですが、優勝者にはどれくらいの賞金が与えられるのか想像できますか?

なんと、全米オープンを制覇すれば、男女ともに350万ドル(約3億6700万円)が与えられるのです。

一つの大会でここまでの賞金がでるのも本当に考えられないことです。

準優勝者にはその半分の175万ドル(約1億8400万ドル)、一回戦で敗退しても4万3300ドル(455万円)が与えられます。

出場しただけで455万円がもらえるのですから、参加賞にしては大きすぎる額ですよね(笑)

ただ、この大会に参加するのにも相当な努力が必要になります。

また、ダブルスの優勝者には62万5000ドル(6560万円)が与えられるようです。

ちなみに、4大大会の優勝賞金は年々上がっているとお話しましたが、4大大会の賞金総額を見比べてみましょう。

◯2016年の4大大会の賞金総額(日本円換算)

全米オープン2016→約42億

全仏オープン2016→約39億6000万円

全豪オープン2016→約38億円

全米オープン2016→約48億円

さて、どれもすさまじい賞金総額になっているわけですが…

これを見ると、賞金額は

全米>全英>全仏>全豪となっているようですね。

ただ、こちらは日本円換算なので、レートによって誤差もでてくるかもしれません。

(特に全仏と全豪)

どんなスポーツを見ても、年に何度もここまで多額の賞金を用意するスポーツは見当たりません。

例えば、陸上などは賞金が全く出ない大会も多く、スポーツ間で賞金などのお金の面では格差があるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

全米オープンで獲得できるポイント数は?

さて、全米オープンで獲得できるポイント数はどれくらいなのでしょうか?

ポイント数は、4大大会のどの大会も同じなのです。

◯全米オープンテニスのの獲得ポイント

優勝→2000pt

準優勝→1200pt

準決勝進出→720pt

ベスト8→360pt

ベスト16→180pt

ベスト32→90pt

ベスト64→45pt

ベスト128→10pt

参加点→25pt

優勝者は2000ptということで、一気にポイントを上げられるわけです。

ちなみに、オリンピックではポイントは少ないのです。

金メダル獲得→750pt

銀メダル獲得→450pt

銅メダル獲得→340pt

また賞金も少ないので、オリンピックに対するトップ選手たちの意識はそこまで高くない様子。

そのため、錦織も欠場したほうがいいのでは?と言われたのですね。

錦織は2年前の全米オープンで準優勝!

錦織が有名になったのもここからだった気がします。

最近は、トップ4との実力差も少しづつですが縮めているように感じます。

全米オープンは縁起の良い大会ですから、しっかりと勝利をおさめて、優勝を目指して欲しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です