テニス4大大会。

全豪オープン、全仏オープン、全英オープン、そして最後にやってくるのが「全米オープンテニス」です。

 

莫大な賞金額と大会規模の大きさから、スポーツ界でも屈指の盛り上がりを魅せる全米オープンテニス。

今年もかなり大きな賞金が用意されており、大会規模も年々大きくなってきています。

 

最近は、錦織選手の調子も上がってきており、怪我に悩まされたシーズンも終わりを迎えてきています。

全米オープンは、日本人最高記録となる準優勝。

あのときの盛り上がりは、かなりすごかったですよね。

 

昨年は怪我で欠場していたため、2018年の全米オープンテニスが非常に楽しみです。

今回は、全米オープンテニスの賞金額を、日本円換算で紹介していきます。

優勝や準優勝、ベスト4でいくらの賞金が手に入るのか?

 

また、他の大会との比較も行っていきたいと思います。

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

全米オープンテニスの賞金額はいくら?優勝やベスト4の金額を紹介

さっそく、全米オープンテニスの賞金額の情報を紹介していきましょう。

2018年は全米オープンテニスの賞金額も上昇。

例年、右肩上がりで賞金額が上昇している状態になっています。

 

2018年の全米オープンテニスの賞金総額は、5300万ドル

日本円に換算すると、約58億7500万円!(2018年8月のレートです。)

 

正直、想像しにくい数字ではありますが、4大大会と呼ばれるだけの賞金額だと思います。

2017年から5%増額され、優勝賞金も10万ドル分増加。

もちろん、大会史上最高額です。

 

では、それぞれの順位ごとの賞金額を見ていきましょう。

【全米オープンテニス2018の賞金】
  • 賞金総額:5300万ドル
  • 優勝→380万ドル
  • 準優勝→185万ドル
  • ベスト4→92万5,000ドル
  • ベスト8→47万5,000ドル
  • 4回戦→26万6,000ドル
  • 3回戦→15万6,000ドル
  • 2回戦→9万3,000ドル
  • 1回戦→5万4,000ドル
【日本円換算すると...】
  • 賞金総額→58億7500万円
  • 優勝→4億2,000万円
  • 準優勝→2憶円
  • ベスト4→1憶円
  • ベスト8→5,300万円
  • 4回戦→2,900万円
  • 3回戦→1,700万円
  • 2回戦→1,000万円
  • 1回戦→600万円

全米オープンテニスに出場するだけでも、600万円の賞金を獲得できます。

近年では、賞金の配分が変えられており、参加するだけでも多くの賞金を得られるようになりました。

 

やはり、世界屈指の賞金額を誇る全米オープン。

優勝で4億円以上の賞金を獲得できます。

 

昨年、錦織選手は「スポーツ長者」という、スポーツ選手の中での賞金ランキングで、世界35位を獲得。

テニスは、賞金額の大きい大会が非常に多いため、上位に入賞できたようですね。

 

全米オープンでも好成績を収めて、さらに賞金を積み上げてほしいところです。

 

スポンサードリンク

 

どこから莫大な賞金が出資されているのか?

これだけ大きな賞金額は、一体どこから出資されているのでしょうか?

テニスの大会は、このレベルの大会が4つもあるわけですから、お金の出処が気になりますよね。

 

テニスの賞金は、様々なところから出てきますが、主に2つの収入源があります。

その2つとは「スポンサー収入」と「テレビ放映権料」です。

 

2018年のスポンサーに関しては、21社と提携しています。

「American Express」、「IBM」、「evian」、「Emirates」などなど、世界中の名だたる企業が全米オープンテニスに出資しているようです。

 

昨年までは、「CITIZEN」が出資をしていましたが、今年はスポンサーには載っていません。

 

テレビ放映権料に関しても、収入は大きいです。

日本では、「WOWOW」が放映権を支払って、錦織選手の試合をメインに放送しています。

他にも、錦織選手が上位まで行くと、NHKで放送されるようになりますね。

 

これらの出資金によって、莫大な賞金を生み出しているわけです。

やはり、世界的な大会になるため、莫大なスポンサー料を払う価値があるということなのでしょう。

 

全米オープンテニスの賞金の情報に関しては、以上になります。

ここからは、他の大会とも賞金を比較してみましょう。

 

世界的に見ても高額な賞金!それを超える大会はあるのか?

ここからは、全米オープンテニスの賞金額と、他の有名な大会との比較を行ってみようと思います。

有名な大会から、同じテニスの大会との比較も行っていきますよ!

 

2018年のテニス4大大会の賞金比較

テニスでは、毎年のように賞金で競い合っています。

2018年の4大大会はすべて賞金額が出揃いましたので、比較を行っていきましょう。

【4大大会の賞金比較】
1位→全米オープンテニス(約59億)
2位→全英オープンテニス(約51億)
3位→全仏オープンテニス(約50億)
4位→全豪オープンテニス(約49億)
※千万単位で四捨五入

やはり、トップは全米オープンテニスの賞金でした。

よく争われるのは、全米vs全英でしたが、今年は圧勝でしたね。

 

もちろん、レートの違いがあるため、正確ではありませんが、それでも1位は全米オープンでしょう。

 

サッカー大会との比較

2018年といえば、FIFAワールドカップです。

FIFAワールドカップの賞金総額は、驚異の650億円

 

分割も32カ国なので、それだけ大きな賞金となりますね。

 

ただ、FIFAワールドカップ以上に、賞金額が大きいサッカー大会があるのです。

それが、「UEFAチャンピオンズリーグ」です。

 

賞金総額は、1600億円

まさに「桁違い」の賞金額ですね。

 

ゴルフと比較

ゴルフで賞金額が大きい大会といえば、「マスターズ」ですよね。

こちら、賞金総額が12億円!

 

テニスと比較すると、少なく感じますよね。

テニスに関しては、マスターズクラスだと賞金総額が10億を越えてきますので、「貴族のスポーツだな」という印象をうけるでしょう。

 

まとめ

今回は、全米オープンテニスの賞金額について、優勝や準優勝、ベスト4でいくらの賞金がもらえるのか?を解説していきました。

賞金額はグランドスラムの中でも最高額となっているので、一度勝てば億万長者です。

 

ただ、優勝はトップ4の選手が独占することが多いため、今大会もそうなるのか?が見ものでしょう。

錦織選手にも頑張って欲しいですね!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事