スクリーンショット 2017-06-05 7.26.20

ほのぼの日常系!

そう思いきや、途中で若干ホラー(?)要素もあり、

好評だった「うらら迷路帖」

 

千矢ちゃんが可愛く、キャラデザも素敵。

雰囲気も良いアニメでしたね。

 

ただ、2017年冬クールで放送され、

現段階で2期がある!という声は出てきておりません。

 

そんな中、ある情報がきっかけとなり、

「2期の可能性はほぼ0」になってしまいました。

 

今回は、「うらら迷路帖」の2期の可能性を解説。

なぜ、2期の可能性がないのか。

 

こちらを検証・解説をしていきます。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

うらら迷路帖の2期の可能性を検証

スクリーンショット 2017-06-05 7.27.32

では、うらら迷路帖の2期の可能性に関して、

検証を加えていきます。

 

アニメの2期を大きく決定づけるもの。

それは、「売上」「原作のストック」の二点。

 

この二点が大きく関わってきます。

今回、まずは原作のストックから解説を加えていきます。

 

うらら迷路帖の原作のストックはあるの?

51xJ8L+MLHL._SX350_BO1,204,203,200_

うらら迷路帖の1期は「十番帖編」までを放送しました。

この後、原作の漫画では「九番帖編」がスタートします。

 

現段階で、原作漫画は4巻まで発売している状態です。

ただ、うらら迷路帖はアニメでだいたい3巻までの内容を放送しました。

 

そのため、原作のストックがない状態。

 

ちなみに、以下が原作の発売間隔です。

 

うらら迷路帖の原作発売間隔
1巻→2015年1月27日
2巻→2015年11月27日
3巻→2016年5月27日
4巻→2017年1月27日

 

こちらを見ると、かなり間が開く形で原作が進んでいます。

 

まんがタイムきららの作品は、

次の巻の発売までが長い点が特徴の1つです。

 

こちらを見ると、2期のストックがたまるまでには、

相当な時間を要すると思われます。

では、続いて売上についてです。

 

うらら迷路帖の2期が永遠に来ない背景は「売上」

見出しで答えを言ってしまいましたね。

 

うらら迷路帖の2期の可能性が、非常に、非常に低いのは、

「売上」のデータにあります。

 

うらら迷路帖にかぎらず、アニメの製作会社が続編を製作するには、

「製作委員会の財政状態」が鍵になってきます。

 

製作委員会が赤字の状態であれば、

2期の可能性はほぼ0%。

 

製作委員会が黒字の状態であれば、

はじめて2期の可能性が出てきます。

 

この、製作委員会の財政状態を見通す際に、

使うデータが「円盤の売上」です。

 

円盤は製作委員会にとって、

最も大きな収入源になります。

 

円盤自体、そこまで費用がかからず、

高い値段で売れますからね。

 

利益率が非常に高いというわけです。

 

さて、うらら迷路帖の場合は、

この円盤の売上で大きく遅れを取ってしまいました。

 

以下、円盤の売上のデータになります。

 

うらら迷路帖の円盤売上
1巻→885枚
2巻→798枚 3巻→555枚
4巻→700枚
5巻→671枚
6巻→612枚

 

結果から言うと、かなり厳しい。はっきりと言います。

 

この円盤の売上枚数では、100%の可能性で2期はありません。

 

平均1000枚以下の売上で、2期が製作された例は今まで調べた中では

ありませんからね。

 

2期がすぐ製作されるジャンプアニメでも、おそらく無理だと思います。

 

スポンサードリンク

 

グッズの売上を考慮しても...

91RrfPHKTyL._SY355_

現段階で、サントラやグッズなどが公式サイトでも販売している状態です。

 

こういったグッズ収益も、

円盤ほどではありませんが、大きな収入源

 

ただ、こちらも少々厳しそうですね。

公式サイトのグッズに関しては、「SOLD OUT」の文字は1つもなく...

グッズは売れていない可能性が高いです。

 

ちなみに、うらら迷路帖の大きな魅力であったOPを収録したサントラが発売されます。

こちらは、若干期待できるでしょう、

ただ、円盤の売上をカバーしきれるほどではありません。

 

こういった背景からも、2期の可能性は非常に低くなってしまうでしょう。

 

うらら迷路帖の2期の可能性が0%の理由

では、ここまでのまとめをしていきます。

 

うらら迷路帖の2期の可能性は、

先程からお話の通り「0%」に限りなく近いといえるでしょう。

 

その理由として挙げられるのは、以下の二点。

 

  1. そもそもストックが足りない
  2. 円盤が売れていない→赤字

 

やはり、この2つの要素をどちらも満たしていない点。

これは、2期の可能性をほぼ消滅させるといってもいいでしょう。

 

また、まんがタイムきららの枠では、

「NEWGAME」の2期が決定。

 

この決定が、うらら迷路帖の放送中でした。

こういった、他のアニメの続編を作らなければならない点。

 

こちらも、2期の可能性を消滅させるには、

十分な理由となってしまいました。

 

まとめ-うらら迷路帖は何がいけなかったのか-

では、まとめをしていきます。

うらら迷路帖の2期の可能性はほぼ0%。

 

このようなキーワードの元、記事を製作していきました。

 

ファンの方には申し訳ないですが、

はっきり言って2期はないでしょう。

 

では、なぜこのような結果になってしまったのか。

 

それは、「話題性」の部分にありますね。

アニメの内容自体、評価は中〜上の内容。

 

キャラデザもよく、良アニメだったといえます。

 

しかし、同時期に「けものフレンズ」が大爆発。

 

Mステ出演、ネットでの流行語にもなるなど、

大きな人気を勝ち取りました。

 

スタート時点で、大きな話題にならなかったうらら迷路帖。

アニメが開始されても、そのまま失速し、勢いがほとんどない状態に。

 

完全に他作品の中に埋もれてしまう結果となりました。

 

やはり、アニメが多すぎる。

今のアニメ界の根本的な問題でもあります。

 

今後、アニメの人材流出などを食い止めるためにも、

やり方を変える必要がありそうです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事