【アンナチュラル】ドラマ原作情報まとめ!脚本家はだれ?

2018年もドラマが熱い!

新年から注目のドラマがたくさん集まっていますが、今回紹介する「アンナチュラル」に関しても、期待が集まっているドラマの一つになりそうです。

最近調子の良いTBS系列のドラマということもありますし、主演が石原さとみさんというキャスト的な意味でも面白そう。

ただ、ドラマの全体的な出来に関しては、やはり話作りの部分が非常に重要になってきますよね。

今回は、ドラマ「アンナチュラル」に関して、原作はあるの?という情報を始め、脚本家はだれ?という疑問の部分を解説していきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

アンナチュラルのドラマ基本情報を解説

まずは、ドラマ「アンナチュラル」に関して、基本的な情報をまとめていきたいと思います。

アンナチュラルの基本情報は以下の通りです。


アンナチュラルのドラマ基本情報

  • 放送日:毎週金曜日夜9時〜
  • 放送局:TBS
  • 主演:石原さとみ
  • プロデューサー:新井順子

TBS系列金曜ドラマ枠で放送されるアンナチュラル。

主演の石原さとみさん他、豪華キャスト陣が集まっています。

プロデューサーの新井順子さんはサスペンスドラマを得意としている方で、「リバース」「Nのために」といった有名ドラマを担当されていました。

今回は一話完結の物語ということですが、キャストを見てもそこまで暗い内容ではなさそうなので、期待できそうですね。

スポンサードリンク

アンナチュラルのあらすじ

続いて、アンナチュラルのあらすじを紹介していきます。

最近流行の「一話完結の医療ドラマ」ということで、楽しみな内容になってきそうです。


アンナチュラルのあらすじ

医療現場のスペシャリストが集まる「UDIラボ」。

そこには、全国から「不自然な死=アンナチュラル・デス」を遂げた死体が集まってくる。

主人公・ミコトは解剖医のスペシャリストで、新設された「UDIラボ」の一員として、アンナチュラル・デスの真相を突き止めるべく、日々邁進。

「死と向き合うことは、生と向き合うこと」

感動と驚きの連続となる医療ドラマの幕開け!


死の謎を放置しておけない主人公とそれを突き止めるために動くチーム。

一話完結ということで、かなり見やすいドラマになってきそうです。

非常に楽しみな内容ですね。

では、本題となるドラマ原作情報に入っていきたいと思います。

アンナチュラルにドラマ原作はある?

続いて、アンナチュラルのドラマ原作について解説を加えていきたいと思います。

アンナチュラルにはドラマ原作があるのでしょうか?

結論からお話しますと、アンナチュラルにドラマの原作はありません。

つまり、オリジナル原作のドラマとなってくるわけですね。

医療ドラマは原作が無いものが多く、特に一話完結のドラマでは多くがオリジナル原作となります。

ただ、原作が無いドラマはネタバレも無いため、視聴者が付いてきやすいという傾向もあり、内容の構成も自由に製作できます。

2017年は原作小説や原作マンガがあるドラマが非常に多くなっていましたが、2018年1月クールでは原作が無いオリジナルドラマが多くなっているようです。

アンナチュラルは医療ドラマとなっているため、どんな構成になってくるのかにも注目が集まってきますね。

脚本を担当するのはあの有名ドラマの脚本家!

ドラマ「アンナチュラル」は原作の無い「オリジナル原作のドラマ」だということはわかっていただけたかと思います。

では、オリジナル原作を考える脚本家の方は一体誰が担当するのでしょうか?

今回、アンナチュラルのドラマ原作を制作するのは、野木亜紀子さん。

「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本を担当した作家さんですね!


乃木亜紀子のプロフィール

  • デビュー:2010年
  • 出身:日本映画学校
  • 代表作:空飛ぶ広報室、逃げるは恥だが役に立つ、ラッキーセブン

野木亜紀子さんに関しては、まだまだ情報が少ない状況で、生年月日や出身については公表されていません。

ただ、デビューしてから様々な有名ドラマの脚本を手がけている方で、原作があるドラマではありましたが、「重版出来」や「逃げるは恥だが役に立つ」で一気に有名になりました。

「逃げるは恥だが役に立つ」に関しては、全く注目されていないところからあそこまでのヒット作となるなど、若手のホープ的な脚本家さんといっても良いでしょう。

これまで、安定した視聴率を取れるドラマを多数生み出してきており、今回のアンナチュラルに関しても、非常に注目されている部分です。

しかし、一つだけ懸念点があるとすれば、野木亜紀子さんは「オリジナル原作に関する経験が少ない」という点が挙げられるでしょう。

2010年にデビューしているということで、まだまだ経験が浅い部分もあります。

ここまで、小説やマンガの原作があるドラマを多く担当してきているため、オリジナル原作のドラマ脚本はどうなるのか?

一つのポイントとなってきそうですね。

まとめ

今回はドラマ「アンナチュラル」に関して、原作はあるの?という情報や脚本家はだれ?という情報をメインにまとめていきました。

医療ドラマは視聴率が取れやすく、最近はかなり多くなってきています。

今回のアンナチュラルに関しても、非常に期待が寄せられますね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です