【隣の家族は青く見える】原作の情報まとめ!あの脚本家の作品だった

低迷を続けるフジテレビ。

ドラマも絶不調で「フジだから見ない」という人もいるほどに、厳しい状況が続いているフジテレビ。

バラエティ〜ドラマまで不調なので、ここから上昇することができるのか?にも注目が集まっています。

さて、そんなフジテレビの注目のドラマとして「深キョン主演」で売り出していく「隣の家族は青く見える」があります。

このドラマは「コーポラティブハウス」という最近少しずつ認知度が高くなっている集合住宅をメインにした作品です。

ここで深キョン×松山ケンイチの「妊活夫婦」の物語が描かれていきますよ。

今回は、そんな「隣の家族は青く見える」に関して、原作の情報をメインにまとめていきます。では、はじめていきましょう!

スポンサーリンク

隣の家族は青く見える-ドラマ基本情報-

まずは、隣の家族は青く見えるに関して、ドラマの基本的な情報をまとめていきましょう。

以下、隣の家族は青く見えるの基本的な情報になります。


隣の家族は青く見えるのドラマ基本情報

  • ドラマ名:隣の家族は青く見える
  • 放送日:毎週木曜日22時〜
  • 放送局:フジテレビ
  • 主演:深田恭子、松山ケンイチ

深田恭子さん、松山ケンイチさんの主演で放送される「隣の家族は青く見える」。

毎週木曜日、夜22時〜放送されます。

今回の題材は冒頭でもお話したとおり「妊活夫婦」です。

もう一つのキーワードとなる「コーポラティブハウス」の購入をきっかけに、子供づくりをは始める夫婦。

しかし、なかなか子供は授からず….

隣の家族は青く見えるでは、この夫婦の行く末を描いていきます。

今注目のキーワードが多く含まれているドラマなだけに、こういった内容のドラマは受け入れられやすい傾向にありそうですね。

スポンサードリンク

キーワード「コーポラティブハウス」とは?

原作の情報に入る前に、コーポラティブハウスについて解説を加えていきます。

コーポラティブハウスとは、様々な家族が集まり組合を結成。

その組合が事業主となり、土地の購入から建設まですべての行程を行っていき作り上げるという集合住宅の新しい形となっています。

18世紀にアメリカでこの住宅形態が出来上がり、今日本でも注目され始めているようです。

コーポラティブハウスを購入したことで始めた妊活。

主人公たちの周りでも様々な人がいて、様々な問題を抱えているこのドラマ。

物語の展開も面白そうですよね。

隣の家族は青く見えるの原作はあるのか?

では、本題に入っていきましょう。

「隣の家族は青く見える」に原作はあるのでしょうか?

結論からお話しますと、「隣の家族は青く見える」に原作はありません。

つまり、ドラマオリジナル原作という形になっています。

最近は、小説や漫画を原作とするドラマが非常に増えてきていますが、原作があるドラマほど「大失敗しやすい」という傾向もあるため、オリジナル原作も最注目を集めているのです。

ドラマオリジナル原作の強みは、原作の解釈をドラマに変えたりしなくとも良い点でしょう。

今回、隣の家族は青く見えるはオリジナル脚本による原作ということで、安定感のある内容になってきそうですね。

では、ドラマオリジナル脚本を作った脚本家の方は一体誰なのでしょうか?

続いては、隣の家族は青く見えるの脚本家についての情報をまとめていきます。

脚本家を担当するのは中谷まゆみさん

「隣の家族は青く見える」の脚本・原作を担当するのは中谷まゆみさん。

これまでもたくさんの名作の脚本を描いてきた方ですね。

多数ある脚本の中でも、以下の3つは有名でしょう。

  • WATER BOYS
  • ディアシスター
  • ラストシンデレラ

フジテレビ制作のWATER BOYSの脚本を描くなど、脚本界の中でも有名な中谷まゆみさんですが、どんな方なのでしょうか?

中谷まゆみの基本情報

では、原作者となる中谷まゆみさんの基本的な情報をまとめていきましょう。


中谷まゆみさんの基本情報

  • 生年月日:1968年2月1日
  • 年齢:49歳
  • 出身:香川県高松市
  • 大学:日本大学芸術学部

香川県高松市生まれの中谷まゆみさん。現在は49歳です。

日本大学芸術学部に進学後、演劇の世界に入ります。

女優としての路線よりは「演出」や「脚本」といった分野に大学時代から力を入れていました。

その結果、1993年に深夜ドラマ「青春もの」で初の脚本作品を制作。

その後、WATER BOYSを始め、ラストシンデレラやディアシスター、校閲ガールなどの「恋愛ドラマ」に至るまで多数の作品を書きました。

中高生からの支持が熱いドラマともあって、知名度の高いドラマが非常に多い印象がありますね。

今回、「隣の家族は青く見える」は1から脚本、原作を作るということで、中谷まゆみさんへのプレッシャーも非常に大きいと思われますね。

まとめ

今回は、「隣の家族は青く見える」に関して、原作はあるの?という情報や脚本家はだれ?という情報をまとめていきました。

原作と脚本を担当するということで、中谷まゆみさんの作るお話がかなり重要なポイントとなってきそうです。

今後、ドラマの評価や評判が決まってくると思いますが、フジテレビにはどんどん盛り返してきてほしいところですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です