【東京マラソン2017】賞金と副賞が魅力的!1位はなんと…..

img02

「陸上は稼げないスポーツである」

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

当ブログでは、スポーツの大会の賞金について、たくさん調べてきました。

賞金が億を超えるスポーツは、世界に山ほどあります。

しかし、陸上に関しては、賞金が0なんてこともザラにあるのです。

(筆者は、よく陸上を引き合いに賞金を大きく見せていました。)

ただ、東京マラソンだけは、はっきり行って別物。

日本国内の陸上関連の大会ではNo.1の賞金を誇ります。

今回は、東京マラソン2017の賞金にスポットを当てていきます。

では、はじめて行きましょう!

この記事でわかること
①東京マラソンの賞金と副賞がわかる
②東京マラソンの参加賞が分かる

スポンサーリンク

東京マラソン2017の概要

property

賞金関連のお話に入る前に、簡単に東京マラソン2017の概要を説明しておきます。

まずは、日程から。

東京マラソンの日程は以下のとおりです。

東京マラソンの日程

日程:2017年2月26日(日)
 
時程:
9時5分〜車いすマラソン&10キロマラソン開始
9時10分〜マラソン&10キロマラソン開始
10時50分〜10キロの部終了
16時10分〜マラソンの部終了

以上のような日程で進んでいきます。

まさに、一日がかりで進行していくようです。

また、前日2月25日には前夜祭も!

前夜祭では、ファミリーマラソンなどの楽しいイベントも開催。

※ファミリーマラソン等の企画は参加者の募集を締め切っています。

前夜祭に関しては2017年からの初の試みです。

こちらも期待ですね!

続いて、コースについて。

2017年は、コースにある特徴があります。

それが、新コースになったという部分。

今年からは、新しいコースをランナーが走ることになります。

2017年のコースは「東京の魅力」がつまったものとなっており、ゴールも2017年からは東京駅に変更されています。

首都・東京らしさを象徴するコースになっていますよ!

コースに関しては、公式サイトにマップが載っていますので、気になる方はチェックです。

http://www.marathon.tokyo/about/course/

それでは、本題の東京マラソンの賞金や副賞の魅力に迫っていきましょう。

スポンサードリンク

東京マラソン2017の賞金や副賞を総まとめ

img03

では、東京マラソン2017の賞金や副賞の紹介をしていきましょう。

2017年の東京マラソンの賞金はいくらになるでしょうか?

その疑問に答えていきましょう。

2017年の東京マラソンの賞金は以下のとおりです。

東京マラソンの賞金
優勝:1100万円
2位 400万円
3位 200万円
4位 100万円
5位 75万円
6位 50万円
7位 40万円
8位 30万円
9位 20万円
10位 10万円

今年の東京マラソンの優勝賞金は1100万円!

日本国内では、賞金が出ない公式マラソン大会もあるため、やはり東京マラソンの賞金額は魅力的。

また、もし世界記録を樹立した場合、特別ボーナスも存在します。

世界記録を樹立した際に、特別ボーナスとして「3000万円」のボーナスが!

ちなみに、もっとスゴイ賞金があるのをご存知でしょうか?

それが、日本記録の樹立です。

もともと、日本記録を樹立すれば、ボーナスとして500万円が手に入りました。

しかし、それとは別の賞金があるのです。

2015年、「日本実業団陸上競技連合」が驚くべき企画を発表しました。

それが「project EXCEED」です。

日本のマラソンを復活させるべく、日本記録を樹立したランナーには報酬として「1億円」を出すことを決めたのです。

続報が無かったため、筆者はなくなったものと思っていましたが…

2015年7月28日。

この企画が開始していました。

つまり、日本記録を超えた場合、一億円の報酬を得られるということですね。

(参考:http://projectexceed.com/361

今、熱い動向をみせるマラソン種目。

もともと、マラソンは日本のお家芸でした。

しかし、近年は良い結果をえられていません。

2020年の東京五輪で、マラソンでメダルを獲得できなかったら…..

そう思い、発案したのが、「Project EXCEED」というわけですね。

ここまでまとめ
・東京マラソンの優勝賞金→1100万円
・世界記録樹立→3000万円
・日本記録樹立→500万円
・日本記録樹立→1億円(Project EXCEEDより)

東京マラソンの気になる副賞

東京マラソンは副賞も豪華です。

2017年の東京マラソンの副賞は、まだ発表されていない段階です。

しかし、2016年は「BMW」の車が贈られました!

いや、かなり豪華ですね(笑)

2017年もオフィシャルパートナーに「BMW」のロゴが合ったので、副賞になる可能性が高いですね。

ちなみに、副賞の制度としては「日本人1位」のランナーに副賞が贈られることになっています。

ランキング上位は、ほとんど外国人が持っていってしまいます。

そのため、日本人ランナーとしては嬉しいのではないでしょうか?

参考:去年のランキング
1位→フェイサ・リレサ      2:06:54
2位→マイケル・キピエゴ     2:07:34
3位→ディクソン・チュンバ    2:07:35
4位→スティーブン・キプロティチ 2:07:46
5位→アベル・キルイ       2:08:06
6位→エリウド・キプタヌイ    2:08:55
7位→エマニュエル・ムタイ    2:10:23
8位→高宮祐樹          2:10:57
9位→ハビエル・ゲラ       2:11:01
10位→下田裕太          2:11:34

2015年大会には、副賞を巡ってすこし問題が起きてしまいました。

それはスポンサーの関係の出来事だったのですが…

2015年、日本人1位でゴールした今井正人選手。

副賞にBMWの車が贈られると、思わず苦笑い。

なぜかというと、今井選手のスポンサーがトヨタだったのです(笑)

ライバルとなる車が送られたということで、メディアでは話題になっていましたね(笑)

東京マラソンは参加賞も豪華!

東京マラソンに出場したいという人は、走ることに喜びを感じます。

ただ、地味に嬉しいのが参加賞なんです。

一番の目玉が、このTシャツですね。

参加賞というわりには、クオリティが高いですね。

他にも、完走の景品としてタオルも貰えます。

image-5-e1456380834813

また、この他にも、ノンアルのビールやポカリ、完走のお守りなんてものも!

本当に様々な参加賞がGETできます!

ただ、東京マラソンの参加費から考えれば、これぐらいは当然なのかな?と思います。

調べてみると、東京マラソンの参加賞は10800円とのこと。

マラソンに参加している人からすると、かなり安い値段だと言われています。

これは、金銭感覚によって、違いが出てきそうです。

まとめ

今回は、東京マラソンの賞金や副賞、参加賞等を紹介していきました。

東京マラソンはマラソン大会の中でも、かなり高めの賞金設定となっており、最近のマラソンブームの火付け役となっています。

2020年の東京オリンピックに向けて、非常に重要な戦いとなる東京マラソン。

東京五輪でメダルを取れるのか?

熱い戦いが繰り広げられそうです。

では、今回のまとめをして終わりたいと思います。

今回のまとめ!
①東京マラソンの優勝賞金は、1100万円!
②東京マラソンは新コース!
③世界記録→3000万、日本記録500万
④project EXCEEDにて日本記録樹立で1億円!
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です