【小さな巨人】原作はあるのか?脚本家の情報もまとめてみた

chiisanakyojin

2017年4月クールは、刑事ドラマが熱い!

相葉くん主演の「貴族探偵」

藤原竜也×戸田恵梨香の「リバース」

どちらも、確実に面白い内容になりそう。

そして、今回紹介していく「小さな巨人」

非常に注目。

今季は、確実に推理モノが面白そうです。

小さな巨人は長谷川博己さんが主演を演じます!

もう一人のメインキャストには、岡田将生さん

非常に、注目のキャストが揃っています。

さて、最近は小説やコミックスが原作のドラマが増えています。

こちらの、ドラマ「小さな巨人」も原作はあるのでしょうか?

今回は、ドラマ「小さな巨人」の原作はあるのか?

このあたりをメインに記事をまとめていきます!

では、はじめていきましょう!

この記事で分かること
①小さな巨人のキャストや放送日などがわかる
②小さな巨人の原作があるのか?をまとめる
③小さな巨人の脚本家がわかる

スポンサーリンク

 小さな巨人のキャストや放送局

原作やロケ地の情報をまとめる前に、小さな巨人のキャストや放送局などを、

簡単にまとめていきます。

68fa99d29f367cb4f2d3a466998fbe11 (1)

ドラマ名 小さな巨人
放送局 TBS
放送時間 毎週日曜9時
主演 長谷川博己

長谷川博己さん、岡田将生さんなど

豪華俳優陣が名を連ねます!

TBS系列で、毎週日曜の夜9時〜の放送となります。

キャストが豪華!

今回、小さな巨人のキャストが非常に豪華だと話題になっています。

主演の長谷川博己さんをはじめ….

1140747_1200

もう一人のメインに岡田将生さん。

300x (2)

安田顕さん。

976c1ffebd1504a95a415721478d7538

そして、主人公の香坂の「敵」には、

超大物俳優が起用されるとのこと。

このあたりは、ドラマの見所になってきそうです。

では、本題はここからです。

小さな巨人の原作の情報をまとめていきましょう!

スポンサードリンク

小さな巨人の原作はあるのか?

images (32)

小さな巨人に、原作はあるのでしょうか?

結論からお話しましょう。

小さな巨人に原作はありません!

オリジナル原作となります。

つまり、物語がどうなるか、制作陣しか知らないということ。

考察や犯人予想が、非常に活発になりそうですね。

TBSの日曜9時系列は、2017年で原作なしのドラマが続いています。

2017年冬クールの、木村拓哉さん主演のドラマ

「A LIFE」にも原作はありません。

ただ、TBSの日曜9時枠は、

非常に質の高いドラマを生み出してくれる点が素晴らしいですね。

A LIFEも、キムタク主演ということもあり、大好評です。

さて、その質の高さを生み出すのは、

「ストーリーの質」が重要なわけです。

原作がない場合、ドラマの物語は「脚本家の腕」に全て左右されますよね。

では、「小さな巨人」の脚本家さんはだれなのでしょうか?

小さな巨人の脚本家はだれ?

原作がないということで、脚本家さんがストーリーを作っていきます。

今回、小さな巨人の脚本家を担当するのが、2名います。

一人目は、丑尾健太郎さん

丑尾健太郎さんは、「ショムニ2013」や「水球ヤンキース」など

熱い物語を作るのが得意な方です。

2015年の連ドラ「無痛」では、本格サスペンスドラマの脚本を担当。

様々な顔を見せる脚本家さんですね。

丑尾健太郎さんは、1976年生まれ。

まだ41歳と非常にお若い方ですね。

大学卒業後、印刷会社の「校閲」の仕事へ。

そこで、創作技術を培ったようです!

もう一人、小さな巨人には脚本家の方がいるのです。

もう一人は、八津弘幸さん!

001 (2)

もう一人の原作者は、八津弘幸さん。

みなさん、ほぼ確実に知っていると思いますが…

「半沢直樹」というドラマを知っていますか?

16

八津弘幸さんは、半沢直樹の脚本を担当した方です!

半沢直樹といえば、堺雅人さんの演技も話題になりました。

それを引き出したのも、脚本家さん物語だと言われています。

元々、半沢直樹も原作がありますが、その魅力を余すところなく、

伝えることができた部分が大きかった。

今回、八津弘幸さんも原作に加わっているということで、

非常に期待できそうです。

今回、脚本の担当が2人。

つまり、非常に濃い内容のドラマになる可能性があります。

もともと、脚本のタイプも似ている2人。

脚本家の2人は、「熱い」物語を作る方です。

小さな巨人も、正義や欲など人間模様がよく描かれています。

人間関係や正義に対する「熱い」ドラマが描かれそうです。

では、そんな小さな巨人のあらすじの部分を見てみましょう。

小さな巨人のあらすじを紹介

では、小さな巨人のあらすじをまとめていきます。

小さな巨人のあらすじ

正義とは何か?東京では、1年に16万件の刑事事件が発生する。

その事件は、東京の102の所轄が担当し、解決していくわけだが…

そこで対応しきれないものは、刑事のスーパーエリート「捜査一課」が担当。

主人公・香坂は1年に何度も事件を解決する、実力のある刑事。

しかし、上司の陰謀により、「所轄」に異動が決まる。

本庁vs所轄の構図が描かれ、香坂は本庁へ返り咲くことができるのか?

そして、個々の正義の先にたどり着くところはどこなのか?

「熱い」刑事ドラマが描かれる。

よく、警察は「権力の世界」だと言われます。

刑事ドラマは、だいたい「権力」や「欲」が描かれますよね。

「小さな巨人」では、まさに半沢直樹のような「欲」や「権力」が

濃く描かれていそう。

そこから這い上がってくる「逆転劇」も注目の1つですね。

まとめ

今回は、小さな巨人の原作や脚本についてまとめました。

2017年4月〜のドラマは、

刑事ドラマが非常に熱い展開を見せそうです。

特に、どの刑事ドラマもそれぞれに特徴があり、

非常に面白そうですよね。

小さな巨人は、半沢直樹の脚本家の方もはいっています。

確実に、面白いドラマになりそうです!

では、まとめに入りましょう!

今回のまとめ!
①小さな巨人の原作はない!
②小さな巨人の脚本家は丑尾健太郎と八津弘幸!
③八津弘幸は半沢直樹の脚本家!
④注目の刑事ドラマをチェックしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です