修学旅行の時期になると、とても準備が大変になってきます。

特に、修学旅行は制服ではなく、私服で行く高校も多いため、私服を購入しておく必要があるでしょう。

私の高校は制服が無く、私服の学校だったため、修学旅行もそこまで代わり映えのないものでした。

 

ただ、普段制服で登校する高校に関しては、初めて私服を見た!という経験があるため、盛り上がると思います。

今回は、修学旅行の服装として、高校生の私服のお手本やいくつかのルールを紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

修学旅行の服装を選ぶ際の最重要項目

修学旅行の服装を選ぶ基準として、いくつか注意しておきたい項目があります。

修学旅行は、今で考えると「つらい」と思えるほど、過密スケジュールになります、

 

そこで、服装選びは「おしゃれ意識」よりも重要なことがあるのです。

 

高校生の修学旅行における私服の選び方
①動きやすさ重視
②体温調節がしやすい服装
③力を入れすぎない

3つとも服装の選び方としては重要ですが、特に重要なのが「①動きやすさ重視」の服装をすることです。

朝から晩まで活動し、とにかく歩く修学旅行。

動きにくい服装は、絶対に避けたいところですね。

 

スポンサードリンク

 

①動きやすい服装とは?

動きやすい服装を考える上で、特に重要なのが「靴」でしょう。

高校生にもなると、女子は高いヒールを履く方もいると思います。

ただ、修学旅行ではヒールは絶対に避けたいところですね。

 

スニーカーなど歩きやすい靴を採用し、修学旅行にあわせて新調するのではなく、履きなれた靴を履くようにしましょう。

 

また、フリフリのスカートだったり、新品で汚したくない服装なども避けます。

修学旅行では、とにかく外での活動が増えますので、何があるかわかりません。

 

すぐに走れるような私服を選ぶことで、不測の事態にもすぐに対応できるでしょう。

 

修学旅行だからおしゃれを楽しみたい!という気持ちが先行して、当日失敗した!という体験談も非常に多いので、注意が必要ですね。

 

②体温調節がしやすい服

私は東北出身で、高校のときは11月ごろに京都に修学旅行に行きました。

京都の冬は寒いと聞いていたので、コートなどをしっかりと着込んでいました。

 

ただ、日中はとにかく歩き回るのが修学旅行。

気づけばコートを脱いでも暑いという状態になっていました。

 

日中、晴天の場合は、11月ごろでも普通に暑いことがあります。

たくさん着込むのも良いですが、中の服を脱げるような選び方がおすすめです。

例えば、「シャツ+スウェット+コート」で、スウェットを途中で脱ぐことができるような構成が良いですね。

 

また、修学旅行では、温度や天気などもしっかりとチェックする必要があります。

基本的に、気候が違うものとして、服装選びまで考えるようにしたいですね。

 

秋〜冬の時期は特に温度管理が重要でしょう!

 

③力を入れすぎない

最後は、力を入れすぎないということ。

確かに、修学旅行の写真は卒業アルバムなどで、一生残る可能性があります。

やはり、きちんとしたおしゃれをしていきたいところですよね。

 

ただ、可愛く&かっこよく見られたいあまり、気合の入りすぎた服装をしてしまうという失敗例もあります。

 

女子でいうと、露出度の高い服装が好例です。

学校でも注意されると思いますが、修学旅行先で何があるかわかりません。

かなり短めのスカートだったり、胸元が大きく開けた服装は、高校生の服装としては不適切。

 

周りもそういった部分を必ず感じ取ってしまうので、「高校生らしさ」を重視しましょう。

 

男子でいうと、普段は着ないような流行のファッションを、急に着てみるといったことですね。

「あ、修学旅行用だな」と一瞬で見分けられてしまいます。

普段から着ている系統の服装を身につけるほうが、旅先でも落ち着くと思いますよ!

 

修学旅行の高校生の服装!モデルのお手本コーデを見てみよう!

ここまでで、修学旅行の高校生の服装における、最低限のルールについて紹介していきました。

続いて、高校生の服装に関して、秋服〜冬服のお手本コーデを紹介していきます。

 

高校生女子の服装(パンツスタイル)

まずは、パンツスタイルのお手本コーデから紹介していきます。

修学旅行では、スカート禁止の高校もあるため、パンツは必ず持っておきましょう。

 

足元に赤色を指していて、清楚でおしゃれな私服となっています。

パンツスタイルなので歩きやすく、体温調節もしやすいでしょう。

 

画像の私服は秋服なので、冬服の場合はコートを羽織るようにしたいですね。

 

高校生女子の服装(スカートスタイル)

こちらはスカートスタイルです。

冬はこの服装にコートを着て、タイツなどを履くようにしてください。

 

ニットやバックパックなどのアクセサリー類によって、清楚だけどおしゃれな雰囲気になっています。

このように攻めすぎず、清楚にコーデをまとめられると良いと思います。

 

高校生男子の服装

若干、トレンドから外れてしまいましたが、こちらもシンプルでおしゃれな服装となっています。

秋〜冬はコートなどに合わせて、中のニットやシャツを決めていくと良いでしょう。

 

ただ、途中で暑くなったら、ニットなどを脱げるようにシャツをきちんと着ておきたいですね。

 

コートの中に差し色を入れると、おしゃれに見えますね。

バックパックやストールなどをうまく組み合わせて、爽やかにまとめていけると良いでしょう!

 

修学旅行の高校生の私服を実際に見てみよう!

最後に、実際の修学旅行の私服を見ていきましょう。

高校生の私服は、どのようになっているのか?

 

少し画像が暗くなってしまいましたが、高校生女子の私服はこのような感じです。

みなさんかなりおしゃれで、動きやすい服装で統一されていますね。

 

こちら、男子高校生の修学旅行の風景。

個性がよく見えるグループですが、先程の①〜③の法則がきちんと守られています。

 

修学旅行の服装については、おしゃれなものを選びたいと思うでしょう。

ただ、修学旅行だからといって、普段とは違う服装を意識する必要は無いと思います。

まずは修学旅行そのものを楽しめるように、服装の準備をしていきたいですね。

 

まとめ

今回は、修学旅行の高校生の服装に関して、どのように選べばよいのか?について解説をしていきました。

修学旅行の服装は、動きやすさや体温調節のしやすさなど抑えておくべきことがたくさんあります。

 

もし、おしゃれに挑戦するときは、事前に友達などに見せて、反応を確認しておくと良いかもしれませんね。

では、まとめをしていきましょう。

 

①修学旅行の服装は動きやすさ重視で
②体温調節ができるように、重ね着などを駆使する
③いつもの服装と違いすぎる服装は避ける
④靴はスニーカーなど歩きやすいものを選ぶ

 

 

 

スポンサーリンク
コメントを残す

修学旅行の関連記事
  • 【修学旅行の服装】高校生の私服のお手本とは!秋〜冬用コーデを解説
  • 修学旅行の簡単髪型アレンジ7選!ショートカット編を動画で解説
  • 修学旅行の簡単髪型アレンジ10選!ボブ〜ミディアム編を動画で解説
おすすめの記事