8b497c4b

1月に解散騒動を起こしたSMAP。

一度は収束し、収まったものと思っていましたが、やはりSMAPの間には決定的な溝ができてしまっていたのです。

8月13日にSMAPの正式な解散が発表され、解散騒動が現実となったのです。

 

SMAPの中で一番の不仲は木村拓哉と香取慎吾。

香取慎吾は相当キムタクを嫌っているようで、もう一緒にライブをしたくないと言い張るほどに、両者の溝は深まっていたようです。

さて、そんなSMAPの解散騒動。

SMAPは昔から不仲だったと言われているんですよね。

 

これに関しては噂程度のものでしたが、現在このように解散となっていますから、やはり昔から不仲だったと思われますね。

 

さて、今回はSMAPの不仲はいつから?という情報に加え、SMAPの解散騒動の決定的な理由に関して情報をまとめていきたいと思います!

では、始めていきましょう!

 

スポンサードリンク

SMAPの不仲はいつからなの?

55554afc

さて、SMAPの不仲による解散に関して、その溝はいつからできていたのかについて振り返ってみましょう。

 

SMAPの不仲が完全に露呈してしまったのは、当然あの解散騒動です。

あのときから、木村拓哉vs四人という構図が出来上がり、香取慎吾に関してはリーダーの中居正広がいくら説得をしても、首を縦にふることはなかったそう。

では、SMAPのが不仲なのでは?と言われた経緯を見ていきましょう。

 

遡ると1992年から不仲か?

さて、SMAPの不仲はいつから?ということですが、決定的なエピソードが「中居正広vs木村拓哉」の殴り合いのケンカです。

 

1992年に行われた舞台「ドラゴンクエスト」で日程が詰まっている中、その事件は起きました。

ホテルで、中居正広と木村拓哉が殴り合いのケンカをしたのです。

これに関して、木村拓哉は事実だと認めています。

 

その時のエピソードを見てみましょう。

ホテルの部屋の(チャイムが)ピンポーンって鳴ったんで、”誰だろう?”って開けたら、いきなり髪の毛つかまれて、ガーッって。それで”他のメンバーはお前のことが嫌いなんだ!”って言ってましたね~(笑)で、わりと狭めの一人部屋の中で、殴り合いしてましたねぇ。

 

殴り合いは10分以上続いたとのこと。

次の日も舞台があったようで、顔をパンパンに腫らした状態で舞台に出ていたんだとか。

そこでファンは不仲を察したようです。

 

ただ、ファンの方々は「中居くんはキムタクのことを尊敬しているのだとばかり思っていた」と話しており、昔から不仲だったのにそれを上手く隠してきたんだなと思います。

 

この時も中居くんが「他のメンバーもお前のこと嫌い」と言っているので、図式的には「木村拓哉vs4人」の構図ができあがっていると思われます。

 

この時の殴り合いの理由に関して、次のように言われています。

SMAPはまだ発足して売出し中の身だったにも関わらず、木村拓哉の態度があまりにも悪いとメンバー間で話し合いが持たれていました。

 

それで代表して、中居が木村拓哉のことを教育しに行ったとのことです。

この辺もジャニーズの体育会系の部分が出ている気がします。

 

スポンサードリンク

不仲が解消されたかと思われた2014年

この後、SMAP不仲説は長く続きます。

ただ、それを払拭する出来事が起きるのです。

 

今まで、キムタクと中居くんはコンサートの最中に話すことはおろか、目を合わせることもしない状態だったといいます。

 

しかし、2014年のドームコンサートの際にそれを払拭する出来事が起こるのです。

これは、SMAPのエピソードではかなり有名。

 

「木村拓哉と中居正広が手を繋いだ」

 

この瞬間、ドームが揺れたそうです。

それくらいファンは驚いたエピソードになったよう。

 

不仲説払拭のためかも知れませんが、それでもこの2人が手をつなぐのは異常なことだったようです。

 

しかし、崩壊は続く

このような中、不仲説に関して信憑性が増すエピソードが出てきます。

 

それが、2014年の「27時間テレビ」での出来事。

記憶に残っている人も多いのではないでしょうか?

 

そうです、45分間のノンストップライブで中居が体調不良に陥ってしまった時のことですね。

この時、27時間の間睡眠0に続き、年齢的な部分や痛み止めを飲んでライブに出ていたことなども絡んで、中居が最後までライブをやり遂げることができなかったのです。

これに関して中居は、後々のインタビューで「ぶざまな姿をみせた」と猛省。

 

それとは対照的に、非常に厳しい表情を見せていたのがキムタク。

後日談で、この時のキムタクの様子が語られました。

ステージからフジテレビに戻る最中には、何事かを叫んで手首につけていたアクセサリーを床に叩きつけた。その怒りの矛先は、常に不仲が伝えられる中居に向けられていたのは明白。

おそらく、相当キレていたのでしょう。

キムタクは、「プロ意識が欠けていること」に関してキレていたそうですね。

 

ただ、この27時間テレビの最中、不仲そうな場面が度々目撃されています。

中居が何度キムタクに対して呼びかけても、キムタクは完全無視。

 

そういう場面がかなり頻繁に目撃されていたとのこと。

 

解散前の決定打!?SMAP全体のムードは険悪に

解散騒動前に放送された「ジョブチューン」という番組で香取は不仲を決定づける暴露をします。

番組内で中日ドラゴンズの平田良介選手から「チームメイトと仲良くする秘訣は?」と香取に質問します。

そこで返ってきた答えは驚くべきものでした。

 

「まず…仲悪いすよ」

「だって…楽屋なんて….それこそ一言もしゃべらないすよ」

「楽屋で僕らがワイワイやってると思いますか?」

「(中居くんが木村くんに)おい木村〜とかやってるみたいな…」

 

メディアではじめてここまで大きな不仲発言をしたということで、共演者もかなり困惑していたそうです。

もう、この収録が解散騒動手前でしたから、限界が近づいていたのかもしれないですね。

 

香取に関しては、木村にパシリにされていたなどなかなか闇の不快エピソードがあります。

解散騒動は、本当に限界の現れだったのかもしれません。

 

不仲はいつから?という話題について、でしたが….

これに関しては、結成当時からとは言わないまでも「長い間ずっと」という言葉が的確でしょう。

何度も解散しかけたSMAPでしたから、溜まりに溜まっていた闇が一気に放出されているという状態のようですね。

 

最新の解散の真相

smap-bpo-kusanagi-01

さて、解散騒動に関して、真相はどうなの?という疑問がかなり湧き上がっているようです。

 

大方のメディアは、「木村に対して、香取がかなり嫌悪感を抱いている」

「完全に仲違いした」「木村の解散騒動での身の保身が原因」などなど、木村に原因があるように書かれていますね。

 

これに関しては紛れも無い真実でしょう。

ここまできて、木村に原因がないはずがありません。

 

一度は「活動休止」で収まったSMAP。

しかし、その後の会議で木村を除く4人が、ジャニー社長の元を訪れます。

 

そして、香取が「活動休止にするなら解散したい」と強く切望。

この後に多数決を取り、3対2で解散が決まりました。

 

2のうちの1人は木村。

もう一人は中居だったそうです。

中居は、今後もこの関係性を保ちながらでもニュートラルに続けていけると思ったと話しており、解散までは視野に入れていなかったそうです。

 

ただ、香取の解散への思いは相当だったようですね。

 

SMAP解散に関して、今まで溜まってきた闇の部分が一気に凝縮されて出てきてしまったのだと思います。

木村に対する不信感も、グループ内の不仲も。

昔から溜まってきてしまった結果の、解散。

 

これは偶然などではないですよね。

上手く舵をとってくれていた女性マネージャーがいなくなったことで、SMAPのバランスも完全に崩れてしまったのでしょう。