年明けの初売りで、少々気になることを発見してしまいました。

それが、「靴のサイズ」です。

例えば、日本国内で購入するならば、そのほとんどが「26cm」だとか「26.5cm」のようなcm表記になっていますよね。

 

しかし、ブランドのお店に行くと、こんな表記を見つけることができます。

「サイズ37」、「サイズ41」....

え、37cm?なんて思ってしまう方もいるかもしれませんが、これは一体どれくらいの大きさを指すのでしょうか?

 

今回は、US表記やUK表記のサイズに関して、日本のcm表記に直すとどれくらい?という疑問にお答えしていきましょう。

 

スポンサードリンク

【早見表】靴のUS・UKサイズを日本表記にしてみよう

まずは、早見表を見ていきましょう。

靴のUSサイズ・UKサイズ表記を、日本のcm表記に直していきます。

まずはレディースサイズから見ていきましょう。

 

 

<UK/USサイズ早見表(レディース)>

日本(cm) アメリカ(US) イギリス(UK)
22.0 4.5 3.0
22.5 5.0 3.5
23.0 5.5 4.0
23.5 6.0 4.5
24.0 6.5 5.0
24.5 7.0 5.5
25.0 7.5 6.0
25.5 8.0 6.5

 

こちらが、レディースの靴のサイズ表記ですね。

サイズ表記では、USサイズ、UKサイズでかぶる部分がある点に注意。

勘違いしてしまうと、サイズが合わない!なんてことも。

 

では、続いてはメンズのサイズ表記を確認していきましょう。

 

 

<UK/USサイズ早見表(メンズ)>

日本(cm) アメリカ(US) イギリス(UK)
24.0 6.0 5.5
24.5 6.5 6.0
25.0 7.0 6.5
25.5 7.5 7.0
26.0 8.0 7.5
26.5 8.5 8.0
27.0 9.0 8.5
27.5 9.5 9.0
28.0 10 9.5

 

以上、USサイズ、UKサイズを日本サイズに直したところの早見表になります。

特に、アウトレットの海外ブランドによく使われているサイズ表記ですね。

ほかだと、古着屋にもこのサイズ表記が多かったりします。

 

基本的に、海外から輸入されてきた靴は、日本のcm表記が書かれていません。

サイズ表記としては、UK、USがメジャーですね。

 

ただ、他にもサイズ表記はあります。

それが、「フレンチサイズ(EUR)」です。

続いては、フレンチサイズの表記に関してもまとめていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

フレンチサイズを日本表記に変換

続いては、フレンチサイズを日本のサイズ表記に変換したものを紹介していきましょう。

特に、ヨーロッパ古着でよく見るフレンチサイズ。

次は、フレンチサイズを日本のサイズ表記に直していきましょう。

 

<フレンチサイズ対応早見表(レディース)>

 

日本(cm) フレンチ(EUR)
22.0 35.5
22.5 36
23.0 36.5
23.5 37
24.0 37.5
24.5 38
25.0 38.5
25.5 39

 

フレンチサイズになると、かなり数字が大きくなりますよね。

冒頭でもお話した、サイズ37といった数字はフレンチサイズの表記になっています。

 

では、メンズの方も見ていきましょう。

 

 

<フレンチサイズ早見表(メンズ)>

日本(cm) フレンチ(EUR)
24.0 39
24.5 39.5
25.0 40
25.5 40.5
26.0 41
26.5 41.5
27.0 42
27.5 42.5
28.0 43

 

以上、フレンチサイズの早見表でした。

靴のサイズ表記に関しては、ヨーロッパ系の古着屋でよく見る表記ですよね。

 

フレンチサイズは、イギリス以外のヨーロッパ諸国で採用されています。

もし、このサイズ表記を見たときは、上の早見表を確認してみてくださいね。

 

USとUKサイズがどちらかわからない....

みなさんも気になったと思いますが、USサイズとUKサイズで「数字がかぶっている」ところがありますよね。

例えば、以下のような数字。

 

  • USサイズ:6→24cm
  • UKサイズ:6→24.5cm

 

このように誤差の範囲内ではありますが、若干数字が変わってしまいます。

こちらの判断方法はどうすればよいのでしょうか?

 

これは基本的な部分になりますが、海外ブランドの靴ではUS/UK/フレンチのサイズがすべて書かれています。

どういうことか。

以下の画像を御覧ください。

 

 

この靴も.....

 

このように、大体の靴がすべてのサイズ表記をしてくれているのです。

二枚目の画像に関しては、日本のcm表記もしっかりと載せてくれていますね。

 

王手のファッションブランドでは、cm表記にしっかりと対応してくれているところが多いです。

ただ、高級ブランドや古着系だと、cm表記に直されていない場合が多い傾向にあります。

 

もし、USサイズしか書かれていない!という場合や、UKサイズしか書かれていない!という場合、必ず店員さんにサイズを確認するようにしてください。

 

もちろん、ためし履きも必要。

靴は必ず履いてから購入を検討しましょう。

 

 

正しい靴のサイズの選び方

USサイズやUKサイズ、フレンチサイズの変換については、大体の方がわかっていただけたかと思います。

もし、不安な場合は、店員さんに聞いてみることをおすすめしますよ。

 

最後に、靴のサイズに関して、正しい選び方はどうする?という情報をまとめていきます。

靴のサイズに関しては、どのように選ぶのが正しいのかわからない!という方も多いですね。

 

靴のサイズの選び方は、以下のようなポイントを抑えましょう。

 

靴のサイズの選び方
・足の実寸と足幅を図ってもらう
・捨て寸を1cm〜1.5cmにする

靴のサイズの正しい選び方のポイントは、以上の2つです。

 

まずは、足の「実際の大きさ」を図ってもらうこと。

足の実際の長さと幅を測ることで、正しい足の大きさを計測することが可能となります。

 

実際に、足の実寸を測ることができたら、靴のサイズを選んでいきます。

こちらに関しては、「捨て寸」を1cm〜1.5cmにしていきます。

 

捨て寸とは、実際の足より大きめの靴をはく際の「余り」の部分ですね。

 

例えば、捨て寸を1cmにするなら.....

足の実寸が26cm→靴は27cmを購入!

 

このように、実寸と靴の大きさの差を1cm前後にすると、正しいサイズの靴をはくことが可能ですよ!

 

まとめ

今回は、靴のサイズに関して、US表記やUK表記をcmに対応させていきました。

古着屋やセレクトショップで、どうしても迷ってしまうこの表記。

手早く確認して、楽しく買い物ができることを願っております!

スポンサーリンク
生活の関連記事
  • 子供の好き嫌いに新常識!偏食はある工夫で改善できるって知ってた?
  • 【靴】USやUKサイズを日本表記に変換!サイズ5やサイズ7って何cm?
  • 【服のサイズ】36・38・40はS・M・Lのどれくらい?対応表まとめ
  • ミルクティーなのになぜ透明?作り方の仕組みと体への影響まとめ
  • ヒアリを見つけたら警察へ!似てるアリや見分け方のポイントを解説
  • 【注意】ヒアリに刺された場合の怪我のレベルとは?処置や対処法も解説
おすすめの記事