毎日暑い....

ここまで暑いと、外に出るのも面倒になります。

 

毎日、そうめんと冷やし中華を食べて、家に引きこもる。

夏を乗り切るには、これが一番なのではないか?

そう考えてしまうほど、クーラーの部屋にこもっていると楽ですよね。

 

しかし、そんなわけにもいかず.....

ストレス社会を生き抜かねばなりません。

 

さて、そんな暑い夏にやってくるものといえば、夏バテではないでしょうか?

毎日、さっぱりとしたものを食べていたり、クーラーのきいた部屋から外出するといったことから、夏バテは起こります。

 

そんな夏バテが原因で、生理不順に陥る。

このような事例が少なくないようです。

 

今回は、夏バテから来る生理の遅れの原因と、その対処法を解説していこうと思います!

では、始めて行きましょう。

 

スポンサードリンク

夏バテの原因と症状を簡単に

本題に入る前に、夏バテが起きる原因とメインとなる症状を簡単に解説します。

前座が長くなるといけないので、スピーディーな解説になりますので、ご注意ください!

 

まず、夏バテの原因ですが、大きなもので以下の三点が挙げられます。

 


POINT

夏バテの原因

  1. 室内と外気温の差による自律神経の乱れ
  2. 発汗による脱水
  3. 睡眠不足

これらが、夏バテの原因になります。

 

①に関しては、

クーラーのきいた部屋から、暑い外に出ることで体温調節の機能に狂いが出てきます。

その結果、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

 

②に関しては、脱水による体の不調です。

クーラーが効いた部屋でも、脱水は起こります。

 

また、外に出ると、当然汗をかきますよね。

こまめな水分補給が非常に重要になります。

 

③に関しては、夏の暑さによる、睡眠不足です。

暑いとなかなか寝付けない....

それが原因で、睡眠不足になってしまうことも多い様子。

 

これらの原因から、体の不調が現れ、夏バテになってしまうのです。

では、夏バテは主にどんな症状が出てくるのか?

それは、以下のとおり。

 


POINT

夏バテの症状

  1. 全身の倦怠感
  2. 食欲不振
  3. 夏風邪

これが、夏バテの症状です。

①、②の症状が出てきて、体調を崩し、夏風邪にかかってしまうというサイクルになります。

 

夏バテといえば、あのだるさが厄介ですよね。

何もしたくない。

だけど、無理して会社に行かなければならない。

 

このようなシチュエーションは、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そして、無理をして夏風邪にかかり、結局ダウンしてしまう。

夏バテは、以外に厄介なものなのです。

 

では、そろそろ本題に入っていきましょう。

夏バテが原因となる、生理不順はあるのか?

なぜ、生理が遅れてしまうのか。

 

この理由を解説していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

夏バテによる生理不順はあるのか?原因を解説

では、夏バテによる生理不順について、解説をしていきます。

まず、夏バテで生理不順は実際に起こるのか?という根本的な解答ですが.....

 

夏バテで、生理不順は起こります。

そもそも、夏は生理が遅れやすい季節として有名なのです。

 

今回は、「夏バテ」というキーワードを使っていますが、

夏バテの症状はなくとも、生理が遅れてしまうことも多い様子。

 

では、なぜ生理が遅れてしまうのか。

その理由としては、以下の原因があります。

 


POINT

夏バテで生理不順が起こる原因

  • ホルモンバランスが乱れている

→ストレスによるもの

→栄養バランスの乱れなど不規則な生活


 

夏に生理が遅れやすい原因として、ホルモンバランスの乱れがあります。

 

ホルモンバランスが乱れる原因として、理由は二点。

上述の通り、ストレスと不規則な生活です。

 

この、不規則な生活の部分が「夏バテ」と直結しています。

夏バテが原因となり、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

 

では、ここから少し詳しく解説を加えていきます。

 

①ストレスが原因となる生理不順

ストレスが原因の生理不順と書きましたが、これは「夏のイベント」が原因しています。

 

夏はどうしても対人イベントが増えますよね。

夏まつりなど、人が多い場所に出向くことも多くなってきます。

 

こういったイベントごとが原因となり、知らず知らずのうちにストレスや疲れが溜まっていくのです。

とにかく、無理をしないことが重要でしょう。

 

②不規則な生活が原因となる生理不順

おそらく、こちらの原因が非常に大きいでしょう。

夏バテになったり、夏の暑さが原因でホルモンバランスが乱れることは多いです。

 

これは、不規則な生活を送っていない!という方でも、

知らないうちにやってしまっているものが原因。

 


POINT

知らずのうちにやっている不規則な生活

  • さっぱりとしたものばかりを食べている
  • 寝不足

 

やはり、夏はそうめんなどといった、さっぱりとしたものが多く食べられます。

ガッツリしたものは、あまり食べたくなりませんよね?

 

これが、大きな落とし穴。

意識して食べるようにしないと、栄養が偏ってしまうのです。

 

夏は「ビタミンB群」が不足しがち。

こうした栄養素が足りなくなって、夏バテを起こしてしまうのです。

 

また、先程も説明した「睡眠不足」も原因の一つ。

今日はしっかりと寝るぞ!と意気込んでも、暑さで寝付けない。

不規則な生活を送っているつもりがなくとも、結果的に睡眠不足を起こしてしまう。

 

このように、意識して気をつけないと、改善できないものが多いのです。

では、続いて、夏バテによる生理不順を改善する方法を解説します。

 

といっても、これらの原因を見ていれば、簡単にわかることですよね。

 

夏バテによる生理の遅れを改善するには?

これまでの原因を見てもらえば、だいたいわかると思います。

夏バテによる、生理不順を改善するには、ホルモンバランスを整えることが一番。

 

ホルモンバランスを整えるには、意識的に以下の方法を試してください。

 


POINT

  1. 意識して栄養を摂ること!
  2. 意識して早寝をすること!

とりあえず、できることはこの2つのみ。

では、少し深掘りをしてみましょう。

 

 

意識して「何を」食べればよいの?

夏バテを改善し、食生活の乱れを治すには、「ビタミンB1」「クエン酸」など栄養をしっかりと摂る必要があります。

 

では、ビタミンB1やクエン酸は、どんな食べ物を食べればよいのか。

 


POINT

夏バテに効く食べ物

  • 豚肉
  • ほうれん草
  • うなぎ
  • 玄米
  • にんにく
  • ニラ

これが、夏バテに効く食べ物になります。

特に、豚肉がよく効きます。

 

ただ、たしかに夏は不足しがちな食べ物ですよね。

こういった食べ物をしっかりと食べることで、栄養を確保することができます。

 

 


参考

暑いから食べたくない!という場合

  • レモン
  • オレンジ
  • 梅干し
  • オクラ
  • やまいも

飲み物でも対応可能

  • スポーツドリンク
  • 甘酒
  • トマトジュース

でも、暑いから食べたくないよ!という方は多いです。

その場合は、上のような食べ物を意識的に取り入れるようにしましょう。

 

筆者がオススメするのは、甘酒です。

 

甘酒はビタミンB1が豊富に含まれており、その吸収率も9割以上という「飲む点滴」と呼ばれるほどの飲み物です。

 

甘酒は安値で買うことができるため、こうした飲み物から栄養を補給することも可能になります。

 

ただ、やはりきちんとした食生活を心がけることが、非常に重要でしょう。

マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL 1000ml×6本
 

睡眠不足への対策

次に、睡眠不足への対策です。

「早く寝ろって言っても、暑くてねれないのよ!」

このような声が聞こえてきます。

 

まず、「意識して」寝る時間を早めましょう。

例えば、いつもは11時に布団に入るところを、10時にしてみる。

 

夏バテや夏風邪を引いている時は、最低7時間は睡眠を取るようにしてください。

そのために、一番はやくできる対策は、早めに布団に入ることです。

 

ただ、それでは暑さが改善されていませんよね。

もし、クーラーがある部屋ならば、クーラーをつけて、タイマー機能を利用してください。

 

「寝るときにクーラーをつけるのはちょっと....」

という方も、寝れないよりはましです。

 

もし、クーラーがない場合は、アイスノンを首元に入れたり、

扇風機を利用してください。

 

また、以下のようなジェルパッドを敷いて寝たり、

バスタオルを引いて寝ると、布団が熱くなりません。

 

おすすめはバスタオルの方ですね。

布団に敷く、大きなバスタオルは本当に寝心地が良くなります。

(仕組みはわかりませんが、熱を感じないんです。)

 

こうした暑さ対策をしっかりと、「意識的に」組み込んでください。

まずは、対策を立てることですよ。

 

まとめ

今回は、夏バテによる生理不順の原因や対処法などをまとめていきました。

夏は栄養不足や睡眠不足が起きやすいです。

これらの対策をしっかりとたてることで、ホルモンバランスの乱れがなくなります。

 

もし、不安な場合は、必ず病院にいきましょう。

これまで書いた対策は、夏バテの対策をメインに書いています。

病気の可能性もしっかりと考慮に入れてくださいね。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

生活の関連記事
  • 子供の好き嫌いに新常識!偏食はある工夫で改善できるって知ってた?
  • 【靴】USやUKサイズを日本表記に変換!サイズ5やサイズ7って何cm?
  • 【服のサイズ】36・38・40はS・M・Lのどれくらい?対応表まとめ
  • ミルクティーなのになぜ透明?作り方の仕組みと体への影響まとめ
  • ヒアリを見つけたら警察へ!似てるアリや見分け方のポイントを解説
  • 【注意】ヒアリに刺された場合の怪我のレベルとは?処置や対処法も解説
おすすめの記事