【三者三葉】2期製作情報まとめ!可能性はどれくらい?

images

ほのぼのとした日常系の中に流れる、三人の個性がとっても良く描かれています。

三者三葉!

キャラは可愛いく、

急に入るギャグでクスッと笑える!

2016年の春アニメは、

ほのぼのとした日常系が他の時期よりも多かった気がします。

しかし、それぞれしっかりと棲み分けされていたので、

飽きずに見れた部分もありましたよね。

三者三様は、ギャグ要素の入った日常系でした。

また、物語にもしっかりと動きがあり、

日常系でもストーリーを楽しめる部分が、とても楽しかったです!

では、そんな三者三葉は2期の製作をするのでしょうか?

今回は三者三葉の2期の製作に関して、

円盤の売上や原作のストックから可能性を検証していきましょう

スポンサーリンク

三者三葉の2期製作情報まとめ!

早速、本題です。

三者三葉の2期製作の可能性を検証していきます!

まずは円盤についてです。

三者三葉の2期を円盤から見る

ダウンロード (14)

三者三葉の2期の可能性を、

円盤の売り上げから見ていきたいと思います!

アニメの続編を製作するには、何が重要になるのか。

それは、「製作委員会の財政状況」です。

アニメを製作するのは、

当然の話しですが、タダではありません。

制作費がかなりかかっているわけです。

その制作費は、様々な方法で回収する必要があります。

製作委員会が赤字であれば、

2期製作の可能性は消滅してしまうのです。

反対に、収支が黒字化できていれば、製作委員会も2期をやろう!

このような意気込みに変わります。

つまり、重要なのはお金の問題ですね。

そのお金を回収する際、

一番大きな収入になるのが、円盤の売上です。

円盤の売上の大きさによって、

2期製作が可能かを判断することができるわけです!

では、三者三様の円盤売上のデータを確認して行きましょう!

データ:三者三様の円盤売上(全6巻)
01巻→3,089枚
02巻→2,144枚
03巻→1,721枚
04巻→1,819枚
05巻→1,697枚
06巻→1,839枚

売上的には、

非常に微妙であったといえます。

2期の製作に移行する作品の、

円盤の売上は最低でも5000枚近い売上を出さなければなりません。

最近のアニメ業界は、

円盤が売れない傾向にあります。

その中で、この円盤の売上は

「可もなく不可もなく」という数字ですね。

三者三様のこの円盤の売上では、

2期製作は非常に厳しいという予想が立てられます。

グッズ売り上げ等も、

大きな収入は見込めません。

このままでは、

2期製作は確実に不可能といえるでしょう!

では、三者三様の原作ストックを確認していきます。

スポンサードリンク

三者三葉のストックは足りているのか?

三者三様の原作は、漫画です。

原作のコミックスは、2017年2月現在、12巻まで発売されています。

ちなみに、三者三様は原作が「4コマ漫画」なのです。

まんがタイムきららで連載。

作者の荒井チェリーさんは、

同雑誌で「未確認で進行形」も執筆していました。

では、原作のストックは残っているのか?

結論から言いますと、

原作のストックは残っています!

1期では、原作の様々な部分を取って、アニメにしていました!

文化祭の話に至っては、

最新刊の12巻の部分がアニメ化されています。

ただ、全体的な量から見ると、

まだ2期を製作できるストックは残されていると思われます。

【結論】三者三様の2期製作の可能性

ダウンロード (15)

では、ここまでの考察から、

三者三様の2期製作の可能性を検証していきましょう。

三者三様の2期製作の可能性は….

ほぼ0%!

やはり、大きなネックが円盤の売上です。

売上の枚数から考えると、

高い可能性で2期製作には移行しません。

売上の枚数的に、黒字化は達成しているでしょうが…

その後の2期を製作する話は、

現段階では考えないレベルの売上だと思われます。

原作のストックに関しては、

2期製作のラインをしっかりと超えていますね。

やはり、大きな問題は製作委員会の財政状況といえるでしょう。

続編を製作するならば…

ここまでで、2期製作は絶望的であると結論が出たかと思います。

ただ、続編に関しては希望があります。

最近、コミックスに限定版という形で

OVAを付属した販売方法が取られる傾向にあります。

特に、この手の日常系のアニメは、

1話完結の物語を作りやすい点を考慮し、OVAで続編を作る方法が一般的。

つまり、続編に関してはOVAの発売があれば、

可能性はあるのです。

ただ、三者三様はコミックスの発売間隔が、

非常に長いという問題も抱えています。

直近の発売日のデータを参考にしましょう。

データ:三者三様のコミックス発売日
9巻→2012年2月27日発売
10巻→2013年5月27日発売
11巻→2014年8月27日発売
12巻→2016年3月26日発売

1年に一度の発売。

筆者が驚いたのは、

三者三様は2003年から連載されているという点。

やはり、4コマ漫画ということで、

長い間連載されるわけですね。

もし、OVAがついてくるのであれば、

13巻の発売される2017年の夏頃になるでしょう!

気長に待つ必要がありそうです。

まとめ

今回は、三者三様の2期製作の可能性を検証しました。

もし、2期製作を応援したいならば、

円盤の購入を検討してみてください!

それが一番の応援になります。

また、2期の応援をするなら、グッズの購入も検討してみてください!

そちらも、大きな利益をもたらしますよ!

では、まとめに入ります!

今回のまとめ!
①三者三様の2期製作の可能性は低い!
②三者三様の円盤は平均2000枚の売上
③原作ストックはある
④続きが見れるとすれば、OVAのみか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です