【冴えない彼女の育て方】3期の可能性を検証!放送はいつごろ?

ハーレム系のアニメとしては、かなり上位に位置する人気になりました。

「冴えない彼女の育て方」は2期まで放送され、高い人気を裏付けていますね!

このアニメは、好き嫌いが分かれると思いますが、人気は本物。

キャラ人気にせよ、原作の人気にせよ、なかなか上々の結果といるでしょう。

さて、そんな「冴えカノ」ですが、3期の放送はあるのでしょうか?

人気的には全く問題ないかもしれませんが、それ以上にアニメ3期には大きな壁が存在するのです。

今回は「冴えカノ」のアニメ3期の可能性を検証していきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

冴えない彼女の育て方の3期制作の可能性を検証

では、冴えない彼女の育て方の3期製作の可能性を検証していきましょう。

アニメの続編では、「製作委員会の財政状況」「原作のストック」が重要になってきます。

また、3期になると、2期よりも1期の人気が落ちていないか?なども計算に入れる必要があるため、様々な角度から考えていく必要があります。

では、まずは、円盤の売上からみていきましょう。

円盤の売上からアニメ3期を見る

まずは、円盤の売上から、冴えカノの3期を検証していきましょう。

アニメの続編を検証する際、なぜ円盤の売上を見る必要があるのか。

それは、製作委員会のお金の事情が絡んでくるからです。

アニメは無料で見れますが、当然、製作費はかかっています。

その製作費は、どのように回収するのか?といいますと、スポンサー収益はもちろんのこと、大きな部分を占めているのが、「円盤の売上」なのです。

製作委員会が赤字であれば、当然続編は作られません。

しかし、黒字化できていれば、はじめて3期を作ろう!と製作委員会が動き出します。

その財政状況を計るものが、円盤の売上になるわけですね。

では、冴えカノの2期の円盤売上はどうだったのか。


データ

冴えカノ2期の円盤売上

1巻→10254枚
2巻→2017年8月23日予定
3巻→2017年9月27日予定
4巻→2017年10月25日予定
5巻→2017年11月22日予定
6巻→2017年12月27日予定

※データが揃い次第、追記します。


では、2期の円盤売上を見ていきましょう。

1巻の売上が1万枚超え!

厳密に検証するならば、すべての巻数を見比べる必要がありますが、現状は「成功アニメ」という分類にしておいても良いでしょう!

現状、円盤売上だけで見る、3期制作の可能性は70%程度だといえます。

ちなみに、冴えない彼女の育て方はグッズ売上も非常に良いです。

とにかくキャラ人気が高いアニメですから、様々な場でのグッズ売上や、公式サイトのグッズ売上も上々の様子。

3期制作の可能性は十分だといえるでしょう。

さて、もう一つ重要な事があります。

それが、1期に比べて、2期の円盤売上が落ちていないか?という部分。

この部分が、冴えカノ3期を大きく左右することは間違いないです。

これまで、様々なアニメの続編記事を書いてきましたが、

1期>2期の円盤売上で、3期が作られたアニメはほとんどありません。

(ジャンプ系のアニメは例外です。)

アニメ3期を制作することは、とにかく難しい傾向にあることを知っておきましょう。

では、比較するために1期の売上を見ていきます。


データ

冴えない彼女の育て方1期円盤売上

1巻→合計 13,281枚
2巻→合計 9,787枚
3巻→合計 9,155枚
4巻→合計 9,130枚
5巻→合計 8,671枚
6巻→合計 8,627枚
7巻→合計 8,560枚


だいたい、平均で1万枚ほどでしょうか?

キャラ人気が高かったため、グッズ等の売上もなかなか高いものがあったようです。

現状、アニメ1期>アニメ2期の円盤売上になっています。

この後の推移によっては、3期の可能性がなくなる可能性も。

まずは、2期1巻の売上が、1期の1巻の売上に追いつく必要がありそうです。

原作ストックから冴えカノ3期を見る

冴えない彼女の育て方に、原作のストックは残っているのでしょうか?

冴えない彼女の育て方は、現状12巻が発売されている状態です。

そして、次の13巻で最終巻となる予定となっています。

さて、アニメ2期ではどの部分までアニメ化されたのでしょうか?

冴えない彼女の育て方のアニメ2期では、原作の7巻の途中まで放送されました。

つまり、原作のストック的には、全く問題ないと思われます。

2期の終わり方的に、3期が無いとおかしいような内容になっています。

ただ、いきなりアニメ3期はやってこないでしょう。

(過去のデータから推測しています。)

では、先程保留にしておいた、3期はハードルが高いという理由をお話します。

スポンサードリンク

冴えカノのアニメ3期への障壁

基本的に、アニメの3期が放送されることは少ないです。

日常系の「萌えアニメ」などは、3期以降も放送されることが多いですが、アニメ3期は非常にハードルが高いのです。

例えば、「SAO」や「けいおん」は、続編が作れる状態にあるにも関わらず、製作されていません。

ただ、こちらは別枠のアニメですし、けいおん等に関しては2期で完結になってもおかしくない内容でした。

しかし、「ノイタミナ」枠のアニメはこれまで一度も3期を放送したことはありません。

冴えない彼女の育て方はノイタミナ作品の中でも、トップに近い人気ですから、前例がない状態でも製作される可能性はあります。

ただし、いきなり3期を作るのではなく、他の道もあると思われます。

劇場版をクッションに?

3期が制作される前に「劇場版」が製作される可能性が高いです。

アニメ2期まで放送し、少し間をあけて劇場版の放送をする。

アニメ業界の傾向を考えても、劇場版をクッションにしてくる可能性は大いにありますね。

ストック的な部分を見てみると、2期→7.5巻まで放送。

最終巻が13巻と短編もあるので、そのうちのいくつかを集めて、劇場版を作る可能性があると見て良いでしょう。

ただし、円盤の売上は良かったので、3期or劇場版orOVAの中で続編が作られることは確実と言えますね。

結論とまとめ

今回は、冴えない彼女の育て方に関して、円盤の売上や原作ストック、その後の方向性などをまとめました。

結論から言いますと、冴えない彼女の育て方の3期の可能性は、70%ほどでしょう!

3期の製作は、非常に多くのハードルを超える必要があります。

ただし、円盤の売上などを見ても、続編が作られることは確実。

まず、劇場版などを挟み、その反応を見てから3期製作などの流れも十分にあると思いますよ。

続編制作が決定次第、この記事も追記していきます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です