Cfb05bGUAAAtcP4

またもや高校生からメダル候補!

同じ高校生の池江璃花子選手と切磋琢磨しあう関係。

 

この二人が競泳界に旋風を巻き起こすか!?

今後が非常に楽しみな選手の1人である長谷川涼香選手。

 

先日行われた東京都代表選考会の200Mバタフライ。

なんと、長谷川涼香が今期世界ランキング3位となる記録を叩き出します。

 

この記録は15年に行われた世界選手権の銀メダルに相当する記録で、リオ五輪の銀メダル候補に急浮上したのです。

女子高生の新生がリオに旋風を巻き起こします!

 

さて、今回は200Mバタフライで好記録を残した長谷川涼香に関する情報をまとめていこうと思います。

長谷川涼香選手のこれまでについてやプロフィール、そして父親の人物像やバタフライの魅力に関する情報もまとめていこうと思います。

 

また、長谷川涼香選手は嵐の大ファンということで、そちらの情報に関してもまとめていこうと思います!

 

では、はじめて行きましょう!

 

スポンサードリンク

長谷川涼香のこれまで!プロフィールも

160420-1

まずは長谷川涼香選手のこれまでの経緯に関する情報をまとめていきます!

長谷川涼香選手のプロフィールを見ていきましょう。

 

◯長谷川涼香(はせがわすずか)

年齢:16歳

生年月日:2000年1月25日

身長:166cm

体重:56キロ

出身:東京都北区

200Mバタフライ自己ベスト:2分6秒00

 

さて、ここからは長谷川涼香選手のこれまでの経緯をまとめていきましょう。

 

長谷川涼香選手のこれまで

長谷川涼香選手はどのようにして、リオ五輪の日本代表選手になるまでに成長したのでしょうか?

これまでの経緯をまとめていきましょう!

 

長谷川涼香選手は2000年1月25日に東京都の北区で生まれました。

父親が水泳のコーチで、幼少期からプールに慣れ親しんでいたようです。

 

2歳から既に深さ1mのプールに飛び込み、3歳から本格的に水泳を習い始めます。

最近、スポーツ選手についての情報をまとめるのですが、とにかく早い段階からスポーツを始める人が多いようですね。

 

5歳になると、クロールから平泳ぎ、バタフライまでの全ての泳法をマスター。

おそらく毎日のようにお父さんに教えてもらっていたのでしょう。

 

やはり、才能もそうですが環境の部分は非常が重要なのだと感じます。

 

 

中学に入る前に、夏季オリンピックのジュニア大会で100Mバタフライで優勝。

中学入学の時には既にかなり知られる存在となっていたようです。

 

中学時代は、ほとんど全てのバタフライ競技で1位を独占。

おそらく取っていない賞はないです。

もう完全に知られる存在となった長谷川涼香選手。

 

その名前がさらに知られることになったのは国別対抗戦のオーストリア大会の時。

200Mバタフライで中学新記録を叩き出し、期待の新生として名前が全国に広がったのです。

 

大成功の中学時代。

高校は強豪・淑徳巣鴨高等学校に入学。

 

高1の時、100Mバタフライで優勝。

国体では2連覇と早々からスタートダッシュを決めます。

 

リオ五輪の代表選考会の際、100Mバタフライでは落選。

しかし、200Mバタフライは派遣標準記録に達し、代表入り。

 

後輩の池江璃花子の注目度が高かったため、あまり注目されていない印象だったが、国体の東京都代表決定戦の際、今期世界3位の記録を打ち出し、注目が集まりました。

 

基本的にかなり優秀な成績でこれまできていますが、目指すところが非常に高いようですね。

ライバル・池江璃花子とも切磋琢磨して、お互いを高め合っているようですし、高校生ながら世界チャンピオンを見据えて闘っているようです。

スポンサードリンク

長谷川涼香の父親はどんな人なの?

長谷川涼香さんのお父さんはどんな人なのでしょうか?

 

長谷川涼香さんはスイミング一家に生まれます。

お父さんとお母さんが共同でスイミングスクールを運営していたようです。

 

国内トップの成績をとるようになっても、泳ぎの原点はお父さんだと長谷川涼香さんは言います。

 

長谷川涼香さんのお父さんは、かなり厳しい人のようです。

昔から教え方は変わらず、怒鳴るのは当たり前。

 

水に慣れさせるために、生後二ヶ月で浴槽に顔をつけさせるなど、もはや赤ちゃんであることを忘れているかのように、最初からスパルタぶりを発揮するお父さん。

 

長谷川涼香さんは、お父さんに怒られ過ぎて自室に引きこもり、1人で嵐の音楽を聞きながら泣いていたこともあるそう。

 

これだけでも、かなり厳しかったことがわかりますよね。

そんなお父さんは名言を残しています。

「夢は寝て見ろ」
「あくまでも目に見えるものが目標。目に見えないものを目標にするな。それは夢だから」

遠い遠い目標よりも、身近にある小さな目標を確実にクリアしていく。

それがお父さんが掲げる指導法だったようですね。

 

これは色々な人に伝わるものだと思います。

「将来◯◯になる!」

これは夢です。

 

その前に

「◯◯になるために、毎日努力を怠らない」この部分をもっと深くしたところを着実にクリアしていく。

長谷川涼香さんのお父さんの教えは私達にも役立ちそうですね。

 

嵐が大好き!長谷川涼香の原動力に

ダウンロード (39)

長谷川涼香さんはとにかく嵐が大好き。

 

試合前は必ず嵐のアルバムを聞いて、自分を奮いたたせるようです。

リオ五輪に出場が決まった日、長谷川涼香さんは遂に推しメンの櫻井翔と話します!

 

あまり時間は長くなかったが、「おめでとうございます」と言ってもらえたと、かなり喜んでいたそうです。

「五輪を決めるとこんなにも簡単に会えるんですね。そういう意味では速くなることはいいことだと思います」

 

自分が応援しているアイドルグループのメンバーに声をかけてもらえたら、もう幸せを通り越しますよね。

それを自分の努力で叶えた長谷川涼香選手。

 

同じ200Mバタフライで、世界女王の星奈津美選手も嵐のファンで、大野くんを推しているようです!

そこで会話が広がることが多いようですよ!

 

この辺りは、16歳!という雰囲気ももっています。

 

もっともっと速くなって、次は嵐の番組にお呼ばれして欲しいです!