【六義園:紅葉】2017年の見頃時期まとめ!混雑やライトアップの期間の情報も

毎年、高い評価を受ける「六義園」の紅葉。

もはや「幻想的」という言葉さえも出てきてしまう。

六義園の紅葉は、特にライトアップの魅力が大きく、夜の間の幻想的な世界を体感したい!という方が非常に多いですね。

そんな六義園ですが、2017年の見頃の時期はどうなっているでしょうか?

混雑状況やライトアップの時間帯と合わせて、様々な情報をまとめていきたいと思います。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

六義園の2017年の見頃時期など基本情報

はじめに、見頃の時期などの基本的な情報をまとめていきましょう。

まずは、六義園の紅葉の見頃の時期について。

六義園の紅葉の見頃は以下のとおりです。


六義園の2017年の紅葉-見頃時期-

例年の色づき始め→11月中旬

例年の見頃時期→11月下旬〜12月上旬


大体、11月の後半から12月の前半であれば、綺麗な紅葉を見ることができます。

また、この時期はイベントも非常に多いため、六義園の紅葉を一番楽しめるのはこの時期だといえるでしょう。

続いて、六義園の場内について解説をしていきます。

六義園の場内には、いくつか紅葉の見所スポットが存在します。

特に六義園が推しているのは、「ツツジ茶屋」と「水香江」の2つのポイント。

↑こちらがツツジ茶屋。紅葉の雰囲気がマッチしていて、奥ゆかしさを感じられます。

↑ライトアップ時の最大の見所となる「水香江」。まさに幻想的な世界が広がります。

六義園に来るなら、このあたりのポイントは抑えておきたいところです。

基本情報の最後として、アクセスに関する情報をまとめます。


六義園の紅葉-アクセス-

  • JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
  • 都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分
  • 駐車場→なし

東京の中心部にあるため、電車での来園がおすすめ。

駐車場も無いため、車で来るよりは電車で行くほうが圧倒的に行きやすいです。

アクセスも非常に良いため、簡単に来援できますね。

スポンサードリンク

六義園の2017年のライトアップ情報

続いて、六義園の2017年のライトアップ情報をまとめていきましょう。

六義園のライトアップは、2017年も例年通りの開催となります。

では、ここでも基本的な情報をまとめていきましょう。


六義園の2017年のライトアップ情報

◯期間→2017年11月18日(土)〜12月6日(水)

◯時間帯→日没〜21時

◯飲食店の営業時間

  • もみじ茶屋→10時~20時30分(荒天時休業の場合あり)
  • 吹上茶屋→ 9時~20時30分
  • 心泉亭→12時〜20時

今年のライトアップも、例年の見頃の時期に合わせて11月後半から12月前半の間で行われます。

また、ライトアップに合わせて、飲食店の営業時間も延長されるようです。

↑こちらはもみじ茶屋こじんまりとしたお茶屋さんですが、毎年非常に盛況です。

↑こちらは、吹上茶屋の様子。まさに日本庭園にふさわしい造りですね。

こちらも日本家屋らしい装いの心泉亭。

ライトアップ期間に合わせて、これらの店舗も営業時間が伸びています。

ライトアップの雰囲気ともに、日本人らしい体験をしてみてはいかがでしょうか?

六義園の紅葉時期の混雑状況はどうなる?

六義園の紅葉の時期の混雑状況はどうなるでしょうか?

基本的に、六義園は紅葉シーズンになるとかなり混雑します。

やはり、日本の名所の中でも特に有名な紅葉スポットですからね。

ライトアップの時間帯もなかなか混みます。

実際、混雑しすぎて「せっかくの情景が台無し」と話す人がいるほど。

このあたりは「仕方ない」と割り切って、混雑しながらも見に行くか、混雑しない時間帯に行くのがベストです。

ただ、1つ嬉しいのは、アクセス面での混雑がそこまで大きくないという点でしょう。

やはり都内にあるということで、アクセスの良さは抜群。

スムーズに来ることができ、電車でスムーズに帰ることができるため、このあたりは良い部分でしょう。

六義園の混雑を避けるには?

日本の名所ということで、やはり紅葉シーズンは六義園も混みます。

ただ、混雑を避けることができる時間帯や時期も存在しているのです。


六義園の紅葉-混雑を避けるには?-

  • 平日の夜に行く
  • 見頃の時期から少しずれた時期に行く

まず、方法の一つ目としては「平日の夜に行く」というパターン。

やはり、休日や祝日の混雑は凄まじいものがあります。

そのため、「平日」というのがまず1つのポイント。

そして、少し遅めの時間帯から、ライトアップのラストの時間帯までいるようにしましょう。

六義園の紅葉は、5時ごろから徐々に人が増え、8時前までには少なくなり始めます。

そのため、7時半ごろに入園し、ラストまで居るパターンだと、通常の混雑よりはかなりマシです。

もう一つのパターンとして、見頃の時期から少し外れた日程で行くこと。

例えば、色づき始めとなる11月上旬はまだまだ人も少ないです。

逆に、シーズンも終盤となる12月10日〜15日の間はだいぶ人も減っています。

このあたりは見頃の時期ではありませんが、雰囲気はやはり良いです。

もし、混雑がとにかく嫌だ!という方は、このあたりの日程で向かってみるとよいですね!

まとめ

今回は、六義園の2017年の見頃時期や混雑状況、ライトアップの時期などをまとめていきました。

幻想的な世界が広がる六義園の紅葉ですが、毎年非常に混雑するため、混雑時期をうまく避けたり、時間をずらしたりすることで、対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です