J3lXPW3Ac3eEzhYaoVHfiYAz57YPmwO79tbaZy1e65hClwEZFg5x9v4h2lc7Nqez

2015年秋クールより放送中のアニメ「落第騎士の英雄譚」

個人的に全く注目していなかった作品だったのですが、口コミで評判が広まりだしていますね。

この落第騎士の英雄譚ですが、2015年秋のおすすめアニメランキング(ドコモビデオ)で2位に位置づけていました。

おそらくじわじわと人気が広まったのでしょう。

秋クールは注目アニメが多かったですからね。

 

さて、そんな落第騎士の英雄譚ですが、2期の続編の制作はあるのでしょうか?

注目度も高い作品ですから、続編の制作の可能性も高いでしょうか?

 

今回は、落第騎士の英雄譚の2期の可能性について、様々な角度から検証をしていこうと思います。

 

<目次>

◯落第騎士の英雄譚を簡単に紹介

◯落第騎士の英雄譚の2期の可能性を検証

・円盤の売上が重要

・アニメ化を機に原作ラノベの売上も増加すれば…..

・長い間の人気も必要

・時期はいつごろになるの?

◯まとめ

 

スポンサードリンク

落第騎士の英雄譚を簡単に紹介

落第騎士の英雄譚は、魔導騎士の世界の物語。

主人公・黒鉄一輝は、魔導騎士としての能力が低すぎて留年。

学園内では「落第騎士(ワーストワン)」と呼ばれていた。

しかし、10年に1度の天才と呼ばれた皇女と決闘することになってしまう。

さらに、周囲の予想に反して勝利を収めてしまうのだった!

 

主人公の黒鉄一輝は、魔術の代わりに剣術を極めた騎士だったのだ!

 

あらすじはこの辺でしょうか?

この作品は、十周年となったGA文庫から出版されているラノベです。

現在、アニメ化だけでなくコミックス化もされており、人気の高さが伺えますね。

 

この作品は、内容に反してかなりコミカルな作品です!

キャラの個性も若干変態な感じです(笑)

 

シリアスシーンを入れることもありますが、なかなかキャラ同士の掛け合いも面白いですから、人気が出るのも少しわかるかな?と思いました!

 

さて、次は本題の2期の可能性を検証していこうと思います。

 

落第騎士の英雄譚の2期の可能性を検証

スポンサードリンク

さて、ここから落第騎士の英雄譚について2期続編の可能性を検証していこうと思います。

2期続編を制作するには、知っている方も多いかもしれませんが円盤の売上、人気やグッズ売上などの様々な要素が必要になってきます。

今回はその要素について検証をしていこうと思います。

 

円盤の売上が重要

さて、やはり2期の制作に必要な要素として重要なのは円盤の売上になってきますよね。

円盤の売上には、2期続編の制作の決定に移行できるラインみたいのが存在するんですよね。

それは、普通のアニメだと、5000枚のラインだと言われています。

しかし、ラノベ等の文庫は少し多めに見積もらないといけないと思います。

その理由は、ラノベが原作にアニメは、コミックスが原作のアニメよりも、アニメを宣伝の要素として見ていることが多いからです。

ラノベは当然コミックスよりも売れにくいですから、アニメを通して宣伝していかないといけません。

その理由から、2期続編を制作するよりも他の作品をアニメ化していこうとする動きが強いです。

 

だから5000枚以上の円盤の売上が必要になってくるんですよね。

これは2期続編の制作が決定だな!というラインは7500枚程度だと思います。

これは初動のラインではなく、累計のラインですから長い人気を持っていればしっかりと超えられるラインだと思いますよ。

アニメやラノベで人気を維持していれば話題にもされやすいですからね。

 

 

原作ラノベのストックはあるの?

落第騎士の英雄譚の原作ラノベは現在8巻まで発売されています。

また、短編も発売されていますね。

 

アニメ1期は、おそらく3巻の最後の辺りまで進むと思います。

そうなると、ストックの方は全く問題ないでしょう。

1期終了後から2期の制作までは少し間が開くと思いますから、かなりストックは溜まるのではないでしょうか?

 

長い間の人気も必要

さて、先ほどラノベは続編の制作が遅いという話をしていきましたが、2期続編の制作には長い間の人気が必要になると思います。

飽きられてしまうと、続編の可能性が非常に少なくなってしまいます。

さて、人気はどのようにして見ればいいのか?ですが、やはりラノベの売上でしょう。

 

ラノベの売上が、今の2倍3倍にならないと続編の制作は難しいと思いますよ。

 

しかし、2015年秋アニメでラノベの売上を一番伸ばすだろうと言われているのが「落第騎士の英雄譚」なんですよね!

 

8巻は、アニメ化効果でかなり売上を伸ばしています。

この調子だったら、可能性はぐっと高まると思います!

 

続いて時期の話題に移ります!

 

時期はいつごろになるの?

さて、もし2期の制作が決定するなら、時期はいつごろになるでしょうか?

他のサイトでは、2016年内に放送されるという予想をしている方もいましたが、おそらくそれはないでしょう。

 

それは、先程から言っているようにラノベの2期続編の制作が遅いという側面もありますが、もう一つ理由があります。

 

それは、2期続編の制作には順番というものが存在するからです。

 

次に制作がされるべきアニメというものがあるんですね。

そのアニメは「ダンまち」です。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は2015年春に放送されたアニメで、ラノベの売上も円盤の売上もなかなか高く、人気作です。

もし、このダンまちよりも先に落第騎士の英雄譚が制作決定してしまったら、さすがにファンも黙ってはいないでしょう。

 

そのような理由から、もし続編が制作されるならダンまち→落第騎士の英雄譚の順番になりと思います。

 

そして、そのダンまちは2016年の2月にスペシャルイベントが控えています。

そこで、続編の発表があるのではないか?と当サイトは予想しています。

 

そうなると、落第騎士の英雄譚の放送時期は早くても2017年以降になりそうですね。

それまでに、ラノベの売上などしっかりと上げていく必要がありますね!

 

 

 

まとめ

さて、落第騎士の英雄譚の2期について書いていきましたが、どうだったでしょうか?

まだ未確定情報があるので、今後追記していこうと思います!