cc-library010009232

2015年も終わりに近づき、そろそろ忘年会のシーズンになりそうですね!

2015年の苦労を忘れるためにも、忘年会では楽しみたい!

 

忘年会といえば「出し物」ですよね!

今年は何をしようか?とみんなでわいわいと決めるのも楽しいですが、出し物が全く決まらないという方もいるでしょう!

そんな方のために、2015年の流行を取り入れたオススメ余興を紹介!

ダンスにネタに!今年はどんな余興をするのがトレンドなのか?

2015年の流行も追っていきたいと思います!

 

2015年のオススメ余興!ダンスやネタはどんなものがいい?

さて、2015年のオススメ余興にはどんなものがあるでしょうか?

まずはダンスから!

 

スポンサードリンク

2015年のおすすめダンス!

オススメダンスは何があるでしょうか?」

 

ランニングマン(三代目 J Soul Brothers)

やはり、一番人気はこれではないでしょうか?

ダンスで一番オススメなだけあって、かぶることもありそうです!

 

これが揃うと相当かっこいい!

大勢でできますし、少し練習すれば踊れるところも良さですよね!

ダンス自体も面白いですから、盛り上がること間違いなしです!

 

きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅのダンスは確実に盛り上がります!

女性陣でダンスをするならこれでしょう!

きゃりーのダンスはかわいいし、独特の振りと音楽がとてもいいですね!

こちらも盛り上げ役のダンスです!

 

キャリーのダンスなら、今年だと「問題ガール」ですが、その他オーソドックスな「ファッションモンスター」や「つけまつける」など何でも盛り上がるのでとてもオススメ!

 

AKB系は盛り上がる!

そして、もう鉄板ダンスですね!

AKBの「恋するフォーチュンクッキー」はみんな知っていて確実に盛り上がる余興です!

フリが相当簡単なので、時間がなくてもみんなですぐ合わせられます!


AKBだと、やはり「恋するフォーチュンクッキー」が一番だと思います。

知名度が高いです。

AKBの昔の曲は流行遅れ的な感じになってしまうので、やはり恋チュンがダンスでは一番かな?と思います!

 

ラッスンゴレライ

こちらも流行り遅れ的な感じもありますが、完コピすれば100%盛り上がります!

これは盛り上がり確実!

ですが….

 

これは揃わないと駄目ですし、リスクが相当な高さです。

また、練習量がものをいう余興ですので、忙しい方にはあまりオススメできません。

しかし、その練習量こそが盛り上げる要因になるのです!

 

のちのち語り継がれるものになりますし、個性にもなりますね(笑)

 

次にネタ編です!

ネタは何がいい?参加型に注目!

ネタ系は、とにかく参加型にしてなるべく注意を惹きつけましょう!

クイズ大会

クイズ大会は絶対に滑らない余興の一つです!

単純なクイズよりも、社内クイズが鉄板で良いです!

なぜなら、自分がクイズの題材にされたらそれだけで興味につながりますし、自分に近い人のクイズなので、みんな楽しいです!

社員が知っているような、知らないようなネタを選ぶのがポイントです!

事前に本人に承諾を得てからクイズにするようにしましょう!

 

ロシアンルーレット

これは、会場参加型の出し物です!

あまり人数が多すぎると難しくなりますが20人位だったら、たこ焼きなどにいろいろと入れてやっちゃいましょう!

参加型はやはり盛り上がります!

 

あたった人には景品を贈呈などでもいいですね!

みんなが盛り上がれる余興ネタになりそうです!

 

 

マジック

これは努力次第でそうとう盛り上がります。

ここで重要なのは、最近のマジシャンの方のように、だれかにマジックに参加させるやり方です。

それだけで、1人でやって完結することがなくなります。

ハードルも高いですが、酒が進んできた後半にやればみんなの判断力も低下して成功率も上がるかも?(笑)

 

これもハードルが高いですが、合唱にするとかなり盛り上がりそうです!

練習量がものを言いますが、感動を呼ぶことも!

1人でやるのはおすすめしませんが、2015年ならクマムシの「あったかいんだからぁ〜」はまだセーフです(笑)

二人でやれば、盛り上がることでしょう!

 

今年の流行した歌などでも良いでしょう!

 

 

まとめ

どうだったでしょうか?

ここで重要な事を言っておきますが、ダンスはとにかく恥ずかしがらずにやることです!

恥ずかしがっていたり、練習不足でバラバラならやらないほうがマシですよ!

とにかく恥ずかしくても余興と割りきってやりましょう!

 

また、ネタは、なるべく参加型にすることにつきます。

自分たちの世界で完結するよりも、観客に注意を惹きつけたほうがぐっと成功率が上がりますね!

 

余興だとバカにしないで、しっかり練習しましょう!