500_10859623

2015年も残すところあと少しですね!

冬も深まり、一段と寒くなってきましった。

そんな寒い時期で冷たい風を浴びると、スキーに行きたくなる人もいるのではないでしょうか?

 

そろそろシーズンも到来しそうですね!

今回は、「星野リゾート・トマムスキー場」について紹介したいと思います!

 

星野リゾート・トマムスキー場の最大の強みは、なんといってもそのアクセスの良さです!

リゾート内に駅が存在するという素晴らしいアクセスを誇ります!

 

今回は、星野リゾート・トマムスキー場のオープンはいつから?という話題や星野リゾートの営業時間やシーズン期間などの基本情報をまとめます!

 

また、星野リゾート・トマムスキー場はどのような人が行くべきなのか?についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

トマムスキー場の基本情報まとめ!オープンはいつから?

さて、トマムスキー場の基本情報をまとめていきましょう。

まずは、オープンはいつからでしょうか?期間とともににお伝えします。

日中営業
2015年11月28日(土)~2016年4月3日(日)
ナイター営業
2015年12月23日(水)~2016年4月2日(土)

上記の期間で2015-2016シーズンは営業されます!

ナイターの期間が12月後半からということに注意が必要です!

 

次に営業時間を確認しましょう!

リフト運行時間
日中営業
9:00 ~ 16:00
ナイター営業
16:00~19:00、(金・土・日・祝)、16:00~18:00(月~木)

金曜日を除く平日のナイター営業が18:00まで、ということに注意しましょう!

 

さて、次は料金の確認です。

リフト料金
1日券
大人5,400円/小学生3,800円
4時間券
大人4,600円 /小学生3,200円
ナイター券
大人2,200円/小学生1,500円

1日券を買えば、1日スキーをすることができます。

(他のスキー場では、ナイターを使う際にナイター料金をもう一度とられるというところもありますが、トマムスキー場は違います)

 

次にアクセスです!

アクセスは最高です!

トマム駅からトマムスキー場運営のバスで5分〜10分でつくことができますよ!

トマム駅まではJRで

特急スーパーとかち 札幌・新千歳空港・トマム・帯広
特急スーパーおおぞら 札幌・新千歳空港・トマム・帯広・釧路

この電車で来ることができます!

 

また、車の場合は、道東道のトマムICから約5分のらくらくアクセスですので、心配いりません!!

 

 

トマムスキー場は、2011年に星野リゾートの傘下に入りリゾート化が進められています。

そのため、スキーをしなくても楽しめる設備などもあり、充実していますよ!

 

次はそのような、評価やどういう人が行くべきか?についての話題です!

 

トマムスキー場はスキー初心者とファミリー層向け!

トマムスキー場は中級者、上級者にとってかなり「物足りない」ゲレンデです。

 

雪質はかなり良く、とても滑りやすいのですが傾斜は緩く、あまり良い所もありません。

そのため、ゲレンデの評価はかなり低いものになります。

 

また、気温が一番低い時でマイナス30度というすさまじい寒さです!

防寒にはしっかり気をつけたいですね!

 

トマムスキー場にオススメのレベルは、初心者とファミリー層でしょう。

周りも初心者ばかりなので、気にせず練習できますし、お子さんと一緒にしっかり楽しめますよ!

また、初心者には嬉しいレンタルサービスも!

トマムスキー場は、常にトップブランドのアトミック社製の最新作のブランドのものを連輝してくれるため、初心者には絶対におすすめです!

 

ゲレンデの評価は悪いですが、設備面は相当な期待が持たれています。

先ほど星野リゾートの傘下に入ったと話題にしましたが、そのおかげで開発が進み、ホテルやアクティビティの幅がかなり広がりました!

 

特に、通年30度以上の気温が保たれている「ミナミナビーチ」は人気です。

ホテルに宿泊すれば、無料で入れます。

スキーでもまだ遊び足りない時はプールで遊べますし、お子さんがグズることはないでしょう!

 

まとめ

トマムスキー場は、アクセスが良好で、非常に行きやすいスキー場&リゾート地ですね!

ゲレンデは初心者向きですが、最近は開発のおかげか利用者も右肩上がりのようですね!

 

今後も開発が進み、もっと流行る可能性もありますので早めにチェックしておきましょう!