「クソアニメ」という言葉が、褒め言葉になる。今までに無いアニメが、最近は流行る傾向にあります。例えば、昨年大ヒットを記録した「けものフレンズ」なども、従来に無い形のアニメとしてヒットしていました。

 

しかし、ポプテピピックがここまで流行するとは....と思っている方も非常に多いでしょう。もともと、ファンが多い作品だったので、スタート当初からの知名度は高かったこともありますよね。

 

そして、内容がかなり衝撃的で、一体何を見せられているのか?という疑問を持ちながら、毎回視聴をしていました。そんなポプテピピックですが、続編となる2期の可能性はどれだけあるのでしょうか?

 

今回は、ポプテピピックの2期制作の可能性について検証。放送はいつ頃なのか?について解説をしていきます。では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

ポプテピピックの2期制作の可能性を検証

では、さっそくポプテピピックの2期制作の可能性を検証していきましょう。今回、検証するのは、以下の3つの方向性となります。

 

円盤売上

原作ストック

アニメ人気からの収益

 

今回は、この3つの視点からポプテピピック2期制作の可能性を考えていきます。まずは、円盤売上から見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

円盤売上からポプテピピック2期を見る

まずは、円盤売上からポプテピピック2期制作の可能性を見ていきましょう。

アニメの2期を検証する際、円盤売上は欠かせないデータになります。

 

アニメの製作委員会は、円盤の売上を非常に重視しており、この収益が非常に重要になってきます。

円盤が売れるか売れないかで作品の成功/失敗が決められてしまうのです。

 

近年では、別の収益回収の方法も出てきていますが、現段階でも円盤売上は非常に大きな収益源ですね。

この円盤売上の数字によって、2期制作が決まると言っても過言ではありません。

 

では、ポプテピピックの円盤売上はどのようになっていたのでしょうか?

データを検証していきましょう。

 

ポプテピピックの円盤売上
1巻 合計 6,563枚
2巻 合計 5,196枚

ポプテピピックの1巻の売上が3600枚だったのですが、数字を2倍近く伸ばし、6000枚を突破しました。

話題性が高く、知名度も上がっているため、今後も売上を伸ばす可能性が高いと言えるでしょう。

 

こちら、2018年3月29日のアマゾンの状態です。

在庫切れの状況で、買いたくても買えない状況が続いているわけですね。

 

今後も売上を伸ばすことが想定されます。

 

現状、ポプテピピックの円盤売上は「十分」なものになっています。

アニメ制作にかかった費用はペイしているでしょうし、これなら2期に繋がりそうな売上だと言えますよね。

 

豪華な声優さんを起用し、制作も特殊な方法を取っていたポプテピピック。

ただ、費用面では問題なく進んできそうですね。

 

原作ストックからポプテピピックの2期を見る

続いて、原作のストックからポプテピピックの2期を見ていきましょう。

結論からお話しますと、正直原作のストックなどというものは必要がありません。

 

原作に忠実にならなくとも良いアニメですし、オリジナルでいくらでも話は作れますからね。

 

ちなみに、ポプテピピックの原作の方も、当然アニメ効果を受けています。

作者さんにもきちんとお金が入っているようですし、話題性No.1のアニメとして、きちんとお金の面でも優遇される形になりました。

 

実際、原作のストックは2期に関して、問題ないラインだと言えそうですね。

 

アニメ人気から2期を見る

最後に、アニメの人気から、ポプテピピック2期制作の可能性を見ていきましょう。

こちら、アニメ自体が流行していたので、アニメの人気的には全く問題ないと思われます。

 

ここで言うアニメ人気は、知名度や話題性からくる収益のこと。

ポプテピピックの場合、爆発的な人気を誇っていたことで、様々な記録を打ち立てました。

 

例えば、ニコニコ動画のランキングを塗り替えました。

ニコニコ動画歴代最速で、ミリオン再生を突破。

ランキング常連を圏外まで飛ばし、ランキングを一新するなど、話題に尽きないアニメだったわけですね。

 

こういった話題性は、そのまま収益に繋がります。

最も大きいのは、動画配信サービスです。

Netflixなどの動画配信サービスからは、相当収益を貰って契約しているという話もありますし、円盤売上以外でも大きな収入源があることは間違いないでしょう。

 

覇権争いは出来なかったとはいえ、アニメ人気などの面から見ても問題ないでしょう。

 

2期制作の結論と不安

ここまでの流れで、大体結論は出ていると思います。

ポプテピピックの2期制作の可能性は、かなり高いと言えそうです。

 

可能性で言うと、80%ほどの確率になります。

やはり、話題性からの流行が2期へ大きな要素になっているでしょう。

 

このままの流れなら、2期が制作がすぐに発表されてもおかしくはありませんね。

 

しかし、懸念点もあります。

今でこそ、話題性で人気を保っていますが、ポプテピピック1期の終盤は、若干ネタ切れ感が否めませんでした。

 

特に、ギャグアニメは話題性が落ち着くと失敗する可能性が高まります。

おそ松さんの2期などはその典型で、内容がつまらなくなったのもありましたが、2期は何かと失敗しやすいのです。

 

ポプテピピックの2期も、同じクオリティを維持できるのか。

話題性が尽きた時に、まだ面白さを保てるのか?が不安材料になりそうですね。

 

ただ、なんでもアリのアニメです。

新しいアニメの形として、語り継がれるアニメにはなりましたね。

 

まとめ

今回は、ポプテピピックの2期制作の可能性を検証していきました。

円盤売上はこれから伸びてくる可能性が高く、目標収益は既に達成しているものと見て間違いないでしょう。

 

原作に関しても問題なく、2期への可能性は非常に高いと言えそうです。

ただ、流行するギャグアニメは、2期で失速しやすいという傾向もあるため、2期はどうなるのかな?という疑問も残りますね。

 

歴史に残るクソアニメの2期を期待しましょう。

スポンサーリンク
コメントを残す

アニメの関連記事
  • 【こみっくがーるず】2期制作情報まとめ!可能性はどれくらい?
  • 【ヒナまつり】2期制作の可能性はまさかの0%!円盤時代の終焉か
  • Anitubeの代わりになるサイトとは?危険の無い動画サービスを解説
  • 【きんいろモザイク】3期制作の可能性を検証!放送はいつになる?
  • 【ガヴリールドロップアウト】2期制作の可能性を検証!放送はいつ?
  • 【人類は衰退しました】2期制作の可能性を検証!放送はいつ?
おすすめの記事