【新生活】物件探しを始める時期はいつから?ポイントやコツを紹介

head

もうすぐ、新生活のシーズンになりますね!

出会いや別れが多くなるシーズンなので、スムーズに新しい生活を始めたいです。

さて、そんな中で一番大きなポイントとなるのが、「物件探し」ではないでしょうか?

予算や費用を考えると、非常に苦戦する物件探し。

今回は、新生活を始める上での物件探しコツやポイントを紹介。

また、新生活を始める上で、物件探しはいつから始めるの?という情報を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

新生活の物件探し、いつ始める?

top_logo

あなたが新生活の物件を探すように、他の方も物件を探し出すのが、1月〜4月の間

また、逆に同じように引越しをする方も多いためこの時期は1番物件の数も多い時期です。

この時期には特に多くの方がお部屋探しをするので、なるべく早く探し出すのがいいでしょう。

特に、3月は不動産会社が忙しい時期になります。

毎日、たくさんの良物件が成約されます。

すぐには入居できないという場合、あまり早くから不動産屋さんへいっても意味がありません。

ただ、すぐには入居できなくとも、その物件をキープしておくことは可能です。

預り金と手付金って?

ダウンロード

物件のキープは実際は可能です。

ただ、注意する点があります。

学生さんの場合を想定してみましょう。

センター試験が終わり、私立の合格がわかるのが2月中ですね。

合格がわかり、すぐに物件を見に行ったとして、最終的にその物件に入るのは3月の終わり〜4月のはじまりではないでしょうか?

卒業式などがありますからね。

こういった場合、物件をキープする方法として「預かり金」と「手付金」を渡しておく方法があります。

預かり金とは、その物件を契約する強い意志がある場合、先に不動産会社にお金を支払い、物件をキープしてもらうために契約前に支払うお金です。

手付金とは、契約代金の全額or一部を事前に支払うもので、契約後に本来支払うお金となっています。

このお金を渡しておけば、キープは可能ですね。

ここからが注意点です。

住宅トラブルとして、「手付金が返ってこない」というトラブルが頻発するのです。

規定上、手付金は必ず返還しなければならないのですが…..

もし、不動産屋に「この物件を契約します」と手付金を渡した場合を想定してください。

そして、その後、試験に合格しなかったという理由で、物件の契約を破棄したいという申し出をいれる。

この場合、手付金は返ってくるはず。

しかし、不動産会社によっては返ってこない場合があるのです。

ここで、トラブルが発生するわけですね。

このトラブルを回避するには、「預かり金」として、お金を渡す必要があります。

何も言わないと、不動産会社は「手付金」として、契約の書類を発行してしまうと考えてください。

さて、預かり金として認識してもらうためには、どんな方法があるでしょうか?

以下のことを不動産会社にお願いしてください。

①預り証を発行してもらう

※「領収証」でないことに注意です。

②部屋の確保の有効期限を記入してもらう

③契約の成立・不成立に関わらず、お金は返還されると書いてもらう

以上のことを不動産会社にやってもらうことをオススメします。

ただ、これをやるからといって、軽い気持ちで物件を差し押さえないでください。

確実にトラブルが起きますよ。

やはり、しっかりと物件を選び、確実にその家に入居するのがベスト。

実際は、物件をいくつかピックアップして、契約する2週間くらい前に不動産屋さんにいくのがいいでしょう。

不動産屋さんに行かないでも、事前にネットなどでお部屋を探すこと。

場所や間取り、家賃などの大体のイメージを掴んでおくとなんとなくイメージしやすくなると思います。

では、どんな物件がいいのか?

ポイントとコツを紹介していきましょう!

スポンサードリンク

新生活の物件探し、ポイントとコツとは?

では、新生活の物件探しのポイントとコツを紹介しておきましょう。

最寄駅、路線はなるべく考えて

img_hand

もちろん駅近の物件はその分家賃も高くなります。

また、路線、駅が人気の場合もしかりです。

駅から遠くなれば、その分家賃も安くなっていきます。

そのラインを見極めて通勤、通学に便利かつ実際に毎日利用できる路線、駅を選びましょう。

また、定期を利用する予定であれば大きな街が通っている路線は学校、仕事帰りに寄って遊べるということも可能ですね。

もし、大学や職場の近くで物件を借りたい場合、周囲の環境をしっかりと見極めましょう。

学校にばかり近づけても、スーパーやコンビニが近くないと、生活が大変になりますよ。

家具・家電付物件を選ぶ

新生活となるととてもたくさんのものが必要になってきます。

洗濯機、冷蔵庫、テレビなどどれも大きく高価なものが多いです。

引越しのタイミングで全てを買い揃えるのも大変です。

以下の記事に、新生活に必要な費用や予算をまとめてあるのですが….

高い場合だと、新生活では50万円近くの費用が発生します。

特に高いのが、不動産の前金です。

25万を超える物件も多数。

非常に高いです。

また、家具や家電を揃えると、最低10万は必要となります。

筆者は、大学の近くの家具。家電付き物件に住んでいるのですが、初期費用は10万円台で済みました。

家具家電付き、敷金礼金0の物件は非常に優秀だといえるでしょう。

その一つで、とても有名なのがレオパレスですね。

レオパレスは家具・家電付のお部屋や最近ではDIYのできるお部屋まであります。

また、契約のプランも様々選べるので、入居の期間などによってお得にお部屋を借りることができます。

しかも、レオパレスは水道・光熱費が無料。

一人で暮らすと実感しますが、水道・光熱費がかからないのはとても嬉しいですね。

また、セキュリティも万全なので女性の方でも安心して住むことができますよ!

周辺の環境は非常に重要

ダウンロード

近くにコンビニやスーパーがあるのはとても便利です。

やはり一人で暮らす場合は、スーパーがあるととてもありがたいと思える得るようになります。

そのスーパーが夜遅くまでやっていれば言うことなしです。

筆者の住んでいる地区では、近場に3件のスーパーがあります。

そのうちの1つが、夜中の2時まで営業をしているため、かなり便利です。

また、コンビニは確実に必要になりますから、大学や職場に近いけど、周りに何もない!というような物件は選ばないようにしたいですね。

賃貸情報サイトは参考程度に

お部屋探しに欠かせません。

今は、家賃や位置などから、総合的に検索できるため、非常に便利ですよね。

ただ、すでに決まってしまっている物件もサイトによっては載っていることがあります。

信用しすぎないようにしましょう。

賃貸のサイトでは、物件をよく見せようという意識が働き、悪いところは見せないという部分も。

特に、写真は綺麗に見せようとする傾向にあります。

実際に、物件は「見て」決めたいですね。

その際に、お世話になるのが、地元の不動産屋さんです。

たくさんの不動産屋さんに物件をみせてもらう

物件探しで一番お世話になることになります。

不動産選びはとても大変です。

こんなに不動産屋さん必要なのか?というほど世の中には不動産屋さんが多いです。

不動産屋さんは、仕組みとしてどの不動産屋さんでも同じ物件を紹介することができるようになっています。

そのため、不動産屋さんによってはうまく大家さんと交渉して家賃を安くしてくれたり、初期費用を少し抑えるようにしてくれることも。

不動産屋さん選びが一番大切ともいえるでしょう。

今は、ネットから検索して、不動産屋さんを見つけ、そこで物件を見て回るパターンが多いですね。

たくさん予約しておいて、物件をたくさん見せてもらいましょう。

その中で、一番いいものを選びたいですね。

筆者の経験上は…..

筆者は、大学に合格した後、物件を見に行きました。

正直、軽視しすぎていました(笑)

大学は国公立だったため、3月の中旬に物件探しにいったわけですが、かなり遅かったです。

この時期は、本当にピークで不動産屋もかなり混雑しています。

そのため、物件を見て回るうちに、「見に行くはずだった物件、先程決まったそうです」と言われてしまうことも。

そこで、何を感じるか。

「焦り」です。

不動産屋を責める気はありませんが、こんなことを言われます。

「この後も、この部屋を2人の学生さんが見に来ます」

「もしかしたら決まっちゃうかもしれませんよ」

とにかく、悩みました。

結局、焦って決めたのですが、不満な点はたくさんありますね(笑)

そんな経験をした筆者から一言。

少し高くても、少し狭くても「新しい物件」を選ぶことをオススメします。

古い物件は、何かと良くないです(笑)

また、家具家電付きは、本当におすすめです。

とにかく安く済みますからね。

このあたりのポイントやコツを抑えて、物件選びをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です