【お中元】食べ物以外のおすすめまとめ!商品券や金券を贈るときの注意点

tabemonoriga

今年も、お中元のシーズンがやってきましたね。

毎年、習慣として贈る方もいれば、今年初めて贈る!という方もいるでしょう。

お中元は基本的に目上の人に感謝し、その気持ちを伝えるために贈るもの。

失礼のないように、マナーをしっかりとわきまえたいところです。

さて、今回はお中元で「食べ物以外」の商品を贈る場合の、

注意点やおすすめの商品をまとめていきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

【前提】お中元の時期や相場など基本情報

では、お中元の時期や相場などの、基本的な知識をまとめていきます。

まずは、お中元の時期について。

お中元は、関東と関西で贈る時期が違います。

nisi-higasi-new (1)

上の画像を見てみましょう。

東日本は、7月の初旬〜7月15日までに贈る決まり。

西日本は、7月の終わり〜8月15日までに贈る。

この時期の違いがあります。

このあたりは注意をする必要がありそうです。

一番、注意しなければならないことは、

関西→関東へ贈る場合。

関西の方々は、7月に入ってからお中元の準備をする方が多いです。

しかし、関東の方に贈る場合は、時期が贈れてしまう場合があります。

そのため、事前にだれに贈るのか確認し、

準備をしていく必要がありそうです。

ちなみに、この時期から外れてしまっても、

名前を変えて「暑中見舞い」等で贈ることは可能です。

zansyo

時期に合った贈り物をするようにしたいですね。

お中元の相場はどれくらい?

続いて、お中元の相場をまとめていきます。

お中元の相場は、だいたい2000円〜5000円の間のようです。

以下の画像を御覧ください。

スクリーンショット 2017-05-15 7.21.28

お中元の金額については、

この2000円〜5000円の間に収めるのが重要。

安すぎるものを贈っても、失礼に当たると思います。

反対に、嵩すぎるものを贈っても、相手方に負担をかけてしまうものです。

そのため、なるべく上記の相場に則ったものを贈るといいでしょう。

【豆知識】お中元を貰ったら…

お中元を貰った場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか?

貰ってすぐに、慌てて送り返すのはNG。

また、同じものを贈り返すことも、やってはいけないことです。

では、どうするか。

まずは、お礼状を書きましょう。

その後、電話でお礼の言葉を述べると、

非常に丁寧な返しになります。

このように、慌てて贈り返すことはしないほうが良いでしょう。

では、そろそろ本題に入ります。

お中元に贈る「食べ物以外」の贈り物のおすすめを解説します。

スポンサードリンク

お中元の食べ物以外の贈り物を解説

tabemonoriga

お中元の食べ物以外の贈り物は、何がおすすめなのでしょうか?

ここからは、食べ物以外のお中元の贈り物をまとめます。

なんだかんだ嬉しい!日用品

スクリーンショット 2017-05-15 7.40.48

必ず、どこの家でも購入する日用品。

食べ物よりも喜ばれる。

実用的で必ず使える。

こういった感想が出てくる、日用品。

何よりも嬉しいのは、好き嫌いなどを気にせずに贈ることができる点でしょう。

洗剤を始め、お中元シーズンになると、セット品で売られています。

非常に贈りやすく、安定した評価を得られる点で、非常におすすめですね。

ただ、注意点はあります。

それは、会社の上司へ送る場合です。

日用品の注意点
調味料は贈らないほうが良い

「食べ物以外」なので、調味料を食べ物とした方は、

選考から外していたかもしれませんね。

日用品の中でも、特に調味料には気をつけましょう。

「普段、もっと良い調味料を使ってね」

こんな認識をもたれやすい商品になります。

もし、日用品を贈るならば、

タオルや洗剤といった品がベストと言えるでしょう。

相手に選んでもらう!カタログ

スクリーンショット 2017-05-15 7.45.44

カタログギフトは相手方に選択してもらい、

相手の好みに合ったものを選択できる点で、おすすめ。

最近は、カタログが非常に増え、サービスも充実してきましたね。

こちらも、相場にあったカタログギフトを選ぶと良いでしょう。

カタログを貰って嬉しいのは、自分で選ぶ楽しみがある点ですよね。

普段は、値段を気にしてしまうものですが、

それを度外視して、好きなものを選べる。

これが、カタログギフトが人気の理由です。

ただ、注意点もあります

カタログを贈るときの注意
上司やはじめて贈る人には失礼になる可能性もある

カタログを贈られて、

「なんだ適当だな」

「自分で選べってこと!?」

このように感じる方もいるでしょう。

もし、上司に贈るならば、なるべく避けたほうが良いかもしれません。

また、上司でなくとも、

初めて贈る方には、カタログギフトは避けたほうが良いでしょう。

「自分で選ぶのが面倒だったんだな」

こんな感想を持たれる可能性もあります。

カタログギフトは、何回か贈った後、

マンネリ化してきたときに贈りたいです。

変化球みたいなものですね。

現実的に喜ばれるNo.1?金券・商品券

スクリーンショット 2017-05-15 8.02.26

結局、最高に自由なのが金券や商品券ですよね。

貰って困ることは絶対にありません。

使いやすく、こちらも何も考えずに贈ることができます。

実際に喜ばれる商品として、多くの商品券が贈られているようです。

ただ、こちらも注意する点があります。

金券・商品券を贈る際の注意点
会社関係には贈らない

会社の上司にせよ、同僚にせよ、会社関係に商品券を贈らないほうが良いです。

特に、上司ですね。

「お金が無いと思われている」

こんな印象を与えてしまう商品です。

また、会社での付き合いの方に贈ることも避けましょう、

商品券や金券は、実際に喜ばれるものではあります。

なるべく、知人や親族といった「理解が得られる相手」に贈るようにしましょう。

食べ物以外のお中元で送ってはいけないもの

スクリーンショット 2017-05-15 8.38.19

お中元には、「贈ってはいけないもの」というものも存在します。

それが、以下の2つです。

①靴下

靴下は、お中元やお歳暮の際に贈ってしまうと、

こんな意味合いを持ってしまいます。

「踏みつける」

特に、上司の方に贈ると、失礼にあたります。

上司を踏みつけるという意味合いは、

結構有名なもので、多くの方が知っているマナー違反ですね。

ちなみに、靴下と同様に、

「マット」「スリッパ」なども同じ意味に取られてしまいます。

こういった「踏みつける」という意味合いを持つような品は、

避けるのが無難でしょう。

下着関連

下着を贈る人は、なかなかいないと思いますが、

これも有名なマナー違反です。

「もっと良いものを身に着けてください」

お中元で贈ると、こんな意味合いを持たれます。

なるべく、お中元で下着関連のものを贈ることは避けたいです。

ちなみに、これは上司だけではなく、

親族にもあまり喜ばれない品です。

相談して下着にしたなど、お互いの合意がある場合を除いて、

「食べ物以外」で下着を選ぶのはNGですよ。

食べ物以外のお中元!注意点と考察

さて、ここまで「食べ物以外」のお中元をまとめていきましたね。

ここで、少し考察をしていきましょう。

しっかりと文章を読んでいただいた方は、理解したと思います。

そうです。

上司に贈る場合のNGが多い傾向にあります。

会社の上司に贈る場合は、「食べ物以外」を選ぶのは避けたほうがいい。

あまりにもマナー違反が多いので、食べ物を選んでおくのが無難。

食べ物を贈る場合は、相手の好みを把握するというハードルはあります。

ただ、事前にそれとなく聞いておけば、贈るものも決定できます。

マナー違反や深読みされたくなければ、上司へのお中元は、

食べ物or飲み物がBESTでしょう。

まとめ

今回は、お中元の「食べ物以外」のおすすめや、

注意点をまとめていきました。

食べ物以外のお中元は、現実的に喜ばれるものが多いです。

その反面、上司への贈り物としては、適していないように感じます。

こういった注意点をしっかりと確認しておきたいですね!

では、まとめです。

今回のまとめ 
◯食べ物以外のお中元のおすすめ
・日用品
・カタログ
・商品券&金券
◯食べ物以外のお中元の注意点
・上司に贈るなら、洗剤やタオル
・他のものはあまり適していない
・贈る相手に注意すること
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です