お中元の時期はいつからいつまで?日にちが過ぎた場合の対処法を解説

otyugen-itukaraitumade

もうすぐ、お中元シーズンが始まりますね!

みなさんは、どんなものを贈る予定ですか?

「毎年、同じものを贈っているから今年は違うものを贈りたい!」

「まだ、何を贈るか決めていない!」

こんな声が聞こえてきます。

なるべく、相手が喜ぶようなものを贈りたいですよね!

さて、今回はお中元のマナーに関わるトピックスを

解説していきます。

そう、お中元を贈る時期です。

お中元はいつ贈るのが一般的なのか。

これがわからないという人が結構いるようです。

地域ごとに差があるなど、

意外に時期に気をつけたほうが良いお中元。

「え?地域ごとに時期が違ったの?」

知らなかった方は、当サイトで勉強していってくださいね!

今回は、お中元の時期はいつからいつまで?という話題。

そして、お中元の時期が過ぎた場合、

どんな対処法があるのか?についてまとめていきたいと思います。

では、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

そもそも、お中元って…

そもそも、お中元はどうして贈るのか?

みなさんはご存知でしょうか?

はじめて贈る方には、よく意味を理解していない方も多いです。

日本には、様々な風習があります。

お中元もそのうちの1つなのです。

お中元には、

「日々の感謝を伝える」

「これからもよろしくどうぞ」

このような意味があるのです。

これまで、お世話になった方に、感謝の意思を伝える風習なのです。

よく間違えるお中元とお歳暮

「お中元とお歳暮って、何の違いがあるの?」

これを疑問に思う方がかなり多いようです!

ただ、お中元とお歳暮には、基本的に意味の違いはありません。

この2つは、「時期」が違うものなのです。

夏に贈るお中元。

反対に、冬に贈るお歳暮。

筆者の家庭では、母親が祖父に贈っていました。

ただ、よくこんな会話が聞こえてくるのです。

(電話で…)

母「今年はお歳暮送ったから、お中元はいらないよね」

祖母「いらないいらない。うちからは送っとくから」

お歳暮とお中元を、どちらも贈る家庭。

どちらか一方を贈る家庭。

お中元やお歳暮の贈り方は様々なようですね。

どちらも、お互いお金がかかるものです。

両者で、話し合って決めても良いかもしれませんね。

では、本題に入りたいと思います!

スポンサードリンク

お中元の時期はいつからいつまで!?

では、お中元の時期はいつからいつまでなのか?

この疑問を解決していきましょう!

お中元の時期は、冒頭でもお話したとおり、

「地域ごとに違いがある」ことをご存知ですか?

地域の分け方は、「東日本」と「西日本」に分かれています。

nisi-higasi-new

東日本:7月初旬〜7月15日

西日本:7月下旬〜8月15日

「え?こんなに違うの?」

そう思った方も多いでしょう。

時期に関しては、外れているとマナー違反だと思われがちです。

特に注意したいのが、

関西→関東でお中元を贈る場合。

関西の方は、お中元を送る時期が遅いですよね。

「7月に入ってから、品物を買おう」

こう思っているうちに、

関東のお中元の時期が過ぎていた!

なんてことになるのです。

そのため、関東の方は、

フライングで関西の方にお中元を贈らないようにする。

反対に、関西の方は、早めに準備をしておく。

この考え方が必要になるでしょう。

ただ、この記事を見に来た方は、

「え?もうお中元の時期が過ぎてる…」

「どうしたらいいの?」

このように、焦っている方もいるかもしれません!

ただ、なんとかなります。

次の部分で解説していきますよ!

もし、お中元の日にちが過ぎてしまったら…

otyugen-dousuru

お中元の時期を確認したけど、時期が過ぎてた…

そんな方でも、形を変えれば贈ることが可能になるのです!

お中元の場合は、

「暑中見舞い」「残暑見舞い」というかたちに変えて、

贈ることができます。

先程紹介した、お歳暮の場合は

「お年賀」「寒中見舞い」という形に変えて、贈ることができますよ!

ただ、こちらもそれぞれに時期が設定されており、

時期によって、贈り方を変える必要があります。

では、一覧表でそれらを確認していきましょう!

zansyo

暑中見舞い:梅雨明け〜8月7日

残暑見舞い:8月7日〜8月31日

関東の方は、お中元の期間に間に合わなかった場合、

8月7日までは、暑中見舞いとして。

8月7日以降は残暑見舞いとして贈ることができます!

関西の方は、お中元の期間に間に合わなかった場合、

残暑見舞いとして贈ることができますね!

お歳暮に関しては、間に合わなかった場合、

お年賀:1月1日〜1月7日

寒中見舞い:1月8日〜2月4日

以上のように、時期によって様々な形に変え、

贈ることができます。

また、お中元自体、過ぎてしまったとしても、

一言断りの手紙を入れて、お中元として贈ることも可能です。

誠意を見せれば、相手方も納得してくれると思いますよ!

様々な方法で贈ることができるお中元。

みなさんも、何が良いかを考えて、贈ってみてはいかがでしょうか?

お中元の基本マナーとは?

最後に、お中元の基本的なマナーや何を贈るべきか?など、

豆知識的な部分をまとめます!

お中元の基本的なマナーとは?

tyugen-kihon

①の時期を間違えないは、今回の内容で説明しました。

②の、相場が決まっているもの、に関して。

こちらは、あまり高価なものを選ばないということや、

相場がわかっているものを選ぶようにするということです。

③の相手の状況を把握するとは、

相手が旅行に行ってしまった場合、長期間品物を受け取れない場合があります。

そして、相手が受け取った時、賞味期限が切れていたなんてことも。

また、毎年のように、住所を更新するなども必要なことになります!

④相手が困らない品選び、に関して。

こちらは、相手の好き嫌いなどをしっかりと把握しておくということです。

せっかく貰ったのに、食べられないなんてことになると、

相手にも気を遣わせてしまいます。

このあたりの情報も共有しておきたいですね!

⑤トレンドにあった品を選ぶという点について。

こちらは、お中元を贈る期間にあった、

夏らしい品を選ぶべきだということです。

水ようかん、モモ、アイスなど夏らしいものが非常に喜ばれますよ!

非常に簡単でしたが、基本的なマナーをまとめました!

他のマナーに関しても、当サイトでは触れているので、確認して見てくださいね!

まとめ

今回は、お中元の時期はいつからいつまで?

お中元の時期が過ぎてしまったらどうする?

このような話題をメインに取り扱いました。

お中元の時期は、関東と関西で違います。

特に、関西の方は注意してほしいです!

また、もしお中元の時期が過ぎてしまっても、

落ち着いていきましょう。

では、まとめです。

この記事のまとめ
①関東は7月初旬〜7月15日まで
②関西は7月下旬〜8月15日まで
③お中元は時期が過ぎてしまっても、別の贈り方で大丈夫

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です