ed1dcdfa

2015年夏クールに放送された「のんのんびより リピート」

最終回を見た方は、「あの」絶望感を味わったことでしょう。

 

いろいろな反応を見ていると、最終回を見ない選択をした方もいるらしいですね(笑)

最終回を見なければ終わりは来ませんからね(笑)

他の日常系にはない、あの独特な世界観をもう一度映像で見たい方は少なくないと思います。

実際、のんのんびより3期を希望する声が非常に多いんですよね。

正直、多すぎてまとめきれません(笑)

さて、のんのんびより3期は一体あるのか?

今回はのんのんびより3期の可能性について検証していきたいと思います!

 

また、円盤の購入以外に、3期を応援する方法についても紹介!

では、はじめましょう!

 

スポンサードリンク

のんのんびより3期へ!円盤は不振?

タイトルにもあったとおり、円盤だけ見ると可能性は低いかな?と思われます。

 

まず、2期の円盤の売上(2巻まで)を見ていきましょう。

 

○のんのんびより りぴーと 【全6巻】
巻数   初動      累計    発売日
BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 4,005(*,465) 5,438(*,***) 15.09.18 ※合計 5,903枚
02巻 4,545(*,467) 4,856(*,***) 15.10.28 ※合計 5,323枚
03巻 *,***(*,***) *,***(*,***) 15.11.25
04巻 *,***(*,***) *,***(*,***) 15.12.25
05巻 *,***(*,***) *,***(*,***) 16.01.27
06巻 *,***(*,***) *,***(*,***) 16.02.24

一応、続編製作に向け必要な円盤の売上は5000枚と言われていますが、なかなか厳しい様子。

何故厳しいのか?という話になりますが、続編を作るにあたって、どれくらい円盤が売れるのか?という推測をしながら製作委員会が決定します。

 

その際、当然売上が落ちるのに続編を制作しようとは思わないですよね。

 

しかし、のんのんびよりの1期との売上を比較してみると….

○のんのんびより 【全6巻】
巻数   初動      累計    発売日
BD(DVD)   BD(DVD)
01巻 7,546(*,***) 9,919(*,***) 13.12.25
02巻 7,159(*,708) 7,926(*,***) 14.01.29 ※合計 8,634枚
03巻 6,714(*,698) 7,302(*,***) 14.02.26 ※合計 8,000枚
04巻 6,653(*,666) 7,126(*,***) 14.03.26 ※合計 7,792枚
05巻 6,083(*,569) 6,956(*,***) 14.04.25 ※合計 7,525枚
06巻 6,698(*,660) 7,057(*,***) 14.05.28 ※合計 7,717枚

この売上から見ると、2期はだいぶ落ちていることがわかりますね。

2期以降の続編の製作で、円盤の面で重要なのは、枚数ではなく下がり方なんです!

 

1期よりも2期が下がっている場合、3期はほとんど放送されません。

(人気週間誌が原作のアニメ以外)

いかにして1期の円盤の売上を維持するか、が非常に重要になってくるんですね。

 

これを見ると非常に厳しいかなと思います。

3巻以降、売上をキープしてもたりませんね。

 

円盤の面では、惨敗と言ってもおかしくはないでしょう。

では、次はストックの問題ですね。

 

ストックが溜まるのは2年後!?

tokusouban8_image

さて、タイトルにも書きましたとおり、現在ストックがありません。

 

原作8巻分をほぼ全部使いきってしまったんですね(笑)

 

のんのんびよりは、時系列さえしっかりとしたらオリジナルを作っても問題はないと思いますが、その分作者さんの負担は増えますよね。

 

よく、アニメ化した漫画の原作は休載が増えていくというのを聞いたことがあります。

のんのんびよりの場合も、1期でまさにその現象が起きたんですね。

そのことから考えても、ストックをためるには最低でも2年かかるようです。

2016年内に3期が放送される可能性というのはなかなか低いように思えますね。

 

 

結局3期やるとしたらいつごろ?

結局、3期をやるならいつごろ?という話になりますが、早くても2年後でしょう。

2年後、円盤も少しづつ売れて、グッズも売れてくれば、今後3期の可能性もでてきますね。

しかし、日常系ではもうひとつのジレンマが存在するんです。

(どのアニメにも実は当てはまりますが)

 

それは、期間が開き過ぎると円盤がどんどん売れなくなるというもの。

こちらはデータ等を上げるとすこしボリュームが増えてしまうため控えますが、少しづつファンが離れてしまうという現象に陥るわけですね。

 

そのことを踏まえつつ、3期製作を模索して欲しいですね!

 

 

円盤の購入以外で3期を応援する方法!

さて、円盤の購入以外で3期の製作の可能性を上げる方法はあるのでしょうか?

 

今回はその方法について紹介しましょう!

詳細なものは以下の記事に書かれています。

円盤製作以外で続編製作を応援する方法まとめ

こちらの記事を読んでいただくと、以下の内容がわかりやすくなりますよ!

では、実際にのんのんびよりの続編を応援する方法ですが、まずは製作委員会の確認からです。

製作委員会の上位二つには以下の会社が入っています。

KADOKAWA、テレビ東京

この製作委員会の上位に入っている会社を見れば具体的な応援方法がわかります。

 

まず、KADOKAWAですが、こちらは出版社ですね。

ということは、原作を買うことは非常にいい応援になります。

(多くのアニメは、原作を買っても応援にはなりませんので、一番上位が出版社と言うのは珍しいですね)

 

次はテレビ東京です。

こちらは、やはり円盤の要素が大きそうですね。

アニメーションの一番根幹の部分でしょう。

 

そして、まだあります。

こちらは円盤を購入できない方におすすめです。

 

それが、有料配信です!

有料配信は、一話216円からと少額から始められ、円盤ほどでは有りませんが、貢献度も大きいですよ!

この有料配信は、バンダイチャンネルというサイトから見ることができます。

バンダイチャンネル

 

このように工夫して応援していくことで、2期の可能性がぐっと近づきますよ!

 

3期製作のために、応援を続けましょう!