【約束のネバーランド】6巻の発売日と特典情報!ネタバレも紹介

今や、人気漫画の仲間入りを果たしたといっても過言ではない、約束のネバーランド。

新章に突入し、さらに熱い展開が期待されるこの漫画ですが、今後はどうなっていくのか。

やはり、良い意味でジャンプらしくない描写や雰囲気が人気の理由でしょう。

さて、そんな約束のネバーランドですが、5巻まで発売され、次は6巻になります。

今回は、約束のネバーランドの6巻に関して、発売日や特典の有無、ネタバレを紹介していきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

約束のネバーランドの6巻の発売日

まずは、約束のネバーランドの6巻の発売日を紹介していきます。

約束のネバーランドの6巻の発売日はいつになるでしょうか?

はじめに、これまでの発売日一覧をご覧ください。


約束のネバーランド6巻の発売日一覧

  • 1巻→「GFハウス」2016年12月2日発売
  • 2巻→「コントロール」2017年2月3日発売
  • 3巻→「ブチ壊せ!!」2017年4月4日発売
  • 4巻→「生きたい」2017年7月4日発売
  • 5巻→「脱出」2017年9月4日発売
  • 6巻→?

2ヶ月に1度の発売クールとなっています。

では、約束のネバーランドの6巻の発売日情報に入ります。

約束のネバーランドは、既にジャンプ公式サイトで発売日がアナウンスされています。

約束のネバーランドの6巻は2017年11月4日(金)の発売の予定です!

アマゾン等でも順次予約が開始されるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

約束のネバーランドの6巻の特典情報

約束のネバーランドの6巻に特典は付くのでしょうか?

現状、約束のネバーランドの6巻に特典が付くという情報は入っておりません。

公式側も特典の有無については情報を出していませんので、6巻には公式の特典がつかないことが予想されます。

本来、ジャンプコミックスには特典がつかないことが多いです。

約束のネバーランドも例外ではないということでしょう。

ただ、細かい店舗特典は付く可能性は十分にありますね。

今のところ、アニメイト等でも特典が付くというような情報は出していませんが、大手の書店での購入であれば、店舗特典が付く可能性はあります。

もし、約束のネバーランドの6巻に特典が付いた!という方は、コメント欄に書き込んでいただけると幸いです。

約束のネバーランドの6巻のネタバレ

最後に、約束のネバーランドの6巻のネタバレをしていきます。

収録話数は44話〜52話となります。

何者だ!?

ミネルヴァを探すために、外の世界に出たエマ達。

しかし、外の世界は想像以上に厳しい世界でした。

5巻では、鬼に追い詰められレイと離れ離れになった一行。

エマが倒れてしまい、絶体絶命状況。

そんな時、謎の人物から声をかけられます。

謎の人物

「こっち….」

「こっちよ….」

アンナ「女の子?」

ドン

(”外”に人間はいる)

(味方?助かった….)

一行が安堵の表情をしていますが、慎重さを見せたのはギルタ。

ギルタ

「待って!!!」

「あなたはだれ?何者?」

「どうしてこんなところにいるの?」

嫌な予感を感じ取るギルタ。

ギルタ「顔を見せて!!!」

その正体は…..

絶体絶命のレイ

鬼をエマ達から遠ざけるため、とにかく走るレイ。

どんどん数を増やす鬼たち。

レイ

(右!左!背後)

(完全に囲まれている!!!)

走りながらも思考を回転させるレイ。

レイ

(さっきまでの鬼とは違う)

(無駄がない、計算された…)

(訓練を重ねて鍛えられた動き!)

レイ

(けど、襲ってはこない)

(おれが”特上”だからだ)

(疲れるのを待っている)

レイ

(止まったら負け)

(その時点でおれは捕まる!)

(上等だ….!)

レイは数々のルートを導き出し、鬼ごっこをしていきます。

そして….

レイ(左!!!!)

レイの動きに続く鬼。

しかし…

鬼「いない…?」

見事にフェイントを決めたレイ。

ただ、レイの位置は鬼たちを統括するものによってバレています。

そのため、結局まだまだ追いかけられてしまう。

鬼1「しぶといな」

「もうだいぶ走っているぞ」

鬼2

「ああ」

「だが、じきバテる。問題はない」

ただ、全くレイはあきらめていません。

レイ

(よし、完全に逆側と距離を離すことができた)

(おそらく、全追手をひきつけて)

鬼の統括者「そのまま群狼の陣で追いこめ!」

どんどん追い込まれていくレイ。

レイ

(どんどん道を奪われていく)

(抜け道を何度作ってもすぐに封じられる)

(まるでママとチェスをしているようだ)

(負けるもんか….)

(諦めてたまるか!止まってたまるか!)

しかし….

完全に囲まれるレイ。

レイ

(チクショウ、何か手は….)

(まだだ、まだやれる)

(おれは生きるんだ)

鬼の統括者「終わりだ」

レイ(まだ抜け道を作って….)

そう思い、走り出すレイ。

しかし、足がもつれて転んでしまいます。

レイ(うごけうごけうごけ)

鬼の統括者

「もういい、貴様はよくやった」

「諦めろ」

レイ(絶対に嫌だ!!!!)

その時….

こいつは一体….?

この後の展開は、実際に約束のネバーランドの6巻を読んでお確かめください。

謎の少女やレイを助けた謎のマントマン。

次々に「鬼側」のことが分かってくる6巻。

今回も熱い展開が続きますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です