【夏バテ】無理やり食べるのは逆効果?食欲不振の対策を解説

暑すぎる…

こう毎日熱いと、なかなか外に出たくない。

そう思いませんか?

クーラーをガンガンにした部屋で、一生寝ていたい!

しかし、そんなわけにもいかないですよね(笑)

クーラーが付いた部屋から、外に出ると温度の差によって、夏バテの原因になりかねません。

もし、夏バテになってしまうと、食欲不振になり、さらに症状が悪化する。

そういった負のスパイラルに陥る可能性が高いのです。

今回は、夏バテの予防・対策を考えていきます。

夏バテになってしまったら、無理やり食べることで症状が改善するのか。

そういった知識も解説していきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

夏バテの原因と症状を簡単に

まずは、夏バテの原因と症状を簡単に解説していきます。

夏バテの原因となるものは、以下の3つになります。


POINT

夏バテの原因

  1. 室内と外気温の差による自律神経の乱れ
  2. 発汗による脱水
  3. 睡眠不足

こういった原因によって、夏バテは起こります。

やはり、夏はクーラーが効いた場所が多いです。

急な温度変化が続くと、体調を崩しやすくなってしまいます。

また、脱水症状によるミネラル不足や、

熱帯夜が続くことにより、睡眠不足を起こすことが多い。

こういったことも、夏バテの原因となります。

そして、一度夏バテを起こしてしまうと、

食欲不振となり、栄養失調からさらに体調を崩す。

こうした「負のスパイラル」に陥る傾向があります。

続いて、夏バテの症状を簡単に解説していきましょう。

夏バテの症状

夏バテの症状には、大きく以下の3点が考えられます。


POINT

夏バテの症状

  1. 全身の倦怠感
  2. 食欲不振
  3. 夏風邪

まず、一番の症状としては「全身の倦怠感」が挙げられます。

何かしたわけでもないのに、疲れやすい。

これは、夏バテによる体調不良が考えられます。

また、先程お話した「食欲不振」ですね。

これは、夏バテ自体の原因としても考えられます。

夏は、どちらかと言うとサラっとしたものが食べたくなりますよね。

しかし、肉やご飯を食べず、そうめんなどが多くなることで、栄養失調になりかねません。

そして、夏バテを起こしてしまうのです。

まずは、栄養をしっかりと摂ることが重要になります。

でも、「食べたくない」ことが多い。

それが夏バテなのです。

もし、夏バテになってしまったら….

無理やり食べることは正解なのか?

次は、本題となる部分を解説しましょう。

スポンサードリンク

夏バテの対策に「無理やり食べる」のは正解?

さて、夏バテになってしまった場合、

やはり重要なのは栄養を摂ることでしょう。

しかし、食べたくないのに、無理やり食べなくてはいけないの?

このような疑問があると思います。

結論からお話しますと、

夏バテのときに「無理やり食べる」ことは、逆効果です。

その理由は以下のとおり。


POINT

夏バテの時、無理やり食べることがダメな理由

→嘔吐や下痢の要因になる

→きちんと吸収されない


無理やり食べることによって、嘔吐や下痢の原因となってしまいます。

夏バテの時は、消化器官が弱っていることが多いです。

そのため、無理やり食べることで、さらに負担をかけることに繋がります。

たしかに、栄養のあるものを摂ることは大事です。

しかし、きちんと吸収されないのでは、無理やり食べることは無意味ですよね?

そういった理由から、夏バテの際に無理やり食べることは逆効果なのです。

夏バテの時は、無理に食べることはせずに、考えて栄養を摂るようにしたいですね。

でも、どう栄養を摂ればよいのか?

続いては、夏バテの対策として、正しい栄養のとりかたを解説していきましょう。

夏バテの対策に!正しい栄養のとりかた

では、無理やり食べるのはダメだとわかったところで、

夏バテ時の正しい栄養のとり方を学んでいきましょう。

夏バテの時は、以下のように栄養を取っていきます。


POINT

夏バテ時の栄養のとりかた

  1. ビタミンB群
  2. 胃に負担をかけない食べ物を食べる

こちらが、夏バテ時に必要な食べかたです。

栄養素として、夏バテの対策に必要な栄養素が1つあります。

それが、「ビタミンB群」になります。

その中でも「ビタミンB1」が重要。

ただ、ビタミンB1は豚肉等にたくさん含まれる栄養素です。

夏はあまり肉を食べたくない!という人は多いですね。

また、夏バテになった場合、胃に負担をかける食べ物を避けたほうが良い。

この部分を考えるならば、肉を食べるよりは、他のものを食べるほうが良いと思われます。

(もちろん、食べられるなら豚肉等をきちんと食べることをおすすめします)

では、肉が食べられないんだとしたら、

何を食べればよいの?という疑問が湧いてくるでしょう。

この部分は次の章で紹介していきます。


MEMO

今回は、メインとして食べ物を食べる対策を紹介しています。

しかし、夏バテになってしまった場合の対策として、以下のようなものも重要です。

  • きちんと寝る
  • 室温の調節をきちんとする

こうした対策をきちんとしておくことで、夏バテを早く解消することができるでしょう。


夏バテに効く!食べ物・飲み物

夏バテになってしまった場合、重いものは食べたくないですよね。

そこで、さっぱりとしたもので、夏バテに効果がある食べ物や飲み物を紹介します。

夏バテに効果がある食べ物として、以下のような物があります。

(もちろん、消化吸収が良いものに絞ってあります)


POINT

夏バテに効果がある食べ物

  • レモン
  • オレンジ
  • 梅干し
  • オクラ
  • やまいも

夏バテに効果がある飲み物

  • スポーツドリンク
  • 甘酒
  • トマトジュース

もし食べられるなら….

  • 豚肉
  • ほうれん草
  • うなぎ
  • 玄米
  • にんにく
  • ニラ

これが、夏バテに効果がある食べ物です。

「ビタミンB1」「クエン酸」「ナイアシン」といった栄養を重視した食べ物です。

やはり、おかゆなどで一緒に梅干しを入れるなどで、対策をすると良いでしょう。

また、筆者のおすすめは「甘酒」になります。

こちらは、飲み物として、夏バテに非常に効果があるといえます。

下記の記事で、甘酒の夏バテに対する有効性を書いていますので、

時間がありましたら、読んでみてくださいね。

魔法の飲み物で夏バテ対策!?甘酒で夏の衰弱を予防しよう!
まさかの夏バテ対策?として、少しずつ話題になっている「甘酒」 「夏に甘酒って飲むものなの?」 このような疑問が湧いてくる...

まとめ

今回は、夏バテにおいて、無理やり食べるのはNGが?というキーワードでまとめていきました。

夏バテを起こしている場合は、消化器官が弱っている可能性が高いです。

その場合、食欲が無いにも関わらず、無理やり食べることは避けたほうが良さそう。

やはり、消化吸収の良い食べ物・飲み物を飲み、しっかりと休む。

これを意識することで、夏バテも解消することができますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です