【夏バテ】気持ち悪い時の対処法を解説!吐き気を解消する食べ物とは

夏真っ盛りのこの状況。

やはり、ジメジメしていて、相当きついですよね。

正直、一生クーラーのついた部屋で寝ていたいものです。

ただ、そういうわけにもいかない。

どんなにだるくとも、社会に出ていかなくては行けないですからね。

さて、このだるさですが、実は夏バテの可能性があります。

夏バテは、日常的な倦怠感や食欲不振が症状として現れるのですが、

厄介な症状として、「気持ち悪い」というものが挙げられます。

気持ち悪いくらいで会社を休むことなどできないので、

なんとかしたい症状の1つでもあります。

今回は、夏バテの原因を解説した後、

気持ち悪い時の対処法を考えていきましょう。

また、気持ち悪い時の対処法として、食べ物や飲み物からのアプローチも考えていきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

夏バテが起こる原因と症状を簡単に

まずは、非常に簡単にはなりますが、夏バテが起こる原因と症状を解説していきます。

夏バテの原因として考えられるものは、以下の3つがあります。


POINT

夏バテの原因

  1. 室内と外気温の差による自律神経の乱れ
  2. 発汗による脱水
  3. 睡眠不足

やはり、室内はクーラーがかかっています。

それが原因で、気温差が生じてしまうのです。

そして、急激な体温変化により、自律神経が乱れてしまう。

また、夏は脱水状態になりやすく、

クーラーが効いた部屋でも熱中症になることもあります。

これも、1つの原因といえるでしょう。

最後の原因として、

夏場の熱帯夜による、睡眠不足が挙げられます。

寝苦しい夜が続き、睡眠にも影響が出るわけですね。

これらの原因によって、夏バテが起こります。

また、その後の症状によって、さらに夏バテがひどくなるという、

「負のスパイラル」に陥ることも多いです。

では、その症状の部分を見ていきましょう。

スポンサードリンク

夏バテの症状

夏バテの症状としては、大きく分けて2つあります。

また、この症状が原因で、夏風邪に発展するパターンも多いです。


POINT

夏バテの症状

  1. 全身の倦怠感
  2. 食欲不振
  3. 夏風邪

やはり、「だるい」というものが、夏バテでは有名な症状でしょう。

体のだるさは本当に厄介ですよね。

朝起きてもだるい…

なんてことが多いのです。

また、食欲がなくなり、そういった原因が重なって、③の夏風邪に繋がります

夏バテの時点で、消化器官は弱まってしまっています。

やはり、それが原因で、気持ち悪くなったり、下痢になったりしてしまうのです。

では、夏バテによる吐き気の対処法を解説していきましょう。

【夏バテ】気持ち悪い時の対処法を解説

では、こういった夏バテの症状、特に吐き気に対する対処法を考えていきましょう。

やはり、早めに夏バテを解消していきたいですよね。

特に、気持ち悪い症状は気分が落ち込むため、早めになんとかしたい。

こうした夏バテに対する対処法としては、以下の四点があります。


POINT

夏バテで気持ち悪い時の対処法

  1. 室温の調節
  2. 睡眠をきちんと取る
  3. お風呂での対処
  4. 栄養の補給

①・②・④は夏バテそのものの原因を取り除く対処法。

③は、気持ち悪いという症状に効くものです。

これらをできるだけ調節すれば、夏バテもすぐに解消することができます。

では、それぞれを細かく解説していきましょう。

対処法①室温の調節

まずは、夏バテの直接的な原因にもなった、室温の調節をしていきましょう。

室内温度と、外の温度を「5℃以内」に収めることが望ましいとされます。

みなさんは、クーラーの温度を何度に設定していますか?

もし、低すぎる温度に設定している場合、それが原因になっている可能性があります。

では、何度に調節すればよいのか。

夏場の室温として、望ましいとされるクーラーの設定は28℃です。

よく言われる数字ですよね。

しかし、家によって、最適なクーラーの設定温度は違います。

ヤフーニュースの意識調査で「室温28℃設定はどう感じる?」という調査がされました。

その結果として、以下のようなデータが出ました。


データ

「室温28度設定について、どう思いますか?」

  • 暑い:83.4%
  • ちょうど良い:15.5%
  • 寒い:1.1%

(参考:Yahooニュース 意識調査調べ)


大半の方が、「熱い」と感じるようです。

クーラーの温度設定として、28度を推奨しましたが、熱いと感じるならば、温度を下げても良いでしょう。

熱い中にいても、この後解説する「睡眠」に影響が出る可能性もあります。

そのため、当サイトの夏バテを解消する温度設定では、

クーラーの最適な温度を26℃〜28℃としておきます。

26℃より下げてしまうと、気温差が大きくなりますので、

これよりは下げないように注意をしましょう。

対処法②睡眠をしっかりと取る

こちらも非常に重要な部分です。

やはり、夏バテを解消するには、睡眠をとり、休息をしっかりと取ることが必要不可欠。

この際、以下のようなポイントを守りましょう。


POINT

睡眠時間の確保

  • 7時間以上眠る
  • ゴールデンタイムの3時間は寝ておく

まずは、睡眠時間の総量です。

これは、7時間〜8時間は確保するようにしましょう。

日本人のほとんどの方が、7時間以上の睡眠が適切とされています。

仕事で忙しい方も、なるべく睡眠時間を確保するように調節したいですね。

そして、ゴールデンタイム(10時〜3時)の睡眠です。

この時間は、体の修復が最も活発に行われる時間とされています。

この時間帯に眠ることで、体調の回復が早くなりますよ。

ただ、1つ問題があります。

どうしても夏は寝苦しいですよね。

クーラーがある部屋に住んでいればよいのですが、

どうしても暑い部屋だと眠れないことの方が多いと思います。

この場合、扇風機やアイスノン、ジェルパッドなどを駆使して、

適度に体を冷やしながら眠る。

クーラー無しだと流石に熱いのですが、

それでも寝苦しさを解消する工夫が重要ですね。

ちなみに、筆者のイチオシはジェルパッドと扇風機の併用。

ジェルパッドを持っている方は少ないかもしれませんが、

寝苦しさを解消してくれますよ。

mofua cool 接触冷感 敷きパッド アウトラスト ( 抗菌 防臭 防ダニ ) シングル ブルー 51710102

対処法③お風呂の入り方を工夫する

こちらは、夏バテが原因で気持ち悪いという症状に、直接作用する対処法になります。

気持ち悪いという症状には、なかなか効果があるお風呂の入り方があるのです。

以下が、その方法です。

非常に簡単なので、試してみてください。


POINT

「気持ち悪い!」を解消する風呂の入り方

  • ぬるま湯(38℃〜40℃)に設定する
  • 20分〜30分入る

たったこれだけです。

じんわりと汗をかくことで、吐き気の症状も同時におさまります。

メカニズムなどは長くなるので説明しませんが、

こちらの方法は風呂以外は必要ないのでおすすめでしょう。

ちなみに、汗をかくとおもうので、十分に水分補給はしてください。

水分不足も症状が悪化する要因です。

対処法④栄養をしっかりと摂る

最後は、栄養補給です。

体調不良は、きちんとした栄養を摂ることで、解消されます。

夏バテを解消する栄養素としては、「ビタミンB群」が重要になってきます。

この他、「クエン酸」「ミネラル」など、体を整えるような栄養素を取る必要があります。

ビタミンB群の中でも、特に重要なのが「ビタミンB1」です。

これは、糖質をエネルギーに変える栄養素なのですが、夏場はこちらの栄養が不足しがち。

その結果、糖質がうまく取り込まれずに、体の怠さを引き起こすことに繋がるのです。

では、そんなビタミンB1を摂取するためには、どんな食べ物を食べればよいのでしょうか?


参考

ビタミンB1を多く含む食べ物

  • 豚肉
  • ほうれん草
  • うなぎ
  • 玄米
  • にんにく
  • ニラ

特に優秀なのが、豚肉とほうれん草です。

この2つは、ビタミンB1を摂取するのに、非常に優秀な食べ物になります。

ただ、これらの食べ物は「気持ち悪い」という症状が出ていると、

あまり食べたくないものですよね?

次の章で、吐き気の症状が出てしまっている際に、

おすすめの食べ物を解説していきます。

吐き気の症状が出ている場合の食べ物

では、吐き気の症状が出ている場合の、食べ物を紹介していきます。

吐き気の症状が出ている場合、夏風邪をひいている可能性もありますので、

そちらにも効果があるものを挙げていきます。

気持ち悪い場合でも食べられるものとしては、以下のような物がおすすめです。


POINT

気持ち悪くても食べられるもの

【食べ物】

  • 梅干し入りのおかゆ
  • おくら
  • やまいも
  • レモン
  • オレンジ

【飲み物】

  • スポーツドリンク
  • 甘酒
  • トマトジュース

以上のような、さっぱりとしたもので、かつ栄養をしっかりと取れるものが望ましい。

考えられるメニューとして、梅干し入りのおかゆと、味噌汁などが良いと思います。

ちなみに、飲み物では「甘酒」がおすすめです。

夏バテ対策に効果を発揮する、意外な飲み物として有名な「甘酒」。

ビタミンB1が豊富で、吸収率も非常に良いため、

夏バテ対処法としては、非常に効果を発揮します。

もし、水分補給をするならば、甘酒がおすすめです。

まとめ

今回は、夏バテで気持ち悪くなったときの対処法を考えていきました。

また、夏バテに効く食べ物など、様々な角度から記事を書いていきました。

夏バテは非常につらいですよね。

夏バテになってしまった場合を想定していますが、一番は夏バテにならないことが重要。

しっかりと休息、栄養補給を忘れずにいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です