魔法の飲み物で夏バテ対策!?甘酒で夏の衰弱を予防しよう!

まさかの夏バテ対策?として、少しずつ話題になっている「甘酒」

「夏に甘酒って飲むものなの?」

このような疑問が湧いてくると思いますが….

夏こそ甘酒です。

甘酒の栄養価は目を見張る部分が多く、多くのメディアでも注目されてきた食材なのです。

今回は夏バテ防止対策として、「甘酒」の効果を解説していきましょう。

スポンサーリンク

夏バテが起きてしまう理由

甘酒による夏バテ防止対策の解説をしていく前に、夏バテが起きる理由を簡単に解説していきます。


夏バテが起きる理由

  1. 体内の水分・ミネラル不足
  2. 食欲不振による栄養不足
  3. 屋内と外気温との差による自律神経の乱れ

主な理由として、以上の3点が挙げられます。

夏は室内でも熱中症を起こすくらいなので、水分不足になるパターンが非常に多いです。

脱水症状を起こしてしまうと、他の機能も低下する可能性が高く、注意が必要。

また、食欲が起きないことで、栄養失調になることが多い。

意識して食べることも必要になってきます。

最後の「室内と外の気温の差」に関してですが、温度の差としては5度以上になってしまうと、症状が発生しやすくなります。

自律神経の乱れは、睡眠や食欲にも影響を及ぼします。

こうした原因が「負のスパイラル」としてやってくるのが、夏バテなのです。

さて、以上の3点のような原因があるなかで、なぜ甘酒に効果があるのか?

続いて、その部分を解説していきます。

スポンサードリンク

夏バテ防止対策に使える!甘酒の魅力

では、夏バテの原因を確認したところで、甘酒が夏バテ防止の対策として使える理由を紹介します。

甘酒が夏バテ防止の対策として使えるのは、上記の夏バテの原因の①&②の2つに効果があるからなのです。


甘酒が夏バテ防止対策に使えるのは…

  1. 栄養価が高い
  2. 夏でも飲みやすい

このような理由から、甘酒は夏バテ防止の対策に使えるのです。

では、それぞれの理由を深掘りしていきましょう。

栄養価が高い!

さて、甘酒は「飲む点滴」と言われるほど、栄養価が高いのです。

甘酒は、「ダイエット」や「美容」としての効果が非常に注目されてきました。

栄養価の高さや腹持ちがいいという点も、ダイエットに適していたのです。

では、甘酒の栄養価について、少し詳細な解説をしておきたいと思います。

夏バテの対策に必要な栄養価として、「ビタミンB群」が挙げられます。

ビタミンB群は、体内で「エネルギー」を生成する栄養価なのです。

特に、ビタミンB1が必須の栄養素となります。

しかし、ビタミンB1は肉に多く含まれるため、あっさりとした食べ物を食べたくなる夏は、不足しがちな栄養素なのです。

その結果、エネルギーの生成に障害が出てしまい、夏バテに繋がります。

このビタミンB1を多く含む、甘酒。

甘酒のビタミンB1の体内吸収率は、9割以上と言われており、効率よくビタミンB1を取ることができます。

このほか、炭水化物も豊富。

ご飯を食べたくない!という場合、炭水化物の面でもカバーすることができますね。

飲みやすい!水分補給も可能

甘酒の最大の魅力は「飲み物」という部分でしょう。

「食べる」ことは抵抗があったとしても、飲むのは簡単。

ミネラルも豊富なので、水分としての効果も期待できます。

甘酒には様々なタイプがありますが、最近は飲みやすいものも多いですね。

市販のものでも、飲みやすいように作られている甘酒が多いです。

ただ、甘酒には「酒粕」「米麹」という2種類のタイプが存在します。

この後「データで見る甘酒の選び方」で、どちらが良いのか?を解説していきますよ。

データで見る!夏バテの予防・対策に良い甘酒とは

では、栄養価の高さに関して、データで裏付けをしていきましょう。

このデータを通して、「酒粕」と「米麹」のどちらのタイプの甘酒が良いのか?を考えていきたいと思います。

まずは、酒粕の栄養価を見ていきましょう。

◯酒粕の甘酒【栄養価】

エネルギー 227kcal
タンパク質 14.9g
脂質 1.5g
カリウム 28g
葉酸 170mcg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.26mg
ビタミンB6 0.94mg
食物繊維 5.2g
ビタミンC 0mg

酒粕で作るタイプの甘酒は栄養価も非常に高いです。

葉酸・食物繊維などの数値が高く、ダイエットに良いとされています。

しかし、酒粕で作るタイプは、砂糖が多く用いられる傾向があるため、実際のカロリーはこの数値より上になります。

◯米麹の甘酒【栄養価】

エネルギー 286kcal
タンパク質 5.8g
脂質 1.7g
カリウム 61mg
葉酸 71mcg
ビタミンB1 0.11mg
ビタミンB2 0.13mg
ビタミンB6 0.11mg
食物繊維 0.11mg
ビタミンC 0g

こちらは、酒粕で作る甘酒よりは栄養価が低いものになります。

しかし、所々で栄養価が高い部分があります。

それがカリウム・ビタミンB1です。

夏バテ防止の対策において、これらの栄養は非常に重要なもの。

米麹の甘酒はビタミンB群の吸収率も良く、効率的にこれらの栄養を補給できます。


データから分かること

以上、データの比較になります。

さて、これらからわかることとして、結論を言っておきます。

夏バテ防止の対策として、優秀なのは「米麹」の甘酒であることがわかりますね。

米麹の甘酒は美容効果も期待されるため、毎日摂っておきたいものです。

ただ、甘酒の飲み方には、少し注意点があります。


夏バテ予防の対策に効く!甘酒の飲み方

では、夏バテ予防の対策として、甘酒の飲み方を解説しておきましょう。

甘酒はカロリーが高いものになります。

そのため、飲み過ぎると太る原因になるのです。

100mlで100カロリーに近いため、飲み過ぎには注意が必要です。

では、甘酒のおすすめの飲み方とは何なのか。

まず、時間帯です。

こちらは、の時間が望ましい。

朝の時間帯に飲むことで、代謝を高める

こうすることで、1日の活力の源になってくれますよ。

また、量に関しては、100ml〜200mlが望ましいでしょう。

やはり、飲みすぎてしまうと、太る原因となってしまう。

この理由から、飲み過ぎはNGと言えるでしょう。


MEMO

注意点として、甘酒はすべての栄養を補ってくれるわけではありません。

甘酒のみでカバーできる範囲は限られています。

甘酒を飲むだけで、ビタミンB群が全てをカバーするなんていうことはできないわけです。

つまり、しっかりと食べ物から栄養を摂る必要がある。

そういった考え方は非常に重要なので、忘れないようにしてくださいね!


夏バテ予防の対策に効く!甘酒のおすすめ

では、最後夏バテ予防の対策に使える!

甘酒のおすすめを紹介していきましょう。

夏バテ予防の対策に使える甘酒としては、「米麹」の甘酒が良いとお話しました。

市販品でどの甘酒を選べばよいか?についてですが…..

スーパーで売っているものを選ぶなら、こちらでしょう。

一本130円〜140円で売っているこちらの甘酒。

スーパーによって、少し値段が違うようですが、だいたいリーズナブルな値段で購入可能。

マルコメの甘酒」はすっきりと美味しいと評判の甘酒になります。

アマゾンでまとめ買いもできるので、ストックしても良いですね。

また、ダイエットや美容効果として、本気で考えるなら、以下の甘酒がおすすめ。

こちら、ネット上でも絶賛されている甘酒になります。

遠藤酒造場の甘酒造り酒屋の甘酒」は、砂糖不使用。

どうしても、甘酒は砂糖を使ってしまいがちです。

ただ、こちらの甘酒は砂糖不使用で米と米麹のみで作った本格的な甘酒。

一本1000円近くしますが、何より美味しく、効果があると話題になりました。

しかし、注意点が1つあります。

「二ヶ月待ち」です(笑)

やはり、人気の甘酒ですね。

他にも、このタイプの甘酒で人気の商品がありますが、そちらも売り切れ。

甘酒ブームがきているな、と感じますね。

まとめ

今回は、夏バテの予防・対策になる甘酒について解説しました。

甘酒の効果は、最近多くのメディアで伝えられています。

ただ、何度もお話するように、甘酒だけを飲んでいればOK、

なんてことはないのです。

夏場でもきちんと食べ物から栄養補給をするようにしましょう。

それが、夏バテの一番の予防・対策になりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です