「右から〜右から〜何かが来てる〜」

このフレーズで一時期大ブレイクした芸人といえば、ムーディ勝山さんですよね。

私が小学生くらいのときに流行したネタで、みんなで真似していた印象があります。

 

今の高校生世代の方は、全く知らないネタになるのかな?と思いますが、あの頃はかなり流行りました。

今考えると、何が面白いんだろうというギャグなのですが、それも一発屋芸人らしさが出ています。

 

さて、そんなムーディ勝山さんは今現在、何をしているのでしょうか?

今はテレビで見かけなくなりましたが、現在は地方ラジオ局で大活躍中。

 

実は、今、ムーディ勝山が熱い!ということで、現在はどんな仕事をしているのか?をまとめていきます。

 

その他、月収はどれくらいになるのか?についても、解説を進めていきましょう。

 

スポンサードリンク

【ムーディ勝山の現在】地方局で再ブレイク中!

冒頭でも触れていたように、ムーディ勝山さんは現在のところ、地方局で再ブレイクを果たしています。

一発屋芸人と言われる方々は、「ブレイク→営業で荒稼ぎ」という流れで一生稼いでいけると言われているのです。

 

テレビでの仕事よりも、営業の仕事のほうが楽に稼げるという背景もあります。

ただ、やはり番組に出ていることが1つのステータスにはなりますね。

 

ムーディ勝山さんの場合、ブレイク→営業という流れはもちろんのこと、現在は地方ラジオ局で再ブレイクを果たしているのです。

 

なんと、地方局のレギュラーは「6本」ということで、もはや売れっ子の勢いですよね。

 

【ムーディ勝山の現在のラジオ仕事】
『それいけミミゾー』(TBC東北放送)
『ムーディ勝山のおもてなしGo Round』(e-radio)
『ロケットぱぁんちG』(TSCテレビせとうち)
『しが鉄』(NHKしが)
『ムーディ勝山の受け流さないラジオ』(かつしかFM)
『High! MORNING!』(ZIP-FM)

なんと、地方のラジオ局で6つのレギュラーを持っています。

「なんだ、テレビじゃないのか」と思われるかもしれませんが、ラジオで6つのレギュラーを持つということは、なかなか売れているものですよ。

 

スポンサードリンク

 

確かなリポート力

ムーディ勝山さんがラジオで6つのレギュラーを抱えたきっかけとなったのは、「リポート力」が認められたからだそう。

東北放送の「それいけミミゾー」にて、レポートをする仕事をオーディションで勝ち取ります。

そこで、少しずつ「見えないものを実況する力」が認められ始めました。

 

ラジオは、テレビよりも難しい。

映像がない分、聞き手が勝手に想像をして、理解をしていきます。

だからこそ、話し手の実力が試されるわけです。

 

ムーディ勝山さんは、レポートする能力に長けていて、それが徐々に認められ始めました。

その評判が広がって、ラジオ局で多くの仕事を受けるようになるわけですね。

 

もちろん、声質も良い!

本当にラジオ向きの声をしていますよね(笑)

この声質、歌唱力はラジオでも大きな力になっているみたいです。

 

ここにベテラン芸人らしい喋りがつくわけですから、好感度も高まりそう。

地方局とはいっても、東北から関西までいろいろな地方でラジオに出演中。

 

ラジオには根強い人気があり、これからもムーディ勝山さんのラジオ仕事は増えていく可能性が高いでしょう。

今回、ムーディ勝山さんが再注目されているということもあって、今後の動向にも注目ですね。

 

もちろん、営業の仕事もある

先程お話したとおり、過去のブレイク芸人は営業だけで食べていけます。

そう、ムーディ勝山さんはラジオでの仕事以外にも、地方の営業でしっかりと稼いでいるのです。

 

よく、テレビで見なくなった芸人さんが「ブレイクしていた頃よりも忙しい」と話します。

これは虚勢ではなく、地方を飛び回り、たくさん営業活動等をしているからです。

 

ムーディ勝山さんの場合、レギュラーのラジオ6本に加え、多数の営業活動をしています。

おそらく、ブレイクしていた頃と同じくらい、仕事に時間をかけているでしょう。

 

 

 

「消えた」と言われてから、十年近くの月日が経ちました。

しかし、今でも地方のLIVEでは、これだけの人を集めるわけです

ムーディ勝山さんの場合歌ネタですから、会場も盛り上がりやすいため、仕事も多い様子。

 

テレビに出たからと言って、「無職」扱いするのはだめですね。

 

ムーディ勝山の今現在の月収はどれくらいなのか?

ただ、月収に関しては、「ブレイク時より稼いでいる」という可能性は低いでしょう。

なぜなら、ブレイク時の月収が凄まじすぎるのです。

 

10年以上前になりますが、テレビでブレイクしていたころは、月収が600万円を超えていたとのこと。

営業やラジオを多数受け持っているとはいえ、月収が600万円を超えることはまず無いと思われます。

 

では、今現在はどれくらい稼いでいるものなのでしょうか?

ラジオ局からのギャラは、もちろん人によって違います。

 

過去、加藤浩次さんが暴露していたギャラは、ラジオ2時間半で1万円ポッキリ。

 

加藤浩次さんクラスでその金額ですから、ラジオのレギュラーとは言っても、そこまで大きな金額にはならないでしょう。

 

ただ、営業に関しては、夢がある数字になります。

有名な「テツandトモ」さんの場合、営業1本で50万円〜だそう。

 

そして、月に20本出演する時もあるんだとか。

単純計算しても、月収は1000万円を超えています。

 

ムーディ勝山さんの場合、50万円には届かないかもしれませんが、最低でも営業一本で20万近くはもらうでしょう。

そう考えると、営業活動の稼ぎやすさはすごいですね。

 

ただ、ネックなのは「よしもと芸人」ということ

一つだけ注意点を加えるならば、ムーディ勝山さんは現在も吉本芸人ということでしょう。

みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、吉本芸人は給料が安いのです。

 

営業などの取り分において、吉本:芸人=9:1になるんだとか。

つまり、芸人さんは稼いだ金額の1割しかもらえない。

今、売れている吉本芸人さんも、給料の安さを嘆いている方が多いですよね。

 

まとめ

今回は、少しだけ話題が上がったムーディ勝山さんの現在について、いろいろな角度から見ていきました。

一時は、完全に仕事を失ったようですが、今は地方局や営業で再ブレイクを果たしているようですね。

 

営業とレギュラー6本を抱えると、なかなか仕事は忙しいと思います。

これからも、どんどん仕事を増やしていってほしいですよね。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

芸能の関連記事
  • 【ムーディ勝山】今現在は地方で大活躍!月収はどれくらいなのか
  • 【野邊大地】プロフィールを紹介!スタント俳優の練習は危険なのか?
  • 【うごくちゃん】顔バレ画像は本物なのか!使用IDもまとめてみた
  • 【ももクロ】有安杏果(緑)の卒業理由とは?芸能界からは引退なのか
  • 【山本千尋】出身高校や大学はどこ?彼氏の存在についても解説
  • 【宮沢氷魚】名前の読み方は何!目の色や髪の毛の色は本物?
おすすめの記事