評価の分かれた三ツ星カラーズ。

僕はかなり好きで、毎週欠かさずに見ていました。

 

ゆるキャンも好きでしたが、自分の中ではそれに並ぶほど好きなアニメでしたね。

3人とも個性がしっかりとあって、それぞれの特徴と可愛さが引き立つような構成になっていました。

 

またやってほしい!と思う日常系アニメになっていましたが、今後2期制作はあるのでしょうか?

今回は、三ツ星カラーズの2期制作の可能性について多角的に検証をしていきましょう。

では、はじめていきます。

 

スポンサードリンク

三ツ星カラーズの2期制作の可能性を多角的に検証

では、三ツ星カラーズの2期制作の可能性について、解説を進めていきましょう。

今回は、3つの視点から可能性を検証していきます。

 

  • 円盤売上
  • 原作ストック
  • アニメ人気

 

この3つの視点から見ていきますが、基本的に重要なのは「円盤売上」です。

この売上で決まる可能性が非常に高いので、まずはそこからみていきましょう。

 

円盤売上から三ツ星カラーズの2期を見る

まずは、円盤売上から三ツ星カラーズの2期を見ていきたいと思います。

アニメを制作する際には、当然制作費がかかります。

 

その制作費を回収するために必要なものとして、円盤売上やグッズ売上などの関連商品の売上があるのです。

この売上が良くないと、2期を制作するという話は持ち上がりません。

そこで、収益の回収が非常に重要になってくるわけです。

 

その中でも円盤の売上は最も利益率が高く、一枚売れるだけでも大きな利益をもたらすのです。

では、三ツ星カラーズの円盤売上はどうだったのでしょうか?

データで確認していきましょう。

 

三ツ星カラーズの円盤売上
1巻→604枚
2巻→2018年4月25日
3巻→2018年5月25日
4巻→ 2018年6月27日

まだすべてのデータは出ていませんが、結論は出ていると言っても良いでしょう。

初動で1000枚いかないアニメは、ほぼ確実に2期が制作されません。

 

これは確実だと言っても良いレベルのデータで、製作委員会では赤字の対策が協議されているレベルだと思います。

それくらい、この売上は厳しいものなのです。

 

今後、少しは売上を伸ばす可能性もありますが、それでも圧倒的に円盤の売上が足りていません。

やはり、マイナーなアニメだったこともあって、なかなかファンがつかない形になりました。

 

そして、同じ日常系アニメだった「ゆるキャン」にファンを持っていかれてしまったイメージもあります。

ゆるキャンは初動12000枚ということで、大成功を収めました。

 

こういった環境的な面でも、三ツ星カラーズは劣勢に立たされてしまったわけですね。

 

スポンサードリンク

 

 

原作ストックから三ツ星カラーズの2期を見る

円盤の売上で結論は出てしまった形ですが、原作ストックから三ツ星カラーズの2期を見ていきましょう。

三ツ星カラーズの原作ストックは残されているのでしょうか?

 

三ツ星カラーズは、電撃コミックスNEXTにて連載中。

現在はコミックスが5巻まで販売されており、アマゾン等でも販売中です。

 

アニメでは、順番は前後していますが、大体3巻の途中までストックを使った形になります。

もう少し細かく言いますと、コミックス3巻の24話分のストックを使った形。

 

  • コミックス5巻→43話
  • アニメ消費→24話

 

比較すると、以上のような形になります。

つまり、ほぼほぼストックの調達はOKだと言えるでしょう。

円盤の売上的には厳しいですが、ストックに関しては問題なさそうですね。

 

 

余談ではありますが、原作コミックスの色使いはかなり好きです。

アニメも良かったですが、色使いのちょっとしたセンスはすごいですよね。

 

アニメ人気から三ツ星カラーズの2期を見る

最後にアニメ人気から三ツ星カラーズの2期を見ていきましょう。

三ツ星カラーズのアニメ人気からくる、収益的な部分はどうなっているでしょうか?

 

結果的に見ると、三ツ星カラーズの話題性はそこまで大きいものではありませんでした。

2ちゃんねるなどでは、若干話題に上がっていましたが、円盤の売上を見ても惨敗。

 

やはり、認知度が非常に低かった点に加え、「ポプテピピック」や「ゆるキャン」がヒットしたことが影響しているでしょう。

 

ただ、アマゾンプライムでも視聴することは出来ましたし、大手の配信サイトとも契約を結んでいたようなので、この辺りの収益は出ているものと思います。

 

結論-三ツ星カラーズの2期制作の可能性とは?-

では、ここまでの考察を元に、三ツ星カラーズの2期に関する結論を出していきましょう。

まずは、考察のまとめをします。△

 

考察項目 評価
円盤売上
原作ストック
アニメ人気

 

評価項目は以上の通り。

この考察から考えると、三ツ星カラーズの2期制作の可能性は、0%に近いという結論に達してしまいます。

 

やはり、円盤の売上項目がネックになっていて、1000枚以下のアニメはほぼ確実に2期が制作されません。

また、アニメ人気の面でも厳しさが残っていて、話題性に乏しく、どうしても知名度が上がらないという結果になりました。

 

内容的には非常に面白かったのですが、アニメ制作の世界は難しい部分が多いようですね。

 

三ツ星カラーズの単行本を無料で読むには?

三ツ星カラーズの単行本を読みたい方は、「U-NEXT」のサービスを利用してみると良いでしょう。

U-NEXTの無料登録期間では、単行本を1冊無料で読むことができます。

 

また、三ツ星カラーズのアニメも見返すことができるほか、映画も見放題なので、非常におすすめですよ!

 

まとめ

今回は、三ツ星カラーズの2期制作の可能性をまとめていきました。

正直、かなり厳しい結果になってしまいましたが、今後2期が制作されるには何かで話題になるほか無いでしょう。

 

ストックはありますので、原作を読んで、続きの世界に浸るのもありだと思います!

 

スポンサーリンク
コメントを残す

アニメの関連記事
  • 【だがしかし】3期制作の可能性を検証!放送はいつ?
  • 【りゅうおうのおしごと】2期制作の可能性を検証!放送はいつ?
  • 【スロウスタート】2期制作の可能性は低い?放送はいつか
  • 【三ツ星カラーズ】2期制作の可能性は絶望的?放送はいつごろか
  • 【ポプテピピック】2期制作の可能性を解説!放送はいつ?
  • 【ゆるキャン】2期制作の可能性を検証!放送は1年半後になるか
おすすめの記事