日常生活の中で度々目にする「18歳未満立ち入り禁止」という文字。

「これって18歳も含むの?含まないの?」と疑問を持ったことがあるでしょう。

筆者自身、答えを知っているはずなのに、時々どちらかわからなくなってしまいます。

 

今回は、以下と未満、以上の違いについて解説。

効率的な覚え方、不等号などの記号関係、未満の対義語はないのか?について触れていきます。

では、始めていきましょう。

スポンサーリンク

以上と以下、未満の違いとは

以下と未満の違い
●18歳以下:0歳〜18歳(18歳を含む)
●18歳未満:0歳〜17歳(18歳を含まない

今回は、冒頭にも出した「18歳」を例に出して、解説をしていきます。

「18歳以下」という場合、18歳を含んで、その下の年齢を数えていきます。

つまり、18歳以下という場合は、0歳〜18歳を指すわけですね。

 

次に、「18歳未満」です。

18歳未満という場合は、18歳を含まず0歳〜17歳が対象となります。

 

実際の事例で解説

これだけではわかりにくいので、実際の事例から「以下」・「以上」・「未満」の違いを解説していきます。

今回、事例として使用するのは「CERO」です。

これは、ゲームなどの対象年齢を指すものになります。

 

「z指定」は、以下のような定義になっています。

こちらの商品は、18歳以上のみを対象とした表現。
18歳未満の方には販売できません。

上の定義を、わかりやすく言い直すと...

こちらの商品は、18歳から購入できます。

この一言で終わります。

 

18歳以上=18歳の方も対象になる
18歳未満=17歳の方には販売できない

上のように解釈していただけると、わかりやすいかと思います。

 

以下と未満の効率的な覚え方はある?

覚え方としては、2つのパターンが思いつきます。

以下と未満の効率的な覚え方
未満だけを覚える
言葉の意味を理解する

それぞれを紹介していきましょう。

 

①未満だけを覚える

以上・以下・未満のように、覚えるパターンが多いと、ごちゃごちゃになりやすくなります。

しかし、「未満のみを覚える」方法であれば、よりシンプルに覚えることができるでしょう。

「未満含まない」という1つの言葉を覚えましょう。

 

「18歳未満の方には販売できません」という掲示があったら、すぐさま「未満含まない」と唱えます。

すると、18歳は含まないのだから、18歳であれば購入できるという考えに至ります。

 

また、「18歳以下は立ち入り禁止」のような場合でも同じように考えましょう。

18歳以下と聞いた時点で「未満含まない」と唱えます。

以下は未満の逆なので、18歳も含むという解答に至ります。

つまり、18歳の人も立ち入り禁止ということになりますね。

 

②未満・以下の言葉の意味をきちんと理解する

次に、未満・以下・以上の言葉の意味をきちんと理解しておく方法です。

先ほどの方法よりもおすすめで、知識として定着させることができます。

 

未満と以下を意味として覚えよう
●未満:未だに満ちず
まだその年齢・場所・地位に達していないこと。
まだ到達していないのだから、「含まない」。●以下:「以」は「それより」
言い換えると「そこから」。

未満の方はわかりやすいと思います。
漢字の意味のままなので、漢字を見て判断しましょう。

以下は、「以」の意味に依存します。
「それより」という意味があり、言い換えると「そこから」となります。
そこの数値から下という意味になり、数を含めると判断しましょう。

スポンサーリンク

数学的に考える「以下」と「未満」、「以上」の違い

次は、不等号のような数字記号の違いについてお話ししていきます。

以下、未満、以上の不等号記号は、どう書けばいいでしょうか?

不等号記号を覚える
以下:「≦」
以上:「≧」
未満:「>」

覚え方としては、以上と以下の方を優先的に覚えます。

以下と以上は「含む」です。

例えば、18歳以上という場合、「18歳以上=18歳を含む」ということになります。

シンプルに「18歳以上=18歳」と覚えましょう。

 

そうなると、不等号記号の「≧」、「≦」にイコールが入っている意味もわかりやすいですよね。

含むから記号にイコールが入っている。

 

未満の場合は、含まないからイコールが入らない。

ごちゃごちゃしやすい問題は、シンプルに覚えたり、関連づけて覚えると、わかりやすいですね。

 

【数直線】以上・以下・未満の「含む」「含まない」

続いて、数直線で「以上」「以下」「未満」の違いを考えていきます。

下の画像を御覧ください。

 

以上と以下は「含む」場合であり、「●(黒丸)」で表現。

未満のように「含まない」場合は、「○(白丸)」で表現しています。

 

効率的な覚え方としては、色を利用します。

数直線の棒は黒いですよね。

含む場合は、同じ黒で表現しており、棒と一体化しています。

イメージで見て「棒と●は一体化しているから、含む」とおぼえましょう。

 

反対に、含まない(未満)の場合は、白丸で棒が貫通していません。

つまり、一体化していないので、含まないのです。

 

【豆知識】未満の対義語は?

最後に豆知識として、未満の対義語はあるのか?についてお話していきましょう。

未満の対義語に関しては、「無い」とされています。

 

調べてみると、「超過」などが考えられているようですが、あまり一般的ではありません。

意味的に、未満の対義語が「以上」、「以下」というのもおかしいですので、対義語は無いようです。

 

なぜ、対義語が無いのでしょうか?

これは、以上と以下が先に出てきて、それを補うために「未満」という言葉が出てきたという説が有力。

先程からお話している通り、年齢の表現に関しては、以上、以下、未満で事足りてしまいます。

 

以上と以下の表現を、未満ですべて補えているため、追加する要素は必要が無いという見解ですね。

表現的には、「超過」も間違いではありませんが、しっくりこない印象です。

 

まとめ

今回は、以下・以上・未満の違いに関して、様々な方法で解説をしていきました。

覚え方など、参考にしていただければ幸いです。

 

以下と未満の違いに関しては、シンプルに「含む」「含まない」という点を覚えれば良いでしょう。

ごちゃごちゃになる場合、片方だけを覚え、もう片方は逆だと考えれば簡単です。

 

また、記号や数直線などカバーする範囲も多めなので、理解して覚えていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事