847a2c4d-s

NMBを卒業してから、少しの期間が経ちました。

 

筆者がNMBのファンになったきっかけがみるきーだったので、卒業はかなり驚き、悲しい出来事でした。

アイドル卒業後の進路として、大体のメンバーがタレントや女優を目指しているので、みるきーも芸能活動を続けていくのかと思いましたが、最近「芸能界引退」の文字も出始めています。

 

正直、モデル方面などでも十分に活躍できる力はあると思うのですが….

みるきーの場合、昔から助産師さんになりたいと言っていましたし、引退の二文字の可能性も十分にあります。

 

今回は、みるきーの芸能界引退に関して、様々な情報をまとめていきたいと思います。

 

では、はじめていきましょう。

 

スポンサードリンク

みるきーの引退の理由とは?

ee95692f-s

みるきーのNMB卒業後の進退が注目を集めているようですが、本人はまだ決めきっていないようなのです。

みるきー自身、卒業後のインタビューでは「活動を続けるか続けないかは、流れに身を任せたいなと思います」とコメントしています。

卒業後の進路を「未定」としていたみるきーですが、芸能活動に関しては一区切りしたいということなのでしょうか?

 

そんな中、スタイルブックの発売イベントではこんな発言では…..

「まっとうに生きます。具体的には特にないですが、しっかりと知識をつけて自分に自信を持ってできることを見つけたい」

このような発言をしているところから「芸能界引退を示唆」と報道されたのです。

 

ただ、みるきー自身、ファッションやメイクが好きなのでそちらのプライベートでの発信は続けていくとのこと。

ブログ更新などの活動はしっかりと続けていく可能性は高いですね。

 

ちなみに、先程お話に出しましたが、みるきーは昔から助産師さんになりたいと言っていたのです。

高校の時、助産師になるために専門学校か大学に入学するため塾に通うなどの準備もしっかりとしていたそうで、その夢を叶えるために何かしらの学校に行く可能性もありますね。

 

まっとうに生きたい。

この言葉が意味するところは、やはり芸能界引退なのでしょうか?

スポンサードリンク

ゼロからのスタートを目指す

hqdefault (2)

みるきーはこれまでのツイッターの投稿やインスタグラムの画像などをほとんど全て消している状態。

今は、卒業後のウエディングドレスの写真のみとなっています。

これはアイドルとしてのみるきーから渡辺美優紀になるための一つの儀式のようなものかもしれません。

 

みるきー自身も「ゼロからのスタートをしたい」と言っているように、芸能活動以外のなにか他の活動を進めていく可能性があります。

 

NMBのファンの方なら知っていると思われますが、吉本興業には2年縛りというものが存在します。

NMBを卒業後、2年間は吉本興業で芸能活動をしなければならないという規定が存在するのです。

 

◯吉本興業の2年縛りルール
・NMB脱退後に芸能活動を行う場合、二年間は他事務所に所属してはいけない
・吉本クリエイブエージェンシーに移籍した場合、芸能活動に支障はないが、NMBとは二年間、共演してはいけない

このルールによって、今まで卒業してきたNMBのメンバーは吉本で2年間までタレントとして活動することになるのです。

卒業したメンバーはだいたい吉本で活動していますね。(芸能界引退以外なら)

 

みるきーが卒業後の活動を未定としているのは、「2年縛りの間は芸能活動をしないよ」という意図がある、と言っている方もいました。

 

確かに、みるきーはタレントとしての活動よりもモデルだったり、ファッション関係の仕事をしたほうが有利になりそうな雰囲気はあります。

持ち前のコミュニケーション能力で、コネクションはたくさんありますから、今後の活動の幅はかなり広いと思います。

 

今後の進退に注目したいですね。

筆者自身は、みるきーの好きなようにしてほしいと思っています。

 

タレントよりはモデル活動だったりファッション関係の仕事のほうが活躍できるのではないかな?とは思いますが….

 

渡辺美優紀の引退に関するネット上の反応や意見まとめ

e44

最後に、渡辺美優紀の引退に関するネット上の意見などをまとめて締めくくりたいと思います!

 

 

この他にも…

・「まっとうに生きます」「(あっ)察し…」

・みるきー引退しないで….

・2年で帰ってきて欲しい

・みるきーヲタは未練がましいよ

 

などの意見がありました。

ネット上では、みるきー引退に関して「引退しないで」という意見はかなり少数派なような気がします。

 

今は、アイドルとしてのみるきーから卒業し、新しくゼロからやり直すと言っているわけですから、あまりはやしたてないで見守りたいですね。