2015original

クラブワールドカップの準決勝、まさかのメッシ欠場!

体調不良の理由は尿管結石とのこと。

 

メッシは大会離脱などの情報もあるため、かなり心配です。

さて、当記事では、メッシの体調や尿管結石は短期間で治るのか?についてまとめます。

 

また、決勝に出場か、欠場かなどの情報をまとめていこうと思います!

 

スポンサードリンク

メッシの病状や体調の情報まとめ

lionel-messi-538278

クラブワールドカップでメッシの出場を楽しみにしていた人も多いと思います。

しかし、メッシは欠場。

その理由は体調不良とされています。

 

病名は「尿管結石」とのことです。

 

多くのメディアを見ると、決勝の出場がなかなか厳しいとの情報もあります。

次に尿管結石は何日くらいで治るのか?についてまとめます。

 

尿管結石は短期間で治る?メッシのコンディションはどうなる!

スポンサードリンク

さて、尿管結石という病気は、どれくらいの期間で治るのでしょうか?

期間や治療法をまとめます。

 

尿管結石ってどんな病気?

尿管結石は、腎臓・尿管・膀胱・尿道のいずれかに欠席ができてしまう病気。

大体は、腎臓と尿管に結石がある「上部尿管結石」が多いようですね。

 

尿管結石は、かなり痛い病気です。

痛みを言い表すなら「七転八倒の痛み」だそうです。

メッシも日本という異国の地で尿管結石の痛みを経験したのですから、不安になったことでしょう。

 

さて、尿管結石はどれくらいの期間で治るのでしょうか?

 

尿管結石は結石の大きさによって治療期間が違う?

まず、尿管結石は1cm以下のものの場合は、自然に排泄されます。

そのため治療は必要ありません。

 

しかし、今回メッシは準決勝を欠場しています。

そのため、治療が必要になるのでしょう。

 

まず、検査をする必要があります。

その後治療です。

 

治療法には、

「衝撃波を与える方法」

「レーザー施術」

「全身麻酔で手術」

があります。

 

メッシが決勝に出場するには「衝撃波」か「レーザー施術」の方法で結石を除去しなければなりません。

ちなみに結石が2cm以上だと、手術しかありません。

ここは、検査の結果を待つしかありませんね。

 

「衝撃波」で手術できれば決勝の出場は可能!

messi

今回の場合、一番いいのが「衝撃波」です。

こちらは1日2日で結石を取り除けます。

 

かなり安全で、日帰りでの治療が可能です。

そのため、こちらの治療法ならば、出場は可能!間に合います!

 

メッシの決勝の出場は結石の大きさにあり!

メッシの決勝の出場は、まず結石の大きさが2cm以下である必要があります。

 

もし手術となれば、出場の可能性は0です。

全身麻酔での手術ですからね。

 

しかし、それ以下ならば、決勝の出場の可能性はかなり高いでしょう。

おそらく、今後続報があると思いますから、そこはしっかりと確認したいですね。

 

サッカーファンとしては、間に合ってほしい!出て欲しい!の一言でしょう。

 

クラブワールドカップ決勝に王様が不在では、つまらないでしょう(笑)

 

今回は、メッシの決勝の可能性や病状、体調不良の理由などについて紹介しました。

検査の結果がまだわかりませんので、追って更新していこうと思います!

 

ぜひ、メッシを決勝でみたいですね。