【お中元のマナー】喪中の場合や新盆の相手に贈るのはNG?

otyugen-siturei-taito

もうすぐ、お中元のシーズンがやってきます。

はじめてお中元を贈る方。

新たに、お中元を贈らなければならなくなった方。

日々、お世話になっている方に対して、

感謝の気持ちを表すためにも、しっかりとお中元を送っておきたいところ。

ただ、気持ちがこもっていても、

「マナーが間違っている」場合は、せっかくの気持ちも台無しになってしまいます。

相手方に失礼が無いように、

きちんとしたマナーでお中元を贈りたいですよね!

今回は、お中元のマナーに関して、

「喪中の際はお中元は贈るべきではないのか」

「新盆の場合はどうなの?」

このようなケースは、どう対処すれば良いのか。

解説を加えていきます!

では、はじめて行きましょう!

この記事でわかること
①お中元の一般的なマナー
②喪中、新盆にお中元は送っていいのか?

スポンサーリンク

相手が喪中の時にお中元は送っていいのか?

otyugen-siturei

さて、早速本題に入ります。

相手が喪中の際にはお中元は送っても良いのでしょうか?

結論からお話しましょう。

喪中の際、お中元を送っても全く問題ありません!

そもそも、お中元って…

そもそも、お中元とは

「日々の付き合いに感謝を伝える」

「これからも変わらぬおつきあいを」

このような意味があり、お歳暮とともに、日本に伝わる風習です。

つまり、何かを祝うような風習だったり、

喜ばしいことを報告するような風習ではないことがわかります。

この理由からも、

喪中の相手にお中元を送っても、何も問題ないことが伺えますね。

ただ、注意する点が二点あります。

こちらが、かなり重要な点です。

四十九日までは、控えるべき

sizyu-kuniti

喪中にお中元を贈ること自体、全く問題はありません。

ただ、四十九日が過ぎるまでは、

できるだけ贈ることを控えたほうが良いでしょう。

「なんで四十九日まで?」

こんな声も聞こえてきそうですが….

相手側も、四十九日が過ぎるまでは、何かと忙しくなります。

様々な準備だったり、精神的な疲れもあるわけです。

そんな中、お歳暮が贈られてきたとして、どう感じるでしょうか?

よく思わない人は、一定数いるでしょう。

たとえ、マナー違反だと思われなくとも、お歳暮のお返しや、

お礼状などの対応をしなければならないため、

さらに負担をかけることにつながります。

そういった、相手への負担を考えると、

四十九日が過ぎるまでは、お歳暮を出すことを控えたほうがいいでしょう。

相手が喪中の場合、細心の注意を払う必要がありそうです。

もう一つ、マナー的な部分で重要なものがあります。

それが、お中元の際につける「のし」です。

続いて、こちらの解説を加えていきましょう。

スポンサードリンク

喪中の場合にお中元を贈るなら、のし紙に注意を!

喪中の場合、

細心の注意を払わなければならないのが、「のし紙」です。

普通、お中元の「のし」には、

以下のような「のし紙」を使います。

ochuugen-mannerm

普通、白い掛け紙に、

「水引き」と呼ばれる、ヒモを結ぶのが常識。

上の画像で言うと、赤と白のヒモが水引きに当たります。

しかし、喪中の際のお中元は、

以下のような形に変えなければなりません。

ochugen-nosi

「え?ここまでシンプルなの?」

そう思った方もいるかもしれません。

まず、水引きは使わないこと。

そして、白地に黒の文字で「御中元」と書いてください。

名前は書いても、書かなくても大丈夫です。

喪中の際、最初に紹介した、

普通の御中元の紙だと、マナー違反だと思われます。

この辺りは、しっかりとマナーを守っておきたいですね!

ここまでのまとめ!
・喪中の際に、御中元を贈っても全く問題ない
・ただ、四十九日までは、お中元を贈るのは避けたい
・のし紙は白地に黒の文字で!

新盆にお中元を贈ることは失礼?

niibon-otyugen

続いて、疑問が多い

「新盆にお中元を贈るのは失礼なのか?」

この疑問に答えていきましょう。

こちらも、結論からお話します。

新盆にお中元を贈ることは、全く問題ないです。

理由は、喪中の場合と同じ。

お中元は、日々の感謝を伝えるもの。

そのため、新盆にお中元を贈っても、全く問題ないということです。

ただ、こちらも先程と同じように、

・四十九日を過ぎていない場合は避けたほうが良い

・「のし紙」は水引きを用いない、白黒のもの。

この二点だけは、確実に守っていただきたいです!

また、新盆にお中元を贈る場合、

期間にも気をつけなければなりません。

地域にもよりますが、新盆に贈るとなると、

お中元を贈る適切な期間から過ぎてしまっていることも。

多くの場合は、「残暑見舞い」として贈ることになるでしょう。

この点も注意です。

お中元の適切な期間については、

以下の「5つのお中元マナー」で紹介していきます。

お中元の一般的なマナーを紹介

まずは、お中元に関して、一般的なマナーをまとめていきます。

tyugen-kihon

①時期は絶対外さないこと

②相場が決まっている品を

③相手の状況を把握

④相手が困らないような品選び

⑤トレンドにあった品を

この五つが、基本的なマナーです。

選び方の部分も大きいですね。

では、それぞれの項目を簡単に説明していきます。

 時期は外さないこと

先程、新盆のお中元に関して、簡単に紹介しました。

その際にも出てきたのですが、お中元には適切な期間というものが存在します。

お中元の適切な期間は、以下のとおりです。

お中元の適切な期間
関東:7月初旬〜7月15日
関西:7月15日〜7月下旬

以上が、お中元を贈る適切な期間となります。

関東の方が、関西の方に贈る場合は、

早めに送りすぎないように注意。

また、関西の方は、早めにお中元を用意しておかないと、

期日までにお中元が届かない場合もあります。

関西の方が、関東の方にお中元を贈る場合、

早めの用意が重要になってきます。

ただ、もし期日を過ぎても、

8月7日まで→暑中見舞い

8月7日以降→残暑見舞い

このような形に変えて、贈ることができます。

期間には十分に注意したいところです。

相場がわかっている品を選ぶ

お中元を贈る際は、

相場が決まっている品をできるだけ選ぶようにしましょう。

「相場がわかっている品ってなに?」

こんな疑問を持った方も多いと思います。

こちらは、相手に気を使わせないために、

あまり高級なものを贈らないという気遣いです。

もし、お中元で5万円以上する品が贈られてきたらどう感じますか?

「何か高級なものをお返ししないと…」

こう考えてしまいますよね。

また、「これ、いくらするんだろう…」というように、

相手が貰って、どれくらいの値段がするのかわからないものは避けたいところです。

相手に気を遣わせるようなお中元の品は避けるようにしましょう。

相手の状況を把握する

おそらく、基本的なマナーの中で、この項目が一番むずかしいでしょう。

「お中元を贈る日に、旅行に出かけてしまった」

こんな場合も想定し、相手の状況を把握する必要があります。

たとえば、お中元を贈った時、

相手は旅行中で、その一週間後にお中元を受け取ったとします。

そのお中元が、賞味期限が切れていた….

なんてことも起こりえるのです。

また、もっと気配りをするならば、

相手の仕事場や住所なども、毎年確認する必要があります。

とにかく、相手に気を使わせないこと。

相手が気持ちよく受け取れることを意識してお中元を贈りましょう。

相手が困らないような品選びを

前の部分でも話ししたことに関連しますが、

貰った相手が困らないようなものを贈りましょう。

例えば、

「せっかくお中元をもらったけど、このお菓子嫌いなんだよな…」

相手の好みを知らないと、このようなことが起こってしまうのです。

また、アレルギー等も把握して、相手が困らないようなものを選びたいですね。

トレンドにあった品を選ぶ

お中元を贈るのは、夏です。

なるべくトレンドに合った、夏らしいものを贈りたいですね。

例えば、水ようかんだったり、ゼリーなどが非常に好評のようです。

他にもメロン、モモのような涼やかなフルーツも大好評。

このあたりのトレンドをしっかりと掴んでいると、

印象もよくなりますよ!

ちなみに、筆者の母親は、毎年ハムを贈っていました(笑)

ハムはお中元の、ド定番の品なので悪くは無いんですけどね(笑)

しっかりとトレンドに合ったものを考えてみると、

印象もよくなりますよ!

まとめ

今回は、お中元のマナーに関して、

「喪中の時に贈るのは、マナー違反なの?」

「新盆に贈るのは、マナー違反なの?」

こういった疑問をまとめました。

また、基本的なお中元のマナーもまとめていきましたね。

マナーに関しては、守れるものはしっかりと守っていきたいです。

また、基本マナーを守るには、相手のことをよく知ることも重要。

このあたりは、しっかりと人付き合いをしているか、

普段からの付き合い方も重要になりそうです!

では、まとめていきましょう。

今回のまとめ
・喪中にお中元を贈るのは、失礼ではない
・ただ、四十九日とのしには気をつけて!
・新盆にお中元を贈るのも問題なし
・ただ、新盆に贈るなら「残暑見舞い」として贈ろう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です