large-535ce2cd259f1

最近、グッと気温が下がり、日に日に秋の香りがし始めている日本。

夏の暑さは急に引き、一気に乾燥した風が吹き始めましたね。

少しづつ過ごしやすくなり、それとともに厳しい冬への準備もしていかなければなりません。

 

さて、夏から秋・冬への季節の変化とともに、木々も彩りを変えていきます。

今回紹介する紅葉の名所は愛知県・香嵐渓。

 

愛知県の中では、紅葉の名所としてかなり有名。

外国人の観光客もいるほどで、毎年紅葉のシーズンには混雑も見られます。

 

さて、今回はそんな香嵐渓に関して、見頃の時期やイルミネーションのオススメスポットや時間をまとめます。

 

また、混雑を避けるためにどのような工夫が必要になるのか、駐車場やアクセスなどの基本情報までまとめたいと思います!

 

では、はじめていきましょう!

 

スポンサードリンク

香嵐渓の紅葉!2016年の見頃など基本情報まとめ

まずは、香嵐渓の基本情報からまとめていきましょう!

香嵐渓の2016年の見頃時期やアクセス、駐車場の情報などをまとめます。

 

香嵐渓の2016年の見頃時期はいつ?

img_09631edc0e76a7f31a6bab7d0ab48a18166435

2016年は台風や大雨の影響をかなり受け、激しい天気となることが多かったですよね。

 

しかし、平均気温の変化などに関しては、平年並みであると気象庁の発表もされています。

おそらく、紅葉の見頃時期のシーズンも平年並みとなる予想が立てられますね。

 

香嵐渓の見頃時期は以下の通りです。

 

◯香嵐渓の2016年の見頃

11月中旬〜11月下旬

特に、ピークとなるのは11月の下旬。

11月中旬ですと下旬より混雑は少ないものの、紅葉の具合は少し早めかな?と感じるようです。

なるべく、11月の後半の時期を狙って紅葉を楽しみたいところです。

 

アクセスなど基本情報

見頃の時期をまとめたところで、次はアクセスなどの基本情報です。

 

まずは電車で香嵐渓に行く場合を見ていきましょう!

 

◯電車で来る場合

・名鉄名古屋本線『東岡崎駅』→足助行きバス『香嵐渓』約70分
・名鉄豊田線『浄水駅』→とよたおいでんバス百年草行き『香嵐渓』約60分

・名鉄三河線 『豊田市駅』→名鉄バス足助行き『香嵐渓』約45分
※名鉄バス『東岡崎駅⇔香嵐渓』
※とよたおいでんばす『浄水⇔香嵐渓』

公式サイトより

車で行くのは、かなり混雑するので、公共交通機関を使うのがベターです。

ただ、アクセスは決して良い方ではありません。

 

やはり車で来たい!という人が多いようですね。

では、車で来る場合のアクセスを見ていきましょう。

 

◯車で来る場合のアクセス

●東海環状自動車道 豊田勘八IC下車、国道153号飯田方面へ13キロ(香嵐渓へ)
もしくは、
●猿投グリーンロード力石IC下車、国道153号飯田方面へ9キロ(香嵐渓へ)

関東から来る場合は東名高速「豊田JCT」→東海環状自動車道「豊田勘八IC」→国道153号

関西から来る場合は東名阪自動車道「豊田松平」→国道153号

 

この流れで行くといいようですね。

ただ、紅葉シーズンの国道153号は非常に混みます。

この道路を通るのは、自ら渋滞にハマりに行くようなものです。

 

そこで、公式サイトの迂回路マップがあります。

57e6364064076

こちらが非常に見やすいので参考にしてください。

(画像が表示されない場合はクリックし、更新すると見ることができます。)

 

なるべく、混雑を避けるには公共交通機関でいきましょう。

どんな紅葉の名所に行くにせよ、このシーズンはどこも混みますよ!

 

スポンサードリンク

香嵐渓の駐車場情報

続いて、駐車場の情報をみていきましょう!

 

香嵐渓の周囲には全部で6つの駐車場が用意されています。

こちらも公式サイトに載っている画像が非常に見やすく便利です。

 

57e63b43edabb

また、11月は臨時駐車場も開設されるようなので、3つの駐車場ができます。

 

駐車場の料金は11月になると、500円→1000円となるので注意が必要です。

ただ、距離も近いですから駐車場に止めるほかの手段はありませんね。

 

ただ、驚異的なほど混みます。

混雑に関してはこの後書きますが、駐車場待ちを覚悟していってください!

 

香嵐渓の紅葉2016!ライトアップの時間帯とオススメ

20101117-%e9%a6%99%e5%b5%90%e6%b8%931

続いて、香嵐渓の紅葉に関して、ライトアップの時間帯などの基本情報から見所までを紹介して行こうと思います!

 

まずは基本情報です。

◯香嵐渓のライトアップ

期間:11月1日〜11月30日

時間帯:日没〜9時まで

入場料・入館料:無料

以上が基本情報です。

香嵐渓のライトアップは「もみじまつり」のイベントとして行われます。

期間は11月中の一ヶ月間。

特に週末は屋台などもあるそうで、賑わうようです。

 

続いて、オススメスポットについて。

 

香嵐渓のオススメスポット&ライトアップ

香嵐渓のオススメスポットはこちら。

 

・香積寺

h00000427301

周囲が紅葉に囲まれ、とてもきれいです。

上の画像が香積寺山門。

 

そして、下の画像が香積寺となります。

歴史的建造物&紅葉は綺麗さの中にも厳かな雰囲気があり、心が休まります。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

・香嵐橋

 

korankei-kouyou01

つり橋から見る景色は抜群。

ただ、筆者は高所恐怖症なので、ここは行きたくありませんね(笑)

 

ただ、香嵐橋の赤と紅葉の赤が良くマッチしていて非常に綺麗です。

 

・ライトアップ

さて、香嵐渓で一番の見所とも言えるライトアップについて。

筆者はこれを見て、一発で行きたくなりました。

自然を活かした色で、紅葉本来の美しさを引き立たせる設計になっているようです。

 

他の紅葉の名所でもライトアップをするところは多いのですが、電飾の色で魅せるところもあれば、このようなシンプルに美しさを引き出すものもあります。

 

このあたりは、好みが別れるでしょう。

 

香嵐渓の紅葉!混雑状況とネット上の反応

最後に、香嵐渓の混雑状況を見ていきましょう。

 

香嵐渓は、紅葉シーズンは基本的に混みます。

一週間の中で最も混むのは、当然土日です。

週末や11月23日の勤労感謝の日は、とにかく混雑がスゴイことに。

 

11月23日に関して言えば、朝6時から駐車場が止められないという情報もありますね。

少しだけネット上の情報を見ていきましょう。

 

とにかく混雑。

 

狙うならやはり平日が良さそうです。

休日は全国から観光客が訪れるので、地元の方は平日の早い時間帯がオススメ。

 

ライトアップを見るに当たっても、遅い時間のほうが混雑が解消されることが多いとのこと。

休日に行く際は、とにかく覚悟して「渋滞してもいいよ」と割り切って行くことです。

 

お子さんがいる場合は、何か機嫌を取れるものを持っていったり、飲み物や食べ物はしっかりと準備して行く。

イライラしないように、気長に行動したいですね。

 

また、スタートの時間も非常に重要。

早ければ早いほど良いです。

 

とにかく時間に余裕を持って、混雑に備えましょう。

 

まとめ

今回は香嵐渓に関して、見頃時期や駐車場の情報、ライトアップについて、そして混雑情報をまとめました。

 

とにかく混雑することを予測していきましょう!

平日を狙うのも良いですが、大体の方が休日に行きたいでしょう。

 

準備が肝心ですよ!