【高台寺の紅葉】2016年の見頃時期情報!ライトアップと混雑状況まとめ

koudai

紅葉の時期がやってきましたね。

2016年も、紅葉を見に出かけるという人は多数いる模様です!

最近の紅葉は、ライトアップだけでなくプロジェクションマッピングなどの先端技術も駆使して、さらに幻想的な雰囲気を出してきています。

見るだけで圧倒されてしまう紅葉。

そんな紅葉の中で、今回は高台寺の紅葉をピックアップしていきます。

高台寺の紅葉に関して、ライトアップや混雑状況、見頃時期などの基本情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

高台寺の紅葉!2016年の見頃時期などの基本情報まとめ

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-63

豊臣秀吉公ゆかりの寺であり紅葉の名所である京都、高台寺。

周辺には清水寺・八坂神社・知恩院などがあり、桜や紅葉でも名所が多い京都・東山エリアに位置しています。

建物・庭園・茶室や枝垂桜などの見所もたくさんあり、桜・紅葉のシーズンにはさらにたくさんの観光客が訪れる人気のスポットです。

さらに、高台寺で特に注目したいのが季節ごとに催されるイベント。
秋にはもちろん「秋の特別展・秋の夜間特別拝観」など秋の行事が行われる予定です。

夜間特別拝観では、ライトアップ&3Dプロジェクションマッピングが楽しめます!!

高台寺の紅葉!2016年の見頃時期と基本情報

高台寺の見頃時期はどれくらいになるでしょうか?

例年どおりであれば、10月中旬〜12月上旬となりそうです。

今年は台風が何度も上陸するなど、気象は安定しませんでしたね。

ただ、高台寺の紅葉は2016年も例年どおりの10月中旬から12月上旬にかけてからになりそうです。

特に、11月中旬から下旬あたりは紅葉のピークとなりそうですので、紅葉の満開を味わうなら11月下旬までには出かけたいところですね!

続いて、基本情報です。

■ 高台寺 基本情報
・所在地: 京都府京都市東山区下河原町526
・営業時間: 9:00~17:30(受付終了17:00)

(ライトアップ期間中は21:30まで)
・電話番号: 075-561-9966
・拝観料:大人:600円 中学生:250円 小学生以下:無料(要・父兄同伴)
 3ヶ所(高台寺・掌美術館・圓徳院)共通割引拝観券 :900円
・公式サイトURL:http://www.kodaiji.com/index.html

ライトアップの期間中は、日没〜21:30までの間、ライトアップが行われます。

では、ライトアップの日程や見所を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ライトアップの営業時間と特徴とは?

四季折々のライトアップを施す高台寺。

さらに夜間拝観では「3Dプロジェクションマッピング」も実施されます。
2016年秋のプロジェクションマッピングのテーマは「輪廻」。

このプロジェクションマッピング、京都在住の友人にも好評で、筆者も機会があればぜひ見に行きたいイベントのひとつ。

めぐりめく「輪廻」の世界、どんなものか体験してみたいですね!

◯高台寺2016年 秋のライトアップ情報
・期間: 10/21(金)~12/11(日)
・時間: 日没~21:30まで

高台寺のオススメ散策エリア

秋のライトアップでは、他と違った演出が人気で、白砂の方丈前庭「波心庭」に映し出される光のアートは見ものです。
鏡のような水面に紅葉が映り込む臥龍池や、神秘的な光に満ちた竹林などの秋景色が、参拝者を魅了し続けています。

・高台寺の建物(霊屋)

124322222
高台寺は重要文化財建造物もあるので、とにかく建物が壮麗なものになっています。

特に、秀吉とねねを祀った霊屋は、須弥壇や厨子に壮麗な蒔絵が施されています。

これは「高台寺蒔絵」と呼ばれるもので、桃山時代の漆工芸の粋を集めたものとして有名です。

・波心庭


本堂前の波心庭では、毎年、趣向を凝らした照明のモダンアートが。

白砂の美しい方丈前庭を彩ります。

プロジェクションマッピングが行われるのもこの地点です。

去年のプロジェクションマッピングも非常に幽玄な雰囲気で良いですよね。

・池泉回遊式庭園

kodai11-e1452756562389

モミジと池の作る景観が特に美しい紅葉のハイライトスポット。
開山堂周辺に優しく色づく紅葉は、見ていて心が癒されます。
一転夜間のライトアップの紅葉は、幻想的な雰囲気で見応えアリです。

・竹林

sty1411020002-f1

傘亭、時雨亭の南側には竹林が広がっています。

一年を通して青々とした葉を広げ、ライトアップの時には幻想的な空間を作り出しています。

高台寺の葉!混雑状況はどうなっている?

高台寺へのアクセスは、公共交通機関のご利用がオススメです。

紅葉のピーク時は大混雑するようなのでご注意して下さい。

夜間拝観は紅葉の見頃のだいぶ前、10月から行われますので、色付き始める11月上旬に訪れるのが人混みを避けるならベストです。

しかし、一番の見ごろは11月中旬〜12月上旬。

そして人混みを避けて平日に足を運んでも、混んでいるのは必至のようです。

チケットを買うだけでも30分は覚悟しておいた方がよさそうですね。
そして事前にお手洗いも済ませておいた方が無難。

少しでも混雑を避けるには?

まず、チケットの購入に関して。

高台寺のライトアップは事前にチケット購入が可能です。

チケット売り場で前売りのチケットを欲しい旨を伝えればOKだそうです。

また、高台寺、圓徳院、高台寺掌美術館の3つ施設をの共通入場券(900円)を利用するのもオススメ。

圓徳院、高台寺掌美術館は空いているので、そちらでチケットを購入すれば、高台寺のチケットの行列に並ばなくても入場することができます。
高台寺のライトアップは入れ替え制ではないので、17時前に先に入ってライトアップを待つという事も可能。

ただし、夜間拝観はコースが決まっており、中は一方通行なので、歩いてしまうと元に戻れないので注意しましょう。
ライトアップと同時の17時頃だと、人も少なくスムーズに見ることができるようですね。

高台寺と一緒に拝観がオススメ♪圓徳院へ行こう

高台寺から美しい石畳のねねの道を挟んだ場所に圓徳院があります。

豊臣秀吉とねねが余生を暮らした場所で、境内は広くはありませんが手入れがされていて、紅葉が境内に色よく映えます。
圓徳院の紅葉見頃の時期も11月中旬から12月上旬。

◯圓徳院の紅葉のライトアップ情報
・期間:2016年10月21日(金)~12月11日(日)
※12月9日(金)・10日(土)は拝観休止
・時間:10:00~22:00(日没後ライトアップ/21:30受付終了)

まとめ

今回は、高台寺に関するライトアップや混雑状況、見所を見ていきました。

混雑状況に関しては、さすがに名所だけあってかなりすごいようですね。

ただ、それだけの価値もありますからぜひ見にいってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です