【この素晴らしい世界に祝福を】3期製作の可能性まとめ!放送はいつ?

konosubaanime-2kiseisaku-housoubi-3

2期も絶好調!

キャラ人気、物語の面白さ、ギャグのテンポの良さなどなど….

飽きずに観ることができるアニメですよね!

ストーリーがあると見せかけた、

日常系というジャンルは、1期から変わりなし!

非常に楽しい雰囲気で進んでいくアニメですよね。

さて、そんな「このすば」ですが….

3期の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

2期は、1期の後にすぐ決定し、スピーディに放送されました。

ただ、3期になると話は別か….?

今回は、このすばの3期製作の可能性をまとめます。

円盤の売上や原作のストックなどから、3期の製作の可能性をまとめます!

では、はじめていきましょう!

スポンサーリンク

このすばの3期製作情報まとめ!

20161206085703

では、「この素晴らしい世界に祝福を」の3期製作の可能性をまとめていきましょう!

今回は、円盤売上や原作のストックなどから考慮していきます。

このすばの3期を円盤売上からみる

397125_615

さて、このすばの3期製作情報を円盤の売上から検証していきましょう。

アニメの続編は、「アニメの制作会社の財政状況」が重要であることを、

みなさんは知っていますか?

アニメの製作には、多くの資金を必要とします。

その製作費を調達するのが、

スポンサー料や円盤の売上、グッズ収入というわけです。

その収入によって、製作委員会の財政が黒字になり、

大幅な収益をあげることができれば、続編の製作をしようします。

反対に、製作費すら回収できない場合、

続編の製作は確実になくなります。

つまり、製作委員会のお金の事情が、続編に大きく関わっているわけですね。

そして、製作委員会のお金事情を大きく左右するのが、円盤の売上です。

円盤は、一枚あたりの利益が大きいという理由より、

続編製作は、円盤の売上枚数から推測することができます。

さて、このすばの2期はどれくらい円盤の売上になるでしょうか?

このすばの2期の円盤は以下の日程で発売されます。

このすばの2期の円盤
1巻→2017年3月24日
2巻→2017年4月28日
3巻→2017年5月26日
4巻→2017年6月30日
5巻→2017年7月28日

1期が売れただけ合って、

2期の円盤も好調が続くのではないでしょうか?

このすばの2期の円盤がどれくらい売れればいいのか?についてですが….

一番いいのは、1期から円盤の売上が落ちないことですね。

参考に、このすばの1期の円盤売上を確認しておきましょう。

参考:このすば1期の円盤売上
1巻→13,603枚
2巻→10,655枚
3巻→10,173枚
4巻→10,068枚
5巻→9,959枚

平均、11000枚というところでしょうか?

どんなアニメでも言えることですが、

1期の円盤売上に比べて、2期の円盤の売上は減少します。

その減少幅が小さければ、小さいほど「ファンがついている」という状況になるわけですね。

このすばの2期製作の可能性を高めるならば、

最低で10000枚の円盤の売上が必要。

ラノベのアニメの3期は、非常にハードルが高いです。

「最低で」と記述したのはそのため。

1期を上回る人気を勝ち取らなければ、3期の可能性は低いでしょう。

(その理由は、下に記載しています!)

スポンサードリンク

キャラ人気によるグッズ売り上げの考慮

ダウンロード

最近は、コミケなどのアニメイベントが増えてきました。

グッズ収益は、円盤の売上ほどではないですが、

利益率が高い商品の1つ。

公式で販売されるグッズは購入するようにしたいところ。

2016年のコミックマーケットでは、

ステーショナリーセットやカレンダーが販売されました。

カレンダーは、2000円で売られていましたね。

原価で言うと、100円にも満たないものです。

これらのグッズはしっかりと売り切れている様子。

キャラ人気が継続しているため、グッズ収益も見込めます。

もし、みなさんがグッズを購入するなら、

公式で販売されているものを買いましょう。

非公式で売られているものを購入しても、

製作委員会には一銭もお金は入りませんよ!

もし、3期を応援したい場合、

公式サイトのグッズ欄から購入したいですね!

このすばの3期を原作ストックから見る

6da687643766e67fde518c546e9b4e20-721x1024

このすばは、原作が15巻まで発売されています。

本編10巻+スピンオフ5巻という形ですね。

このすばの1期は、

原作でいうとどこまでの内容を放送したのか。

このすばの1期は、ラノベの2巻までの内容をアニメ化しました!

途中で、カットした内容もありますが、

だいたい2巻〜3巻分までの内容が、1期分で製作されることがわかりますね!

アニメ2期は、おそらく4巻〜5巻までの内容が

放送されることになりそうです。

つまり、原作のストックはまだまだ余っています。

原作のストックから見れば、すぐにでも3期が放送できる構えになっています。

ラノベ原作は3期が製作されにくい

konosuba-isekaitensei-mono-thumb

最近、ラノベ界はKADOKAWAが優勢な気がします。

ただ、「ラノベのアニメ化=ラノベを売るため」

この構図は、今も昔も変わりません。

また、どの出版社でも変わらないのです。

「この素晴らしい世界に祝福を」のラノベは、

2016年年末時点で、売上300万部を突破。

KADOKAWAは、この状況を見て、どんなことを考えるのか。

人気作品の3期<売れていない作品の1期

この構図を描くのが、ラノベ業界です。

3期を製作を確実にするならば、

円盤収益とグッズ収益をしっかりと確保する必要がありそうですね!

可能性の結論と放送はいつ?という疑問

megumin201

最後に、このすばの3期放送の可能性と、

放送はいつ?という結論を検証します。

まず、3期放送の可能性について。

このすばの3期放送の可能性は、

円盤の売上のデータが全て出揃ってから出ないとなんとも言えません。

ただ、アニメ3期は「かなり厳しい」という見解を出しておきます。

ライトノベルのアニメ化作品は、

これまで全体で200を超えます。

その中で、3期が放送されたアニメがいくつあるか知っていますか?

回答としては、10個にも満たないです。

長続きしているのは、物語シリーズくらい。

SAOも大人気でしたが、結局3期はなく…

劇場版と言うかたちに落ち着きました。

他のラノベ原作のアニメも、

OVAや劇場版にばかりいってしまいます。

このすばも人気ではありますが、3期が製作される可能性は非常に低いでしょう。

円盤が、20000枚近く売れる「異例の大ヒット」でない限り、

3期が製作される可能性は、

50%にも満たないという結論を出しておきます。

続編が製作されるならば、

「劇場版orOVA」で製作される可能性が高いですね!

放送時期に関してですが….

放送時期は、明言しないでおきます。

ネットでは、2018年1月という予想がありますが、

そんなに簡単にはいかないでしょう。

ラノベアニメの3期はそう簡単ではありません。

ファンの方も3期を待つより、

劇場版を待ったほうが早いと思いますよ!

まとめ

今回は、「この素晴らしい世界に祝福を」の3期製作の可能性を検証していきました!

現実を見せるようで申し訳ありませんが….

このすばの3期は、非常に厳しいでしょう。

もっと原作が売れ、円盤も売れた作品でも3期は製作されない。

これが、「ラノベ原作のアニメ」の傾向です。

このデータを検証すれば、簡単には3期が製作されるとは言えないでしょう。

KADOKAWAは、続編の製作へのハードルが非常に低い傾向にあります。

ただ、ラノベのアニメの3期となると、話は別ですね。

今後の続報を待ちましょう!

このすば3期のまとめ
①キャラ人気、作品人気は続く
②円盤の売上は最低でも10000枚
③原作のストックはある
④アニメ3期はハードル高め
⑤可能性は非常に低いか
⑥劇場版やOVAの可能性のほうが高い
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です