01_1606

とりあえず絵が好きすぎて….

この美術部には問題がある!略してこの美!

 

とにかく、キャラクターが可愛いので見続けられましたね。

学園ものということで、設定でもなかなか楽しめました。

 

2期が待ち遠しいですね!

 

さて、この美術部には問題がある!ですが、2期の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

飛び抜けたアニメもそこまで多くなかった気がします。(リゼロ以外)

 

この美術部には問題がある!の2期に関して、円盤の売り上げやストックの有無、人気などの面から放送はいつ?という情報をまとめていきますよ!

では、はじめていきましょう!

 

スポンサードリンク

この美術部には問題がある!の2期情報まとめ!放送はいつごろ?

35230-Kono_Bijutsubu_ni_wa_Mondai_ga_aru-Android

この美術部には問題がある!の2期情報をまとめていきます。

 

まずは円盤の売り上げから2期の情報をまとめていきましょう!

 

この美術部には問題がある!の円盤売り上げから2期を検証する

アニメ2期を製作するにあたって、一番重要なのは製作委員会の財政面です。

 

どれだけ人気があっても、財政面で赤字なら確実に2期は製作されません。

製作委員会の収入源は、円盤の売り上げやグッズ、公式サイトなどの有料ネット配信が挙げられます。

よく、2期制作を応援するために原作を購入する方もいますが、場合によっては原作の売り上げの収益が一銭も製作委員会に入らない可能性もあるので、注意したいですね。

(今回はKADOKAWAが製作委員会に入っていますので、原作を買う方法は有効です。)

 

さて、製作委員会の収入面はいくつかありますが、その中でも円盤の収益が最も大きな収入源になるのです。

円盤は利益がかなり大きく、2期制作にも円盤の収益が鍵になります。

一般的には、最低でも平均5000枚の売り上げを出さなければならないと言われていますが、アニメの中には1万枚でも2期に移行できないものもあります。

 

この美術部には問題がある!の製作には、KADOKAWAメディアアスキーが大きく関わっています。

過去には、魔法科高校の劣等生、とある魔術の禁書目録など有名なアニメの製作に大きく関わった会社なのですが、2期の製作は相当ハードルの高いものになりそうです。

 

おそらく、5000枚という甘い数字では製作の可能性は半分以下になるでしょう。

例えば、先ほど名前の出た、魔法科高校の劣等生やとある魔術の禁書目録に関しては平均1万枚の売り上げは簡単に超えてきていますし、その他のアニメでもかなり優秀な数字を叩き出しているのです。

 

これらの理由から、最低でも平均7500枚の売り上げは欲しいところですね。

 

今後、円盤の発売がありますので、全ての情報が揃い次第、情報を確定させていきます。

 

スポンサードリンク

この美術部には問題がある!のストックはどれくらいある?

146700906088

現在、この美術部には問題がある!の原作コミックスは6巻まで発売しています。

発売の周期は半年に一回程度です。

 

ストックを貯めるにはかなり発売周期が遅いので現時点でストックが足りなくなった場合、長期戦も見込まれますね。

今後、アニメが終わり次第、追記していきたいと思います。

 

放送はいつごろになる?

この美術部には問題がある!の2期の製作が決定した場合、放送はいつごろになるでしょうか?

 

こちらは、最速で決定した場合2017年の夏になりそうです。

一番早くても一年後ですね。

 

先ほどと同じ例になってしまいますが、「とある魔術の禁書目録」も1期→2期の放送までの期間として2年間を必要としました。

 

この美術部には問題があるに関しても、同じくらいの期間を必要とする可能性がありますね。

 

まとめ

今回は、この美術部には問題がある!の2期制作情報をまとめていきました。

今後も情報を次々と更新していく予定です。

 

ただ、円盤の売上のハードルは非常に高いと思います。

近年、1クール内でのアニメの本数がかなり多くなっていることから、円盤の売り上げも伸びなくなってきました。

 

1クール内でベスト3に入る勢いがないと、平均7500枚以上の売り上げは難しいのではないでしょうか?

今後、円盤の売上情報も多くなると思いますから、楽しみにしたいですね!