【嫌われる勇気】ドラマキャストとあらすじ紹介!原作は大ヒット作品

kiraware3

2017年1月スタートの新ドラマ!

みなさんも本屋で一度は見たことがあるのではないでしょうか?

「嫌われる勇気」というハウツー本が原作となる今回のドラマ。

ハウツー本をドラマにするということで、どんな雰囲気のドラマになるのか?

筆者も非常に気になっているところです。

最近、悪い噂しか聞かないフジテレビ。

2017年は名誉挽回できるか?

嫌われる勇気も挽回する1つの要因となりそうです。

さて、今回は2017年1月〜スタートの新ドラマ「嫌われる勇気」に関して、ドラマキャストやあらすじ、原作の情報をまとめましょう!

スポンサーリンク

ドラマ「嫌われる勇気」の基本情報

a95f745b4e2a6aa107f45e55e2f94dc9-1

まずは、ドラマ・嫌われる勇気に関して、放送日などの基本的な情報をまとめていきましょう!

嫌われる勇気は2017年1月12日(木)スタートの新ドラマです。

時間帯は夜10時。

放送局はフジテレビで1月12日の初回放送は15分拡大となっています。

OPテーマも既に決定。

OPはNEWS「EMMA」となっています。

この後キャストを紹介するのですが、嫌われる勇気にはNEWSの加藤シゲアキさんが出演しています。

そのため、OPもNEWSが担当することになっているようです。

EDテーマの方は大塚愛さんの「私」が決定!

大塚愛さんがドラマの主題歌を手がけるのは9年ぶり!

主題歌の方にも注目ですね!

嫌われる勇気の基本情報をまとめたところで、次はあらすじをまとめていきましょう!

嫌われる勇気のあらすじを紹介

「嫌われる勇気」はどんなドラマになっているでしょうか?

簡単にあらすじをまとめていきましょう!

なんでも、嫌われる勇気は「刑事ドラマ」の様子。

「嫌われる勇気」のアドラー心理学を100%体現できる。

もし、そんな人が刑事になったら…..

この「もし」を叶えるのが、今回のドラマ。

庵堂蘭子(あんどうらんこ・32)は警視庁刑事部捜査一課8係のエース的存在。

32歳にして、降りかかる難事件を綺麗に解決する。

蘭子は、周りと全く強調しようとしない「一匹狼タイプ」

周りの意見は聞かず、上の捜査方針に従わない。

それを蘭子は全く悪いと思っていないのだ。

そんな蘭子をよく思わない男性刑事は多数いる。

しかし、蘭子自身は全く気にせず、周りに何を言われても怯まず、自慢もしない。

そう、まさに「アドラー女子」なのである!

一話完結の爽快推理。

嫌われる勇気を体現する刑事・庵堂蘭子の活躍を見逃すな!

あらすじとしてはこんな感じになります。

筆者も驚いたのですが、まさかの刑事ドラマ!

嫌われる勇気を体現する刑事がいたらこうなる!という題材でドラマが描かれます。

嫌われる勇気は、体現することが非常に難しい。

もし体現してしまえば、元の関係も全て壊れてしまうためです。

ただ、その姿はかなり爽快かもしれません。

能力があり、事件を解決しても全く自慢しない。

そんな姿に惚れ込んでしまう人も多いのでは!?

非常に注目が集まりますね!

以上、あらすじ紹介でした!

続いて、注目のキャストを紹介していきましょう!

スポンサードリンク

ドラマ「嫌われる勇気」のキャスト紹介

ドラマ「嫌われる勇気」のメインキャストを紹介していきましょう!

香里奈(庵堂蘭子)

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

フジテレビでの主演は5年ぶり。

アドラー心理学を体現した女刑事役・庵堂蘭子を演じます。

嫌われても全く気にしない孤高の存在という設定ですが….

香里奈さんは雰囲気だけでもそれが体現できそうですよね!

「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」

アドラーは悩みという存在について、こんな結論をだしています。

人間関係に関して、全くの悩みを持たない庵堂蘭子はまさにアドラー女子そのもの。

ドラマの主人公が完全に「嫌われている」というのはなかなか無いシチュエーション。

原作本が多くの人間の心を掴んだように、ドラマでも心をつかめるか?

それは香里奈さんが大きな役割を負っているといえますね。

◯香里奈

1984年2月21日生まれ。32歳。

モデルとしても、女優としても大成功。

多数のCMや雑誌の表紙に選ばれるまさにトップモデル。

代表作には「SUMMER NUDE」や「こち亀」、「PRICELESS」などがある。

加藤シゲアキ(青山年雄)

uah74lvp

NEWSの加藤シゲアキさんが演じるのは、蘭子の相棒役。

正義感が強く、昔から刑事に憧れて育ってきました。

ただ、実は優柔不断で心配症な一面が非常に強い。

他人からどう思われているか?という部分が気になってしまう「嫌われたくない男」を演じます。

蘭子と正反対の存在となり、まさに「凸凹コンビ」。

この2人の絡みはコメディパートとなり、ドラマを明るくするものになりそうです。

◯加藤シゲアキ

1987年7月11日。29歳。

小学生のころからジャニーズとして活躍。

タレントとして、アイドルとして、役者としても活動の幅を広げている。

椎名桔平(大文字哲人)

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

帝都大学文学部心理学科の教授。

事件の犯人像を心理学の分野から推察し、警察に情報提供してくれる。

蘭子がアドラー女子となるきっかけになった。

蘭子のことを理解出来ない青山に対し、アドラー心理学の観点を解説する「全てを知る男」

◯椎名桔平

1964年7月14日生まれ。52歳。

今まで出演したドラマ・映画は数え切れない。

映画プロデューサーとしても活躍。

以上がメインキャストとなります。

今後、以下のキャストはどんな役か?という部分が判明次第、追記していきます!

・半田陽介→升毅

・込山正明→戸次重幸

・浦部義考→丸山智己

・相馬 めい子→相楽樹

・梶 準之助→正名僕蔵

・村上 由稀菜→岡崎紗絵

・間雁 道子→飯豊まりえ

・土方 登志郎→寿大聡

原作は180万部の大ヒット!

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

では、最後に原作に関する情報をまとめましょう!

原作「嫌われる勇気」は2013年に発売されて以来、180万部を突破する大ヒットとなりました。

その波は、日本だけにはとどまらず韓国や台湾でもヒットを飛ばします。

2015年には、韓国で年間ベストセラー1位を獲得。

非常に人気のハウツー本ですね。

「嫌われる勇気」は心理学者アルフレッド・アドラーの思想を物語にしてまとめた作品。

ここからは、アドラー心理学の内容を少し紹介していきましょう!

原因論より目的論

原因論は簡単にいうと、過去の出来事。

対して、目的論は何をするか?というもの。

簡単な例を挙げるとすれば、以下のようなことです。

<原因論>

友達ができない

<目的論>

どうしたら友達ができるか

友達ができない原因を探すよりも、どうしたら友達ができるか?という部分を見つめる。

そうすれば、解決の糸口は見えてくるということですね!

他にも、ドラマ「嫌われる勇気」の主人公・庵堂蘭子を体現したようなアドラー心理学も。

他の人のことは他の人に任せる

人は、他の人の期待に沿いたいあまり、お利口な自分を見せてしまいます。

たとえ、自分がする行動と違った行動をしていても、それを良しとしてしまうのです。

私たちは、他の人の期待に沿って行動するために生きているのでしょうか?

違います。

誰かのためではなく、自分の人生です。

良い意味で他人と自分を切り離す。

少し冷たい対応かもしれませんが、それが周りの幸せに繋がるとアドラーは説いています。

このような教えが、嫌われる勇気にはたくさん載っています。

ドラマを見て、原作はどうかな?と気になった方は、一度読んでみるといいですね!

まとめ

今回は、ドラマ「嫌われる勇気」のあらすじやキャスト、原作の情報をまとめました!

まさかの刑事モノということで、筆者も驚いているのですが、楽しみに待ちたいと思います。

他のキャストの役柄など、後々わかると思いますので少々お待ちください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です