%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-61

子育てをしていくうえで、欠かせない施設といえば保育園や幼稚園が挙げられますね。

親が共働きで、子供の面倒を見れない時間がある場合、保育園に預けるという選択肢が一番先にきます。

 

保育園や幼稚園では小学校に入る前の、様々な生活に慣れることができる工夫があり、預けて損はしないな、と感じるところです。

子供を預けることができ、学ぶことができる保育園ですが、こんな疑問を持つ親の方々もいるそうです。

 

平日休みで、ノーメイクで保育園に子供を迎えに行った時「休みなんですか?仕事が休みの時はなるべく保育園に預けないようにしてくださいね」

さて、親の仕事が休みの日、子供を保育園にあずけてはいけないのでしょうか?

普段から子育てをしているお母さんも、休みの日にこなすべきことはいろいろとあるはずです。

 

ただ、子供がいるとそれも叶わない可能性がある。

今回は、この疑問に関して、保育園で保育士をやっていた方にお話を聞いてみました。

 

風邪や病気の時の対応や親が休みの日、保育園に預けることができないのか?について本音を見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

親が休みの時は基本的に保育園に預けられないのか

c-04-022

今、保育士不足が深刻化され待機児童が増え続けていることが大きな社会問題になっています。
就労する親たちの子供を預かる保育園。働く親にとって保育園は大切な施設です。

この現状の中、親が休みの日に保育園へ子どもを預けてもいいのか?と悩む親。

 

普段中々忙しくて行けない銀行、役所などの用事、美容院へ行きたい、忙しい毎日、子供を預けて少しの時間でもリフレッシュして明日へ繋げたい。

・・でも貴重な休みのひとときを子供と過ごすべきだろうかとネットでもその悩みを打ち明けています。

 

保育園の対応はどうでしょうか。

親の仕事が休みのときは2歳児位までの子供は自宅での保育、3歳児以上の子供は保育園へと言われています。

3歳児以上になるとカリキュラムに沿っての保育があったり、友達とのつながりなどがあり○○ちゃんと遊びたいと意思も出てきます。

 

しかし、保育園の方針によっての違いはあるようです。

「子供との時間を大切にして欲しい」ということもあって、親の仕事が休みの時は子供も休ませて欲しいという保育園側の意思もあるようですね!

また、保育園によっては、暗黙の了解の容認、親と子供のことを考えて臨機応変に対応してくれたりと様々な様です。

 

私は、20年位前に公立保育園で、最近では病院勤務の親の子供たちを預かる院内保育園で非正規保育士として勤めていました。

どちらも仕事が休みの日に子供を預ける親も多く、時代的に状況も変わっていると思いますが公立保育園では後ろめたさもあってか親の仕事が休みの時、保育園には黙って預ける親も多かったようです。

有給を取っていた保育士がたまたまお昼に親を見かけることや、子供がお母さんが休みであることを話すこと、朝の服装などから、親は休み・・ということに保育士は気づいていたようです。

そこで、くぎをさす保育士もいました。

 

院内保育園ではどんな用事があり、どこへ行くので連絡は携帯へして欲しい、また体調が優れず家にいるなどはっきりと理由を言って預けに来ていました。

子供も疲れていないか、など子供の様子を気遣いながら判断し、親の仕事が休みの時も登園させてもいいのではないかと思います。

やはり保育園に、今日はどんな理由で預けるか、連絡先をきちんと知らせることが必要になります。

いつもより早くお迎えに行くという保育園への気づかいをきちんとすればいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

親が風邪や病気の時は預けられないのか

親が風邪、病気をして寝込んでしまった時はつらいものです。

できれば保育園で預かってくれると助かります。

基本的には「保育に欠ける子供預かる保育園」ということになっていますが親が風邪、病気の時は、家で子供を見ることができず保育ができない状態。

これをどう判断するかは保育園によっても対応が違うところでしょう。

 

親の病気を診断をしてもらってはっきりとしておきたいところです。

風邪はどんな状態か、インフルエンザ、ノロウイルスなど感染症であれば保育園にも広がることもあり預けることはできないからです。

そして、体調を崩している親の代わりに誰が送迎をするか。

いつもと違う連絡先を伝える・・など保育園へはきちんと連絡しておきたいものです。

本当かなと疑われることのないように普段からの信頼関係も大切ですね。

 

預けられない時は「助っ人保育」

Teacher and children with toys in kindergarten

とはいえ基本的には、保育園の入園条件はあくまでも保育が必要とする子供のためのものということが大前提。
どうしても預かってもらえない時は、どうすればいいでしょうか。

 

いつも預けている保育園には、市町村と保護者間の契約になっている認可保育園と施設と保護者の間の利用での契約になっている認可外保育施設があります。

認可保育園は国が定めた認可基準(施設の広さ、保育士の職員数、給食設備、衛生面など)をきちんとクリアし、国や自治体から助成されているので保育料も安いことが特徴です。

特に、1歳児の待機児童が多く、入園の競争率が高くなっていると言われています。

 

その一方、認可外保育園は、国が定めた認可基準をクリアしていないのです。

1部国などの助成を受けているものの民間での運営になっていて保育料も高くなっているところも多くあります。

国の助成を受けて恵まれている認可保育園は、「保育に欠ける状態」でないと入園できないケースもあり、親の仕事が休みに子供を預けることに対してもどうしても厳しくなってしまうという事情もあるようです。

 

これらの保育園の他、他病児保育、市町村が実施しているボランティア保育のファミリーサポートセンター、ベビーシッターなど一時的、臨時にあずかってくれる保育施設があります。

これらにそれぞれ登録しておいて、親が急な病気で子供を預けなければいけなくなった時、すぐ来てもらえるシステムづくりをしておくといいかもしれません。

また仕事が休みの日など何日かに1回は利用するなど、子供の様子なども見ながら臨機応変に利用していくなどして楽しく子育てしていけたらいいですね。

 

まとめ

どうだったでしょうか?

やはり、保育士との信頼関係が非常に重要でしょう。

 

風邪や病気の時は、診断などをしっかりとしてもらい、保育士との納得の信頼関係を築いていくことが、うまく付き合っていくコツだと考えられますね!

 

また、保育園に預けることができない場合でも、助っ人保育などを上手く使って、子育てを無理なく続けていきたいところです。

 

地域によって差はあるようですが、保育士との信頼関係を結ぶ努力も必要になるのですね!