【監獄のお姫様】ドラマ原作情報まとめ!脚本家はだれ?

2017年10月スタートの新ドラマ。

「監獄のお姫様」に注目が集まっています。

最近は、プリズンスクールを始めとして、「監獄」の中のお話が非常に流行していますよね。

先日放送された「女因セブン」も深夜枠ながら、健闘していました。

監獄の中のお話として、非常に注目を集めているこのドラマ。

今回は、ドラマ「監獄のお姫様」に関して、原作はあるのか?という情報をまとめていきます。

では、はじめていきましょう。

スポンサーリンク

ドラマ「監獄のお姫様」の基本情報

原作の情報に入る前に、まずはドラマ「監獄のお姫様」に関して、基本的な情報をまとめていきましょう。

ドラマ名 監獄のお姫様
放送日 毎週火曜日22時〜
放送局 TBS
演出 金子文紀

監獄のお姫様は、ある5人の女たちの「復讐物語」。

物語は、ある会社の社長を誘拐するところから始まる。

なぜ、社長を誘拐するのか。

次第にその謎が明らかになり….

絆と友情を確かめる、5人の女たちの犯罪エンターテイメント!

今回は、「逃げるは恥だが役に立つ」、「カルテット」、「カンナさーん!」など話題作を多数排出するTBS火曜10時枠ということで、非常に注目が集まっています。

主演となる「女たち」は小泉今日子、菅野美穂、満島ひかり、夏帆、坂井真紀の5人。

非常に豪華なキャストで進む同ドラマは、どんな展開を見せるのか?

かなり期待できますね。

さて、キャストが豪華なことはわかりましたが、今回は「脚本家」も非常に有名な方が担当します。

ここからは、本題となるドラマ「監獄のお姫様」の原作について解説を加えていきましょう。

スポンサードリンク

ドラマ「監獄のお姫様」に原作はあるの?

では、ドラマ「原作のお姫様」の原作情報に入っていきましょう。

監獄のお姫様には、原作が存在するのでしょうか?

こちら、結論からお話すると、監獄のお姫様に原作はありません。

つまり、ドラマオリジナル原作となります。

TBSの22時枠は原作があっても、原作がなくとも一定以上の視聴率を取っています。

しかし、最近は原作があるドラマは失敗しやすく、原作がない「オリジナル原作」は失敗しにくいという傾向があるのです。

今回、ドラマオリジナル原作ということで、失敗しにくいドラマになるのではないか?と予想しています。

「いや、原作があろうと無かろうと、失敗するものはあるだろ」と思う方もいると思いますが、このドラマは原作を作る脚本家の方も非常に優秀です。

では、次に脚本家はだれなの?という情報に入りましょう。

脚本家はあの「朝ドラ」を生み出した人

原作が無い、オリジナル原作のドラマは何よりも脚本家さんの腕が重要になります。

今回、「監獄のお姫様」の脚本を担当するのは、宮藤官九郎さん!

みなさんも、一度は名前を聞いたことがあるのではないかと思います。

名前 宮藤官九郎
生年月日 1970年7月9日
年齢 47歳
出身 宮城県栗原市
所属 劇団大人計画

宮藤官九郎さんといえば、朝ドラの視聴率を一気に引き上げた「あまちゃん」の脚本を担当した方ですよね。

今回、宮藤官九郎さんが脚本を担当するということで、非常に期待が持てる内容になりそうです。

あまちゃんの脚本家を担当し、一気に有名になった「くどかん」こと宮藤官九郎さん。

あまちゃんの視聴率は平均20%を超えていますが、録画視聴などを合わせると視聴率「50%を越える」と言われている、伝説の名作。

あまちゃんがきっかけとなり、今の朝ドラの地位が確立されたといっても過言ではありません。

その後、宮藤官九郎さんは、2つのドラマを制作しています。

  • ごめんね青春!(2014年)
  • ゆとりですがなにか(2016年)

どちらのドラマも若者の間で話題になり、「ゆとりですがなにか」に関しては、スピンオフドラマも作られるほどの人気作になります。

今回は、焦点を「若者」ではなく、「女性」に向けた作品になっており、このあたりを含めてどうなるか?と注目も集まっていますね。

演出の金子文紀さんにも注目!

今回、宮藤官九郎さんとタッグを組むのは、演出家・金子文紀さん。

「逃げるは恥だが役に立つ」を始め、その後の「カルテット」の演出をしたのも金子文紀さんです。

そして、はじめは話題にならなかったものの、東出昌大さんの「怪演」が話題になり、ヒット作となった「あなたのことはそれほど」の演出も担当。

今回も、金子文紀さんの手によって、ヒット作となってしまうのか….

独特の雰囲気があるドラマに仕上がるので、楽しみで仕方ないですね!

まとめ

今回は、2017年10月スタートの新ドラマ「監獄のお姫様」に関して、原作や脚本家、演出家の紹介をメインに記事を書いていきました。

火曜10時枠は、ヒット作や話題作が続いていますので、今回の監獄のお姫様もどのように話題になってくるのか?という部分で非常に注目が集まります。

今回は、脚本家が宮藤官九郎さん、演出家が金子文紀さんということで強力なコンビが出来上がっている状態。

これなら、ドラマが話題になること間違い無し!といった雰囲気でしょう。

今後の動向に注目ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です