【神本雄也】父も双子の兄も体操選手!つり輪の実力がすごい

ダウンロード (67)

日本が誇る競技と言えば…

野球、フィギュアスケート、レスリング、柔道….

そして、体操!

最近は内村航平選手をはじめ、優秀な選手が多数輩出されている体操男子日本代表。

今年はリオ五輪ということで非常に期待が高まりますよね。

徐々に日本代表も決まり始め、いよいよ本番というところまで来ました。

さて、そんな体操男子日本代表に新たな選手が加わろうとしています。

それが、神本雄也選手。

神本雄也選手は、2014年のアジア大会で40年ぶりの金メダルを獲得するなど、かなり注目が集まっていた選手です。

そんな神本雄也選手の得意種目は「つり輪」です。

日本代表にとって欠かせない選手になりそうな神本雄也選手。

今回は、神本雄也選手の家族についてやつり輪がなぜ必要とされているのか?

そして、神本雄也選手が一部で「かわいい!」と言われているなどの反応を見ていこうと思います!

では、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

神本雄也選手は体操一家!

ダウンロード (68)

さて、ここから神本雄也選手の情報をまとめていきましょう!

まずは家族についてです。

神本雄也選手は、1994年9月14日生まれの現在21歳です。

神本雄也選手が、体操選手としての才能を見せ始めたのは、小学校でも、中学校でもなく….

生まれた時からでした。

お母さんのお話によると、神本雄也選手は生まれた時、前屈の形で生まれてきたんだそうです。

最初から「体操をやりたい!」と言っているような生まれ方ですね(笑)

そして、幼い頃から天性とも呼べる脅威の柔軟性を見せ、1歳にはぶら下がったり、2歳では開脚できたりなど…

そして、4歳では自分の腕だけで全体重を支えられるようになっていました。

そんな成長の仕方をしたのですから、体操をやらないわけがありません。

そして、体操をやる上でお父さんの存在もかなり大きな存在となっていました。

叶えたい父との夢

お父さんの神本堅二さんは、現役時代は体操選手として活躍。

オリンピックの候補選手までに挙がっていました。

しかし、その後オリンピック候補から落選。

オリンピックに出場する夢は絶たれてしまったそうです。

その夢を叶えたい!父を超えたい!という思いが神本雄也選手を突き動かしています。

昔から、目標は父を越えていくことだったそうです。

神本雄也選手の夢、そしてお父さんの夢を叶えるために、毎日のように厳しい練習を頑張っているようですね。

スポンサードリンク

双子の兄も同じ日体大!

そして、神本雄也選手にはもう一人大きな存在がありました。

それが、兄の神本達也選手!

神本雄也選手と神本達也選手は双子なんです!

そして、二人とも体操をしています。

高校までは別だったのですが、大学は同じ日本体育大学に入学。

同じ学年で、同じ体操部に所属しています。

やはり神本雄也選手にとって、兄はかなり大きな存在だったでしょう。

同じ体操をやっているということで、ライバル関係でもあると思います。

家族の中にライバルがいるというのは、本当にいいことだと思いますよ。

なぜなら、努力している姿を同じ屋根の下で見れるからです。

「あいつがやってるから、おれも練習しよう」

そういう気持ちになるのではないでしょうか?

リオ五輪の今年、神本雄也選手、神本達也選手はどちらも日本体育大学の体操部を引退する年になります。

このまま、走り続けて欲しいですね!

神本雄也選手のつり輪の実力がすごい

ダウンロード (69)

リオ五輪の代表選考がかなり難航しているようです。

内村航平選手や加藤凌平選手は、代表に内定しましたが後の残り3枠が非常に熱い争いとなっているようですね!

今回のリオ五輪の代表選考は、総合的にできるよりは「特化型」の選手層が求められているそうです。

例えば、白井健三選手で言えば「床」が得意ですよね?

加藤凌平選手は「平行棒」

内村航平選手は「鉄棒」

このように、得意な種目があることが非常に重要になります。

(内村航平選手や加藤凌平選手はオールマイティ型の選手ですが)

さて、そんな中で、今の日本代表に足りないものがあります。

それが「つり輪」です。

つり輪は、内村航平選手や加藤凌平選手が苦手とする競技です。

代表選考の場となったNHK杯の上位6選手のつり輪の点数を見ていきましょう。

◯NHK杯:つり輪

①内村航平→14.800

②白井健三→14.200

③加藤凌平→14.450

④神本雄也→15.350

⑤斎藤優佑→14.450

⑥田中佑典→14.350

見て分かる通り、1人だけ15点台にのっています。

NHK杯では、つり輪の成績で全体の1位を獲得しており、非常に好成績を残しているのです。

日本代表では、つり輪を苦手としている選手が多く、内村航平選手も例外ではありません。

内村航平選手は、他の種目が全て15点台にも関わらず、つり輪だけは14点台になってしまうなど苦手競技としています。

それを補強するのが、リオ五輪での神本雄也選手の位置づけのようですね。

今後、確実に出てくる選手だと思いますので、注目して見ていきたいですね!

神本雄也選手がかわいい!?

最後に神本雄也選手に対する反応を見ていきましょう。

体操の日本代表はイケメンが多いですよね。

そんな中で、神本雄也選手は少しだけ違う反応をうけていました。

それが「神本雄也くんかわいい!」というもの。

 

 

女性のファンが多そうですね(笑)

内村航平選手や加藤凌平選手は紛れも無い「イケメン」枠ですが…

神本雄也選手は、「かわいい」で攻めていくんでしょうかね(笑)

ただ、かわいい顔をしていても、腕や足の筋肉は半端ではありませんでした。

そこにギャップを感じる女性も多いみたいですね!

今後、リオ五輪に内定すれば、知名度も上がってくると思いますよ!

まとめ

今回は神本雄也選手に関して、父親や双子にお兄さんについて、そしてつり輪の実力についてまとめていきました!

今後、注目されるメンバーになりそうですね。

そして、リオ五輪が近づいています。

神本雄也選手は、リオ五輪に内定しお父さんとの目標を達成できるでしょうか?

そして、体操男子をメダルに導く活躍をして欲しいです!

頑張ってください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です